B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ロンリーハート』
JUGEMテーマ:映画
ロンリーハート 制作年:2006年
 制作国:アメリカ・ドイツ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:107分
 原題:LONELY HEARTS
 配給:ソニーピクチャーズ
 監督:トッド・ロビンソン
 主演:ジョン・トラボルタ
      ジェームズ・ガンドルフィーニ
      ジャレッド・レト
      サルマ・ハエック

未亡人や未婚の中年女性から財産を騙し取る結婚詐欺師・レイモンド
しかし、新たな獲物として狙ったマーサに窮地を救われ…。


この作品は40年代に実際に起こった連続殺人事件を映像化した作品で
監督さんは主人公の刑事のお孫さんだそうです。
彼が実際に聞いていることもあるだろうと思うのでリアルに感じます
この作品は殺人犯とそれをおう刑事達の視点で描かれていますが
犯人側の視点のほうがメインに感じられました。
残念なのは事件の重さのわりに後半までのりが軽いんですよね・・・
サスペンスとしてなんか違うなと思う、後半は異常性がふんだんに出
ていて不愉快でした。
二人のカップル結婚詐欺師のお話なんだけどもともとはレイモンド
一人でした。
マーサをターゲットにしたんだけどあっさり見抜かれ弱みにつけ込ま
れ一緒に行動するようになるんだけど、レイモンド自身は詐欺の能力
は高いけど気が弱い、マーサが彼をうまく捜査するんだけど彼女の
嫉妬深さは異常なほどで相手の女性を嫉妬により殺しちゃうんです
お金を取る前に、それでいてあなたのことを理解して本当に愛してる
のは私よ!と叫ぶのです。
はっきり言って彼女が居たのでは結婚詐欺が成立しません(笑)
キャスティングは豪華で刑事役にトラボルタさん、あまり目立たなか
ったけど、レイモンドにジャレッド・レトさん役作りで額からてっぺ
んまではげています。
狂女マーラにサルマ・ハエックさんでした。彼女の狂態ぶりは見物で
す。
物語は二人が私刑になり電気いすで処刑されるまでを描いてますが
後半からラストが一番サスペンスらしかった。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:30 | 【MOVIE】 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは せつら様 僕もこの作品見ました。 が...マーサがねぇ〜

 実際のマーサ・ベックの写真みました。
サルマのようなセクシー・レディー...んなワケ ありません

僕は 一時期 実録犯罪のいきさつが好きで バラエティ番組の「ザ世界仰天ニュース」や「奇跡体験アンビリバボー」をよく録画していました。

 たたりとかの心霊写真とかの科学や物理とは無縁のホラーよりよっぽど説得力があるからです。

 むろん 今回の「ロンリーハート」事件もそのひとつで やはり「仰天ニュース」で過去に取り上げていました 

 レイとマーサも男と女のロマンスがあるにはあるが ちがう方向のロマンスだったため そのロマンスのために殺された犠牲者たちは たまったものではない。

>異常性がふんだんに出ていて不愉快でした。
→はい。実際の事件は たいてい 気分わるくなります。ミステリー小説とは ちがうからですよ。
 
結局、この身勝手な事件を起こしたふたりはゴミのような人間である。

 最後に 新聞広告に男女の出会いを求めるコラム「ロンリーハート」にまつわる殺人事件を 僕は もうひとつ知っています。

それは また 次回に投稿して教えますが
レイ&マーサ事件に負けず劣らずの○○○です。

○は放送禁止用語ですからコメントにはだしませんでした(笑)  
| zebra | 2010/10/30 01:13 |
zebraさんコメントありがとう

私も実録犯罪を題材にした作品は好んでみます。なので
アンビリバボーなどはよく見る番組の一つですよ、世界仰天
のほうは中居くんが嫌いなので見ませんが、ロンリーハートの
題材になった事件もアンビリーバボーか何かで見ました
ジョン・ゲイシーやジェフリー・ダマーなど信じられない殺人鬼
が多いですが彼らの心理状況は全然理解できません
出来ない方が当たり前なんでしょうが
| せつら | 2010/11/03 08:44 |
 こんばんは せつら様 返信コメントありがとうございます。

 レイ&マーサ事件以外の もうひとつの「ロンリーハート」殺人事件のいきさつは こうです。

 アイネーズ・ブレナンは三人の息子がいる 農場経営者。40代半ば。離婚歴あり。

 ニューヨークの新聞コラム「ロンリーハート」に投稿し交際希望者を募集。

 「わたしの農場に来て しあわせな家庭をいっしょに築きましょう」と言葉たくみに言いくるめて自宅を兼ねた農場に引っ越させて

 相手が信用しきって逃げれなくなったところで 悪魔の本性を現し 農場の裏庭で相手の男性を殺害します。

 殺害の実行犯は三人の息子たちで 殺害した遺体を冷たい農場の土に埋めて 男性の金品の類を奪っていきました。

 アイネーズとその息子たちの毒牙にかかった男性は3〜4人いたそうです。

その後 殺された男性の親戚が行方不明を不審におもって警察に通報し アイネーズの農場にたどりついて 家宅捜索した結果 数体の遺体が土の中から掘り起こされて 事件が発覚します。

 アイネーズは 男性をひきつける美貌があった反面 、とても冷たい心の持ち主で 人のお金や物をほしがる貪欲さが事件の引き金になったみたいです。

 離婚した元夫も「アイネーズに殺される」と思い 彼女から逃げたのが真実でした!

 裁判の結果 三人の息子のうち アイネーズと 三男は終身刑。ふたりの兄は終身刑を免れ 消息不明。三男は出所後 行方不明。 アイネーズは刑務所で病死。

 これが もうひとつの「ロンリーハート事件」...「アイネーズ・ブレナン事件」の真相です。

 せつら様は アイネーズ・ブレナン事件はレイとマーサ事件と比較して凶悪さとずるがしこさは匹敵すると理解できましたか?
| zebra | 2010/11/03 23:48 |
zebraさんコメントありがとう

この事件を知ってから似たような事件を思い出しました
そちらも映画化されていて見ているんだけど時代が変わっても
犯罪の傾向は変わらないんですね、日本でもつい最近5度目
の逮捕となった女性が居ましたね彼女の行いはまさにこの事件
とよく似ているような気がします。
何が彼女たちの目を曇らせたのか単純にお金だけではないよ
うな気がしますね
| せつら | 2010/11/09 16:07 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1863
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/01/18 20:54 |
 コチラの「ロンリーハート」は、1970年にも「ハネムーン・キラーズ」という映画で取り上げられたことのある実在した殺人鬼カップルのレイモンド・フェルナンデス(ジャレッド・レト)とマーサ・べック(サルマ・ハエック)を追う刑事のエルマー・ロビンソン(ジョン