B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『題名のない子守唄』
JUGEMテーマ:映画
題名のない子守唄 制作年:2006年
 制作国:イタリア
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:121分
 原題:LA SCONOSCIUTA THE UNKNOWN WOMAN
 配給:ハピネット
 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 主演:クセニア・ラパポルト
      ミケーレ・プラチド
      クラウディア・ジュリーニ
      ピエラ・デッリ・エスポスティ

心に深い傷を負い、過去に囚われたままの女イレーナ。今の彼女を支え
ているたったひとつの願い。それは生き別れた自分の子供を見つけだす
こと。東欧の国から、ふたたび悲しい記憶にまみれたイタリアに舞い戻
った彼女は、素性を隠して、ある裕福な家族のメイドとなり、やがてそ
の家の一人娘テアとの間にほのかな愛情を育んでいく。しかし…。


この作品はつらい過去を持つ主人公が自分の子供のそばにいたいいっし
んでアダケル家をストーキングするというお話です。
監督さんは「ニューシネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」
のジョゼッペ・トルナトーレ監督です。
彼の作品はこの2本しか見ていないのだけどどこか雰囲気を残した演出
だったように思えます。
序盤から中盤までと中盤から後半までではずいぶんと印象の違う作品で
した。
中盤まではとにかく主人公が異常者みたいで執拗にアダケル家にとりい
ろうとして、お手伝いさんと仲良くなりこっそり鍵を盗んで合い鍵を作
り家に侵入したり、家庭ゴミをあさったり危ないストーカーぶりをみせ
てくれますが、とうとうお手伝いさんを事故に見せかけて階段から落と
したあたりから常軌を逸したように見えるよ、中盤から彼女がなぜアダ
ケル家に執着するのか分かってきます。
フラッシュバックで彼女の過去のつらい記憶が蘇りアダケル家と言うよ
りは彼女の視線はアダケル家の娘テオに向けられている、大体この辺で
見えてくるんじゃないですか?
これから異常なストーカーという演出から変わっていきますが自然で
うまいと思いました。
ラストは結局自由と引き替えに何もかも無くしたと思われていたら
たったひとつだけ彼女に残っていたものがあった。あの笑顔は印象的で
す。そしてちょっと戸惑う主人公も印象的です。
怖いのは中盤まででしたがそれ以降はぐっと物語に引き込まれました。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:51 | 【MOVIE】 | comments(4) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
ほんと、前半と中盤からの展開がかなり違ってましたよね〜。
いろんな要素がてんこ盛りだったなぁ、と感じました。
主人公の彼女に、見てるこちらが完全に感情移入できないような、ちょっと突き放したような描きかただったので、私には今ひとつスッキリ感のない映画でした(^^ゞ
| メル | 2008/11/15 10:07 |
メルさんこちらにもコメントありがとう

そうですね、主人公の行動はあの理由にしても
人を殺しかけてるわけだし決して許せること
ではないんだよね、実際に彼女に関わったせいで
お母さんが亡くなってるし、彼女に対しての同
情心というのはラストまであまり感じなかったよね
でも突き放しておきながらラストではしっかり
許してるところが監督らしいのかな
| せつら | 2008/11/15 23:36 |
こちらにも、トラコメありがとうございました。

最近「ニューシネマパラダイス」をまたまた見てしまって、いい監督を亡くしたなあ、と思っています。
私はこの作品、かなり好きです。

また、よろしくお願いします。
| マダムよう | 2008/11/17 08:59 |
こちらもコメントありがとう
本当によい監督さんでしたね、ニューシネマ
トコの作品しか彼の作品は見ていないので
過去の作品も見てみたいです。
| せつら | 2008/11/17 18:56 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1861
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/11/15 09:26 |
題名のない子守唄Happinet(SB)(D)このアイテムの詳細を見る 北イタリアのトリエステ。この街にやって来た一人の女性、イレーナ(クセニア・ラパポルト)。ウクライナ 出身という彼女の過去も、ここへやって来た理由も、誰一人知らない。やがて、彼女はある家族に 近づい
| カリスマ映画論 | 2008/11/27 20:38 |
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  母性の泉  
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/19 17:46 |
2006 イタリア 洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:感動、泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジュリーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ 心に突き刺さってくるような作品。衝撃
| シネマ・ワンダーランド | 2009/04/18 06:30 |
「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」などの作品で知られるイタリアの映画監督、ジュゼッペ・トルナトーレが2006年にメガホンを執ったミステリアスなヒューマン・ドラマ「題名のない子守唄」(原題=見知らぬ女、伊、121分、R15‐指定)。こ
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/05/31 21:38 |
『題名のない子守唄』を観ました『ニュー・シネマ・パラダイス』の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレの監督が、北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロインの愛と謎に満ちた物語を描くミステリー・ドラマです>>『題名のない子守唄』関連原題: LASCON
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/12/15 21:57 |
 『女は 哀しみを食べて 生きている』  コチラの「題名のない子守唄」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督のR-15指定のミステリーです。  ウクライナ出身のイレーナ(クセニア・ラパポルト)、北イタリ