B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『Mr.ウッドコック 史上最悪の体育教師』
JUGEMテーマ:映画
ウッドコック 制作年:2007年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:89分
 原題:MR.WOODCOCK
 配給:日活
 監督:クレイグ・ギレスピー
 主演:ビリー・ボブ・ソーントン
      スーザン・サランドン
      ショーン・ウィリアム・スコット
      エイミー・ボーラー

自己啓発本のベストセラーを受け、故郷で表彰されることになった作家
ジョン。だが帰郷した彼を待っていたのは、衝撃的な現実だった。


この作品は小学生時代に鬼体育教師にいびられていた少年が大人になり
自分の体験に基づいた自己啓発本をベストセラーにし意気揚々と故郷に
帰ったらその鬼教師と自分の母が恋人同士になっておりしかも結婚直前
まで進んでたりして何とか2人を別れさせようと奮闘するというお話で
す。
鬼体育教師をビリー・ボブさんが演じており鬼教師ぶりがいたについて
見えるのは流石だね、とにかく運動の出来ない子に対してはかなり酷い
ことをします。
暴力は流石にふるわないんだけど日本だったらPTAが黙ってないでしょ
うねあっという間に首でしょう、まあアメリカでも同じか・・・
出来ないものは出来るまでやらせる、がんばりが見えるまでやらせる
反骨心を見せればしめたものウッドコックの教育の考え方事態は間違っ
てはいないけどやり方がハードすぎて大人になって主人公のように
根に持っているものとウッドコックのしごきに耐えたことが自信になり
大人になって成功したものとが分かれるんだね、今回主人公は街から
賞をもらいました。ウッドコックも最高の教師という称号をもらいまし
た。それにたいし主人公はあんなやつが何故?と言う思いが強い
結局自分を見失っていたのはほかでもない主人公だったと言う作品で
すね、自分もウッドコックのおかげでベストセラー作家になったのだ
から(^^;
笑いのツボは微妙だったけど作品自体は面白かったです。
お母さん役のスーザン・サランドンさんもすてきでした。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 15:35 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんにちわぁ。お久しぶりです。
なんで、スーザンさんこの映画でたんでしょうねぇ。不思議です。
最後あたりまで、主人公がウッドコックに意固地になっていて、かなりの頭が悪い主人公でした。あと、大食いコーンテストでの勝利後は、ご都合主義っていうか、やりすぎでしょー、って思ってしまいました。
キャストはすっごい好きなのになぁ、
| 茶栗鼠 | 2008/12/10 16:59 |
茶栗鼠さん今晩はコメントありがとう

スーザンさんもったいないよね、彼女ほどのキャリアだとコメディ作品に
でるともったいないよね、ビリー・ボブさんはどんなジャンルでも
個性が出るので良いけど、大食いコンテストの主人公は寒いよね
あれは私も引きました。
結局主人公が一番おこちゃまでしたね
| せつら | 2008/12/11 20:50 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。