B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ミスター・ロンリー』
JUGEMテーマ:映画
ミスター・ロンリー 制作年:2007年
 制作国:フランス・イギリス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:113分
 原題:MISTER LONELY
 配給:ギャガ・コミュニケーション
 監督:ハーモニー・コリン
 主演:ディエゴ・ルナ
      サマンサ・モートン
      ドニ・ラヴァン
      ヴェルナー・ヘルツォーク

マイケル・ジャクソンとして模倣の人生を送る青年と、マリリン・モン
ローのそっくりさんとして古城で奇妙な共同生活を送る美女が出会い、
本当の“自分”を見付けていく。


この作品は自分として生きていくことが出来ずにマイケル・ジャクソン
のとしての模倣人生を送ることしかできない青年が自分人身を見つける
お話です。
作品自体はとても痛々しく主人公だけではなく数人の自称ものまね芸人
達が登場します。
彼らは湖を越えた場所にある古城で共同生活をしており、老人ホームで
仕事中に知り合ったマリリン・モンローのものまねをしている女性と知
り合いそこに加わることになります。
自分が嫌で自分以外のかっこいい人になりきり自分から逃げまどう青年
と彼らものまね芸人達は何も変わらない凄く寂しくそして哀れだった。
その人物をリスペクトして彼らになりきることで生活しているという
のではなく別の誰かになって社会から逃げているように思えてならない
ものまね芸人というのは世界中にもいるし日本にも当然いるTVで活躍
してる人もあれば地元で地道に活動している人もいるそういう彼らとは
明らかに違う、わざわざ人里離れたところに集まりひっそりと自分では
ない誰かのまま生きているのは「違う」とおもう、芸を磨きエンターテ
ィナーとして活動してるわけではないから、中盤からそんな彼らが
自主興業をしようと広場に小屋を建て街の住民を呼んで芸を見せようと
しますが当然失敗でした。
まあ完全に素人芸だしものまねにすらなってなかったからあれは仕方が
ないよ、セットのみすぼらしさは問題ではなく見せ物のクォリティー
ですから、そんな中自分を誘ってくれたマリリン・モンローの自殺を
うけて青年は彼らの元を去り芸人をやめ自分を取り戻そうと社会に
戻る決意をするのでした。
まあ見ていて彼がどう自分を取り戻そうと思ったのか見えてこなかった
けど・・・青年はマイケル・ジャクソンではなく明らかに出来損ないの
小室哲哉でした。それが唯一笑えたね
あと途中で修道女が飛行機から落ちて無傷で助かり神が求めていると言
って集団で修道女達が上空から飛び降りるエピソードがあるんだけど
あれは何?みんな落ちても死なないのだけど、最初は神は偉大だ!
みたいな意味合いで入れてるのかと思ったけど、本物の奇跡と認められ
ローマに向かって飛行機で旅立った神父と修道女達がラストでは
墜落した後で波打ち際に修道女達が浮いてるシーンは神をたたえるシー
ンではなくて逆だったのかって感じました。
はっきり言って本編とは全く関係が無くあんなエピソードを20分以上も
差し込んでる意味が分からないですね、まあ思っていた作品とは大きく
違っていてがっかりしました。結構眠気を誘ってくれる作品でしたね〜


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 09:54 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
や、いつの間にかDVD出ていたのですね。
内容、駄目でしたか。残念。ちょっぴり期待するところもあったのですが。

予告だけでもかなり胸が痛くなりましたから、これはスルーしておいた方が健康のために良いかもしれませんね。
| ZIM | 2008/08/12 23:33 |
ZIMさんこんにちはコメントありがとう!

コンセプトは私も惹かれて借りたんですがいざ見てみると
全然思っていた内容と違うんですよね、マイケルとモンローの
模倣同士の恋が発展して自分自身を取り戻していくのかと
思っていたので、この監督さんの作風のファンの人だったら
楽しめるんだろうけど・・・
| せつら | 2008/08/14 11:11 |
せつらさん、こんばんは!

うう、せつらさんのレビューを読まずに見てしまいましたよ、これ。
ひさびさの大失敗でした。
気分も落ちていくし、意味もわからないし、きつかったです。
キャストと設定だけで、絶対に見る!って楽しみにしてたんですけどねえ、残念です。
| さむこ | 2008/08/23 22:21 |
さむこさん今晩は!

ありゃりゃさむこさんもみちゃったんですね、しかも
私と同じ感想だったんですね〜この作品に高評価を出してる
ブロガーさんもいるので不思議です。
深読みしすぎてるんじゃないかな?それとも私たちの
思慮が浅いのかな?
彼らはただ社会から逃げているだけでしかも自分からも逃げ
ているだけ彼らがどうなるという描き方ですらなく主人公が
自分を取り戻そうと思うまでの道のりに説得力すらなか
ったんだけど・・・
| せつら | 2008/08/23 22:55 |
こんばんは。
>出来損ないの小室哲哉
爆笑しました。確かに、似ていました ww
| himagine | 2009/09/21 19:18 |
himagineさんこんにちはコメントありがとう

最初から小室哲哉にしか見えなくて結局最後まで
小室哲哉にしか見えなかったです(^^;
| せつら | 2009/09/22 09:57 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1834
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/14 16:14 |
 『マイケル・ジャクソンでしか生きられない僕が出逢ったのは、 マリリン・モンローでしか存在できない君 かりものの人生の、ほんものの幸せ。』  コチラの「ミスター・ロンリー」は、マイケル・ジャクソンのモノマネをして生きる青年を描いた、2/2公開のハーモ
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/08/18 16:24 |
マイケル・ジャクソンでしか生きられない僕が出逢ったったのは、マリリン・モンローでしか存在できない君。かりものの人生、ほんものの幸せ。 他人を演じることでしか生きられない男の、すこし不思議でかなり不器用、愛おしいほど純粋なラブストーリー。 物語:マイ
| さむこの部屋 | 2008/08/23 22:23 |
マイケル・ジャクソンのモノマネをして生活している男。 ある日、老人ホームでパフォーマンスをすることになった彼は、会場でマリリン・モンローに遭遇する。 監督、ハーモニー・コリン。 やっちまった! これでお金を取るなんて犯罪じゃないかと思うくらい
| おそらく見聞録 | 2009/09/21 19:19 |
監督:ハーモニー・コリン(ガンモの監督) 出演:ディエゴ・ルナ サマンサ・モートン  出演:ドニ・ラヴァン(ハマる時はハマるのだけど…今回は…) マイケル・ジャクソンとしてしか生きられない「芸人」が、 マリリン・モンローを始めとする「モノマネ芸人達
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/10/10 13:18 |
あらすじ“マイケル・ジャクソン”としてしか生きられない男“マイケル”(ディエゴ・ルナ)。ある日、老人ホームでパフォーマンスをすることになった彼は会場で“マリリン・モンロー”(サマンサ・モートン)に遭遇。“マリリン”は意気投合した“マイケル”をものまね
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/10/14 22:24 |
『ミスター・ロンリー』を観ましたマイケル・ジャクソンのものまねパフォーマンスで生計を立てている青年が、マリリン・モンローとして生きる美女に恋をするラブストーリーです>>『ミスター・ロンリー』関連原題: MISTERLONELYジャンル: ドラマ製作年・製作国: 20