B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ウェザー・マン』
ウェザー・マン 制作年:2005年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:102分
 配給:パラマウント
 監督:ゴア・ヴァーヴィンスキー
 主演:ニコラス・ケイジ
     マイケル・ケイン
     ホープ・デイヴィス
     マイケル・リスポリ

仕事では順風満帆のお天気キャスター、デヴィッド・スプリッツ。
だが、そんな彼も私生活での失敗の連続で輝きを失っていた。


偉大な父を持つさえないバカ息子の転落人生を描いたドラマ?
少なくともパッケージにに書いてるようなコメディではないです。
ブラックな作品だけどコメディではないです。配給元はきちんと自
分の配給する作品に目を通してるのか?このていたらくなら未確
認だな、だから日本ではビデオスルーだったのかな?ニコラス・ケイ
ジにマイケル・ケインこのキャスティングでビデオスルーなんだから日
本の映画業界もしれてるな、それはさておきこの作品凄くつまら
ない退屈と見るに堪えない作品でした。
主人公が成長しないんだよね、ストーリーも展開もなくダラダラ
流れてるだけ、流れてるのは主人公のまぬけっぷりばかり、偉大
な父親の息子が必ず出来が良いわけではない、むしろ父親の
築いた物を壊すのは息子の仕事だそういう作品ですね、実際に
この親子のような感じの親子は多いでしょ、父親の才能を継ぐ
子供なんてほんの一握りだ、そんなさえない情けない大人をニコ
ラス・ケイジが演じています。そしてマイケル・ケインの存在感
これで脚本が良ければ劇場公開だったかもね、学習能力のない
主人公に見ていて呆れる、ラストも結局何も得ることが無く一人
で生活しなければならない現実にようやく気がついただけだった
それだけの映画でこの映画からは何も得るものがない・・・
父親の「人生はクソだ、捨てるべきものは多い」「何もかも捨て
てしまえ」このセリフだけは良かったな、その通りだね、ただ主人
公は映画が始まった時点ですでに全てを無くしているのにそれ
に気がつかないだけなんだけど、ようやく気がついたのはラストだ
ったりする、あの感じだと間違いなく一生うだつも上がらず無駄
な人生を歩んでいくだろうな、奥さんと子供は別れて正解です
あんなのと過ごしても幸せにはならない分かれて心機一転生
活をやり直す。むしろ奥さんと子供を主人公にしたほうが面白
かったカモね、現実を認識できないストーカーな父親彼と別れ
てまっとうな人生を歩もうとする、こんな作品で良かったのでは?
結局最後までこのキャスティングでビデオスルーな訳が分かった
その程度の作品だっただけ


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:13 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/183