B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『4分間のピアニスト』
JUGEMテーマ:映画
4分間のピアニスト 制作年:2006年
 制作国:ドイツ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:110分
 原題:VIER MINUTEN
 配給:ギャガ・コミュニケーションズ
 監督:クリス・クラウス
 主演:モニカ・ブライブトロイ
     ハンナー・ヘルツシュプルング
     スヴェン・ピッピッヒ
     ヤスミン・タバタバイ

無実の罪で囚われた天才ピアニスト・ジェニーと、残りの人生を賭けて彼女を
指導する老ピアノ教師・クリューガーとの激しくも暖かい魂のぶつかり合いを
描く。主人公の演奏と息を呑む衝撃のラストシーンは、観る者の心を激しく揺
さぶる。またモーツアルト、ベートーベン、バッハといったクラシックの名曲
はもちろんのこと、ジャズやロックなど他のジャンルのテイストを大胆にアレ
ンジしたピアノ曲も堪能できる



この作品は無実の罪で服役していた主人公が囚人にピアノを
教えているクリューガー女史と出会いコンクールに出場する
と言うお話で主人公のジェニーは幼い頃に義理の父親に犯さ
れたトラウマをもつことで非常に性格的に難があります。
それでもピアノの腕は一流でピアノの才能を伸ばそうと
クリューガーが一対一で指導するわけでジェニー自身もピア
ノが好きで弾きたいという衝動があるんだけどその性格が故
に敵が多く邪魔されてばかり、クリューガー自身も過去の
恋愛を未だ引きずっていて今に生きているのではなく過去に
生きている、孤独でどうしようもなく頑固で臆病な女性です。
2人とも似たもの同士だと思った。
両者相容れることはなかったけどピアノの師としてジェニー
の最後の演奏には誇らしげに見えました。
その彼女に向かって絶対にお辞儀はしないと言いきっていた
彼女が初めて彼女に舞台でお辞儀をした。
そこには教師と生徒の絆が見えました。
でも物語の上で彼女たちがほんとうに交わり救われたのかと
言うとそれはまた違うと思った。
演奏会前クリューガーの自宅での会話が物語っていると思う
ジェニーはまた塀の中に戻されるわけだけど今後の彼女が誰
と出会うかで彼女の幸せは決まると思う、クリューガーはや
めてしまったので老後をどう過ごすのか私はやはり過去に引
きずられていくのではないかと危惧してしまいますね、もと
もとあの性格のジェニーとあの性格のクリューガーなので
作品中で友情が芽生えて両者が救われていく展開には成らな
いと思ってました。
そういうところはアメリカのヒューマンドラマとは異なると
ころだね、ラストの演奏は噂通り素晴らしかった。
あれはピアノ一台でセッションをしたってことでしょ?弦を
叩いたりボディーを叩いてリズムを取ったりピアノ一台でい
ろいろなものを表現して一体にしていましたね、実はピアノ
の演奏シーンは日本の女性ピアニストが引いているそうです。
ラストのあのセッションも彼女たちが引いているそうですよ
流石に誰なのか分からないけど(^^;今度調べてみよう


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 17:35 | 【MOVIE】 | comments(8) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
tbは後ほど〜

ピアノは日本人が弾いているんですか。なんかうれしいですね。
それにしてもラストには驚きました。感動ものだと思ってたのにビックリ。
| ゆかりん | 2008/07/02 12:42 |
確かに感動ものと思ってたけど感動はしなかったね、ラストの
演奏には感動したけど違う感動だしね、演奏のシーンは日本人
ピアニストの方だそうです。こういう形でも日本人の方が世界で
活躍されると嬉しいよね
| せつら | 2008/07/06 09:42 |
ほんとにラストの演奏は素晴らしかったですよね。
あのコンテストとしてはどうかと思いますが
あの場にいたみんな震えたんじゃないかと思います。
ただ、誰にも感情移入できなかったし(別にそれだけが映画じゃないんですが、きっとググッと誰かに
感情移入して見れると思ってたので(^^ゞ)
彼女たちの感情に理解できない部分があって、今ひとつ・・と感じてしまいました(^^ゞ
でも、重く深い映画でしたよね。
| メル | 2008/08/18 08:07 |
メルさん今晩は!エコーありがとう!

この作品ラスト演奏が総てでしたね〜あの一人でピアノ一台を
使ったセッションは鳥肌が立ちました。
彼女のピアノ演奏のシーンは全部日本人の女性ピアニストの方が
演奏されてますからねラストも演奏してるそうで凄いなと
思いました。
ラストは素晴らしかったけどそれまでの人物描写はそれほど
深く描かれていない気がしましたね
| せつら | 2008/08/18 21:44 |
ハリウッドなら,師弟の間にしっかりと絆が芽生えるように
ストーリーを持っていくのでしょうけど
そうしなかったところが,さすがヨーロッパものだなと,感心しました。
この流れの方が,不自然でなくていいですね。
ジェニーの過去とかトラウマとか
もっと詳しく描いてほしかったな。
| なな | 2008/08/18 23:27 |
ななさん今晩は!

ほんとハリウッドならまさに師弟愛に仕立てて泣け泣け
って感じで押してくるだろうね〜この作品の場合なんだか
総てはラストのためにって感じがしました。
結局それが人物描写の気薄に繋がったと思う、そこから深く
読みとってくださいってことだろうね
ジェニーのトラウマに関しては後半しゃしゃり出てくる
親父は結局手を出したのか?ってとこがはっきりしてないですよね
| せつら | 2008/08/19 21:42 |
こんにちは♪
ドイツ映画はナチス時代というものがあるせいで・・・・といっては語弊がありますが・・・・かなりドラマが生まれますよね。
あまり多くは語られなかったクリューガーの過去ですが、やはりナチス時代が暗い影を落としていましたし・・・。
よもやあのようなラストになるとは思いもよらず、本当に驚きました。
| ミチ | 2008/08/21 10:50 |
ミチさん今晩は!

いえいえ確かにドイツの制作のドラマ作品にはナチスの影が
投影されてますよね、それだけ酷いことをしてきたってコトですし
教訓として忘れられないためにも作品に描かれることは
いいことなのかもしれませんね、ラストはビックリでした。
| せつら | 2008/08/21 21:19 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1765
| 映画、こんなん観ましたけど… | 2008/07/03 11:23 |
今回は、映画「4分間のピアニスト」 刑務所で受刑者たちにピアノを教えるクリューガーは、ある日、稀に見る才能の持ち主ジェニーに出会う。...
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/08/18 08:03 |
4分間のピアニストギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る ピアノ教師として刑務所を訪れたトラウデ・クリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、机を鍵盤代わりに 無心で指を動かしている女性に目を留める。彼女の名はジェニー(ハンナー・ヘルツシュ
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2008/08/18 23:29 |
なんとも,洒落た・・・というか意味ありげな,センスのよい邦題だ。加えて,手錠につながれたヒロインの後姿のポスターに,ひどく興味をそそられる。 あらすじ: 80歳になるトラウデ(モニカ・ブライブトロイ)は、60年以上女子刑務所でピアノを教えている。彼女は何年
| ミチの雑記帳 | 2008/08/21 10:48 |
映画館にて「4分間のピアニスト」 2007年ドイツアカデミー賞作品賞受賞作。 おはなし:80歳になるクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は60年以上女子刑務所でピアノを教えている。刑務所内でジェニー(ハンナー・ヘルツシュプルング)という逸材と出会い、彼女の