B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ONCE ダブリンの街角で』
JUGEMテーマ:映画
ダブリンの街角で 制作年:2006年
 制作国:アイルランド
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:87分
 原題:ONCE
 配給:ジェネオンエンターテイメント
 監督:ジョン・カーニー
 主演:グレン・ハンサード
     マルケタ・イルグロヴァ
     ビル・ホドネット
     ニーアル・クリアリー

アイルランドの人気バンド・The Framesのフロントマン、グレン・ハ
ンサードとチェコのシンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴ
ァが共演。


この作品は一人のストリートミュージシャンが一人の女性と知り合って
自分の歌と曲に自信を持ちプロを目指すという作品です。
主人公のかたはアイルランドの人気バンドのかたで女性はチェコの
シンガーソングライターのかただそうです。
どうりで歌がうまいなと思ったよ、作品中流れるまたは彼らが歌う曲は
彼らの持ち歌なのかな?この作品用に書き下ろされたんでしょうか?
いい曲ですね〜
上映時間は87分と短いので何の挫折感もなくあっさり成功の道を駆け上
がります。
そういう意味では楽しみはなかったですね〜挫折と言えば女の子のほう
は結婚していて旦那はチェコにいるってことかな最終的には旦那が
こちらにきちゃってロンドンには一人で行くことになるんだけど、それ
も挫折とは違うしね、というより主人公がロンドンに旅発つところで
終わっちゃってどうなったのか気になってしかたないよ、それも含めて
ヒロインと結ばれないところなんかハリウッド映画とは違う成ってとこ
ろですね、気にはなるけどこういう演出のほうが私は好きです。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 13:00 | 【MOVIE】 | comments(14) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
そうですね。
結末後を想像できるのはいいもんですものね〜。
使われてる楽曲は本当いい曲でしたね。
| miyu | 2008/06/02 21:44 |
miyuさんこんにちはコメントありがとう

結末を想像できるラストはやきもきするけどそうでないと面白くないですよね
使われてる楽曲良かったですよねサウンドトラックほしくなりました
| せつら | 2008/06/03 14:21 |
こんにちは。

アカデミー賞でこの曲を2人が歌っていて、とても感動的でした。
「気になって仕方ない」、そこがこの映画のいいところでしたね。
容易にくっついて終わらないところがよかったです。
| さむこ | 2008/06/14 23:46 |
さむこさんこんにちは!コメントありがとう

アカデミー賞は未見なんですが彼ら2人歌を歌ったんですね
見たかったな〜
ラストはどうなるか気にはなるけど分からないまま終わり
2人がくっつかないで終わるのは良かったね!
ハリウッドだったら2人をくっつけて成功させて終わっちゃ
うよね
| せつら | 2008/06/15 10:59 |
おや,テンプレ変わりましたね〜〜
さわやかファンタジーって感じでとっても素敵ですね。

この作品もまた,何のひねりもないけど,爽やかでもしかしたら万人受けする作品かも。
現代人のささくれた心を,優しく癒してもらえるピュアさや素朴さが心地よかったですね。
確かに男性の成功はあまりにもトントン拍子のような気もしましたが・・・(笑)
| なな | 2008/06/15 23:50 |
ほんとに曲が、歌が、素晴らしかったですよね〜♪
アカデミー賞主題歌賞を取って、2人してあの舞台で
歌われたようですが、とても嬉しそうになさってたとか。
私は見れなかったんですが、見たかったです。
そうそう、ハリウッド映画だったら、なんだかんだ
障害があろうがなかろうが、ベッドインは確実だったと
思われます(笑) そうならなかったところが
またこの映画のいいところでもありましたね〜♪
楽曲がとてもよかったので、サントラ買うことにしました〜^^
TB&コメント、どうもありがとうございました♪
| メル | 2008/06/16 08:50 |
ななさん今晩は!

そうですね、作品は素朴でストレートな内容でしたね
男性のかたがちょっとトントン拍子に成功の道を歩き
ましたね、ただ成功するまでは描かれてなかったけど
| せつら | 2008/06/16 20:46 |
メルさん今晩は!

私もアカデミー賞の授賞式は見てないんですよね
残念です。
ハリウッド映画だったら確かにベッドインまでい
ってたかもね、この作品では拒否されてからお互い
意識はしませんでしたね、サントラは私もほしいな
と思ってますよ
| せつら | 2008/06/16 21:03 |
音楽映画はわりと好きなので楽しめました。
音楽がステキだったので即効サントラを買いました。
ラストもそれぞれ自分の道を行くというのがいいですね。
| ゆかりん | 2008/06/28 16:01 |
ゆかりんさん今晩は!

ミュージカルは大嫌いだけどこういう音楽映画は私も好きです
サントラ買われたんですね、私も買いたいんですけどね
| せつら | 2008/06/28 19:57 |
せつらさん、こんばんは〜(^^)
歌が素敵でしたね〜♪
歌詞がそのままストーリーを形作ってる
ところも面白かったです^^
| りら | 2008/10/23 20:43 |
りらさん今晩は!エコーありがとうございました。

この作品は音楽の方でいろいろな賞を取ってますね、これだけすばらしい
音楽が挿入されていたら当然の結果です。
内容も個人的にはすばらしいと思って他のでその辺でも賞に絡んでほしかったですね
| せつら | 2008/10/25 17:45 |
せつらさん、今日は。
TB有難うございました。
GUY寄りの描き方でしたが、GIRLの心情も盛り込み、
二人のその後がどうなったか、余韻の残る作品となりました。

この作品が今年の1本目の作品となりました。
本年もよろしくお願い致します。
| Hiro | 2009/01/02 18:58 |
Hiroさんあけましておめでとうございます。

この作品は音楽が非常に評価されてるけどストーリーも
すばらしかったですよね、主人公は男性だけどストーリーは
どっちつかずな感じだし、ヒロインも旦那とお子さんが居る
ということでどろどろした関係をよしとせずに一歩引いてい
たのがよかったよね、ラストも家庭をとり旦那さんも合流して
幸せそうでした。
| せつら | 2009/01/03 09:42 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1701
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/06/02 20:12 |
 『ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ 人生でたった一度、心が通じる相手に出会えたら…ストリートから始まるラブストーリー』  コチラの「once ダブリンの街角で」は、音楽を通したたった一度の出逢いを描いた11/3公開となったアイルランド映画なのですが、観
| Akira's VOICE | 2008/06/05 12:31 |
「ONCE ダブリンの街角で」 「ローズ・イン・タイドランド」
| さむこの部屋 | 2008/06/14 23:46 |
ダブリンの街角でギターを演奏する男は、ある日、チェコ移民の女と出会う。 彼女のピアノを聞いたことから・・。 アカデミー賞歌曲賞受賞。 わずか17日間、日本円で約1800万円で作った作品。 バンドの男性が主役を演じ、そのバンドの元ベーシストが監督。
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2008/06/15 23:44 |
音楽が好きなので(声楽とピアノを少しやります[E:note])劇場で鑑賞する予定だったのだけど,直前に観た「ラスト、コーション」に圧倒されて,この作品は鑑賞予定を撤回して帰宅し,DVDになってからやっと観た。 いや,観たというよりは「聴いた」という作品ですね,コ
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/06/16 08:33 |
ONCE ダブリンの街角で デラックス版ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 男(グレン・ハンサード)はギターで毎日のように街角に立ち、歌を歌うストリート・ミュージシャン。 そんな男の前に現われ、あれやこれやと話しかける花売りの若い女(マル
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/06/28 15:59 |
【ONCE】2007/11/03年公開(2008/01/17鑑賞)製作国:アイルランド 監督・脚本:ジョン・カーニー出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ビル・ホドネット、ダヌシュ・クトレストヴァ ギターは身体の一部です。セリフはギターのメロディにのせて語ります
| サーカスな日々 | 2008/07/07 15:58 |
アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー。ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと音楽の才能を持つチェコ移民の女性が、音楽を通して惹(ひ)かれ合っていく様を描く。アイルランド
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/10/10 23:14 |
2007年のアカデミー歌曲賞も受賞している話題作、『ONCE ダブリンの街角で』をやっとDVDで鑑賞。 音楽の素晴らしさもまた身をもって感じたけれど、ストーリー自体はあまりに局所的で自分は馴染めなかったかなー。 ******************** アイルランドのダブリン
| りらの感想日記♪ | 2008/10/23 20:40 |
【once ダブリンの街角で】 ★★★★ DVD(97) ストーリー 男(グレン・ハンサード)は穴の開いたギターで毎日のように街角に立ち、歌
| 『映画な日々』 cinema-days | 2009/01/01 11:49 |
ONCE ダブリンの街角で ストリートミュージシャンと 花売り女性との音楽を通じた交流を描く。 個人評価 ★★★ (自宅鑑賞)
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/01/02 07:10 |
あらすじダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男(グレン・ハンサード)は、ある日、チェコ移民の女(マルケタ・イルグロヴァ)と出会う。ひょんなことから、彼女にピアノの才能があることを知った男は、自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに・・
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/03/11 08:01 |
『onceダブリンの街角で』を観ましたアメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリーです>>『onceダブリンの街角で』関連原題: ONCEジャンル: ロマンス/音楽製作年・製作国: 2006年・アイル