B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『エディット・ピアフ 愛の賛歌』
JUGEMテーマ:映画
エディット・ピアフ 制作年:2007年
 制作国:フランス・チェコ・イギリス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:140分
 原題:LA VIE EN ROSE
 配給:東宝
 監督:オリヴィエ・ダアン
 主演:マリオン・コティヤール
     シルヴィ・テステュ
     パスカル・グレゴリー
     ジェラール・ドパルデュー

1915年、フランス・パリの貧しい家庭に生まれたエディット・ジョヴ
ァンナ・ガション。母は路上で歌を歌い、日銭を稼ぐ毎日だった。や
がて兵役から戻った父に引き取られると、路上で大道芸をする父の手
伝いをする中で、自らも人前で歌うことを覚えた。そして1935年、路
上で歌を歌い日銭を稼いでいた彼女は、ルイ・ルプレにスカウトされ
大きな転機を迎えた。ルプレによってピアフと名付けられた彼女は、
歌手としてデビューするや、瞬く間にスターダムへと駆け上っていく
のだったが…。


シャンソン歌手エディット・ピアフの生涯を描いた伝記作品で「TAXI」
シリーズでもおなじみのマリオン・コンティーヤールさんが主演を演じ
見事この役でオスカー主演女優賞を射止めた作品でもあります。
シャンソンは聴かないのでエディットさんのことも彼女の歌う曲も知り
ませんでしたが「愛の賛歌」は日本の歌手の方も歌っておりCMなどでも
使われているので聞き覚えがありました。
この作品ないで流れる曲は全部エディットさん本人の声だそうで流石に
吹き替えでした。
でも歌う際のたたずまいや表情や口の動かし方や動作などはエディット
さんを研究しつくされておりそっくりだそうですよ、といっても私自身
本人を知らないので分からないですけど、また実際のエディットさんは
身長が140CMだいと非常に小柄な方だったようで160CMだいのマリオンさ
んは小柄に見えるように工夫して撮影していたそうです。
主演女優賞を獲得しただけはあって20代から40代のエディットさんを
見事に演じ分けておりメイクアップのすばらしさもあいまって素晴らし
いエディット像を演じてました。
特に晩年のエディットさんは40代にして外見は80代の老人のような姿を
しており薬物中毒により体もぼろぼろになっていました。
歴史に名を残す偉人さん立ちの中には自虐的な人生を送ったかたも多い
ようです。
時代がそうさせたのかはわかりませんがエディットさんもそうした彼ら
と同じく自虐的な人生を過ごしてしまった一人でした。
人生で唯一心をから愛した男性を事故でなくしてからの彼女はいっそう
薬物やお酒やタバコに依存してしまいボロボロになってしまいました。
それでも彼女をデビューから支えてきた人たちは支えていきまいた。
歌こそが人生といいきる彼女を心から愛し支えた彼らもまた素晴らしか
ったです。
できれば良きともだったモモーヌには最期を見取ってほしかったんです
けどね、途中登場の彼女を結構気に入っていたのですが
ストーリーというかエディットさんが歩んだ人生は波乱に満ちていた
けど作品としては非常に見にくく感情移入できなかったのが残念です
140分という長い時間は仕方がないにしても焦点を絞らせない構成が仇
になってますね、ひとつひとつのエピソードが終わる前に過去や現在に
次々と場面が変わりひとつのエピソードに対して感情移入ができないん
ですよね、子供時代から成人時代に飛んだりと感動する間もないのです
モモーヌとの最初の別れのシーンやティティーヌから引き離されるシー
ンなど胸を打つシーンがあるのに残念です。
それらひとつひとつのエピソードの後がきになるのにその後いっさいふ
れられないなど不親切でもあります。
時間軸もバラバラにつなぎ合わせてみせる手法を選んだ監督の力量不足
がもったいないですね、作品賞も取れたかもしれないだけにもったいな
いです。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 12:53 | 【MOVIE】 | comments(16) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん、こちらにもお邪魔します♪
マリオン・コンティーヤールさんの演技は素晴らしかったですね。
納得のオスカー獲得だったと思います。
女優魂というより、ピアフの魂が乗り移ったかの様でした。
終盤、浜辺で編物をするシーンも印象的でしたが
ボロボロになった姿は とにかく痛々しかった。
後半はあまりの痛々しさに涙目状態での鑑賞・・・
観終わって、精根尽き果てました〜
| Any | 2008/03/06 18:20 |
Anyさん今晩は
マリオンさんの演技が全てですね、素晴らしかったです。
この演技でオスカーあげなきゃ嘘だよね、20代の時点で
もうふけ顔になってたよね、後の姿は見るに耐えられなか
ったです。
| せつら | 2008/03/09 15:08 |
トラコメありがとうございました。

マリオンさんは素晴らしかったですよね。
伝記物って、面白くないでしょ、ふつう。
これはほんとうに感動しました。
すごい人生だったんだなあって。
| マダムよう | 2008/03/12 18:13 |
せつらさん こんばんは
TBありがとうございました。

普段シャンソンになじみがなくても
ピアフの声には誰でも圧倒されてしまうでしょうね。
それほどのオーラを感じました。
でも,ご指摘の通り,時間軸をバラバラにした構成は
感情移入の邪魔になったし,何の効果もなかったような・・・
そこらへんは監督の力不足でしょうね。
この映画が成功したわけは,脚本や構成ではなく
ただただマリオンの演技の素晴らしさに尽きると思います。
| なな | 2008/03/12 21:27 |
せつらさん、こんばんは♪
マリオンはオスカーを取りましたね〜。
この映画の中のピアフと、現実のマリオンはかなり違っていたので、成り切っていたんだな〜って感心しました。
アカデミー賞は成り切り演技に高評価を与えますよね。
| ミチ | 2008/03/12 22:34 |
こんばんは!
マリオン・コンティーヤール見事でしたね。
エディット・ピアフが歌うシーンは感動しました。
特に晩年は素晴らしかったですね。
| wv040262 | 2008/03/12 23:12 |
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
「ひとつひとつのエピソードが終わる前に過去や現在に次々と場面が変わりひとつのエピソードに対して感情移入ができない」−私もそう思いました〜
感動してツツーっと涙が出ても、ヒョイっと引っ込んじゃいました(汗)
見せ方には問題がありましたが、マリオンの演技は凄かったですね〜
まるでピアフがのり移っているようだ・・・と言われたりしていましたが、本当にそうだなぁ〜と思いました。
| 由香 | 2008/03/13 19:34 |
>まだむようさん
今晩は、コメントありがとうございます。そうですね伝記物は
いろいろ詰め込もうとしてまとまらないまま終わっちゃう
感じだよね、この作品は演出でボンミスしたけどマリオンさん
に救われた感じです。
| せつら | 2008/03/13 21:08 |
>ななさん
私もシャンソンにはなじみがないのにエディットさんの
歌声にはしびれました。
作品中の歌は全部本人ですからね〜
時間軸をバラバラにする手法は監督の力量に大きく左
右されます。
そういう意味ではこの監督さんは下手くそですね
| せつら | 2008/03/13 21:18 |
>ミチさん
マリオンさんオスカーとれました。というより彼女にあげな
きゃ誰にやるって感じですね、この作品も彼女にかなり助
けられてました。
彼女のなりきりぶりは凄かったらしいですね、本人を知ら
ないので私は分からないのだけど、だからこその受賞だっ
たんでしょうね
| せつら | 2008/03/13 21:23 |
>wv040262 さん
マリオンさんのなりきりぶりには当然主演女優賞ですね
しかしマリオンさん本人と別人のようなメイクアップでした
晩年のエディットさんは酒やタバコだけではなくクスリにも
依存してしまいボロボロでしたが歌に対する情熱は
凄かったですね
| せつら | 2008/03/13 21:26 |
>由香さん
時間軸をずらす手法が完全に失敗してますよね、腕もないのに
難しいことするからですよ、マリオンさんにかなり助けられてまし
たね、というよりマリオンさんじゃなかったら酷いことなってたよ
| せつら | 2008/03/13 21:34 |
歌は素晴らしかったけど、おっしゃる通り、彼女に感情移入
出来ない作品となってしまってましたね〜。
いくらでもそういう風に作れたと思うのに、すごく残念です。
あの構成じゃ、わけわからんでしょ、って感じ(^^;;)
でも、マリオンさんの演技の素晴らしさには圧倒されました。
巧いですね〜♪
TB&コメント、どうもありがとうございました〜♪
| メル | 2008/05/15 07:07 |
メルさん今晩は!
場面がどんどん変わっていくでしょ、今感動系のシーンなのに
パッと飛んだら過去だったりしてさっきのいい話がやり直しにな
っちゃってもったいないよね
マリオンさんのえんぎは最高だったのに残念です。
そういえばオスカーも主演女優賞しかノミネートされてなかった
よね、それで取っちゃうんだからやはり作品もったいないよね
| せつら | 2008/05/15 21:52 |
そうですね。時系列をいじってそれが何らかの効果や意味を
為しているのであれば、分かるのですが、
特に意味もなく時系列をいじくっても、観る側としても混乱するだけですものね〜。
| miyu | 2008/05/30 21:14 |
miyuさんコメントありがとう!

時系列を意味もなくいじってるので見ていて集中出来ないですよね
一つのエピソードも短いから泣けるシーンもさめちゃうよ
主演女優は申し分ないのに彼女以外でオスカーにノミネートされ
なかったのは監督の腕が悪かったってコトにつきるね
| せつら | 2008/05/31 09:27 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1591
| +++ Candy Cinema +++ | 2008/03/06 18:08 |
【LA VIE EN ROSE】 監督・脚本 オリヴィエ・ダアン  製作年度 2007年  日本公開 2007年9月29日   上映時間 2時間20分  製作国 フランス...
| マダムようの映画日記 | 2008/03/12 18:14 |
ーエディット・ピアフ愛の賛歌ー 2007年 フランス/イギリス/チェコ オリヴィエ・ダアン監督 マリオン・コティヤール 、シルヴィー・テステュー 、パスカル・グレゴリー 、エマニュエル・セニエ 、ジャン=ポール・ルーヴ 、ジェラール・ドパルデュー 、クロチルド・
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2008/03/12 21:23 |
あまりにも有名な,シャンソンの名曲「バラ色の人生」と「愛の讃歌」はもちろん知っていたけど,ピアフの歌声を聴いたのは,実は初めてだった。・・・・衝撃だった。彼女の声の,まるで魂をふりしぼるような,力強さと,豊かさ。・・・・ややハスキーな声で,オペラ歌手
| ミチの雑記帳 | 2008/03/12 22:18 |
映画館にて「エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜」 数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマ。 おはなし:大道芸人の父親と歌手を目指す母親の間に生まれたエディット(マリオン・コティヤール)は、祖母が経営する娼館で育て
| 映画大好き | 2008/03/12 23:07 |
2007年 フランス、イギリス、チェコ 出演 マリオン・コティヤール、シルヴィー・テステュー、パスカル・グレゴリー、エマニュエル・セニエ、ジャン=ポール・ルーヴ、ジェラール・ドパルデュー、クロチルド・クロ、ジャン=ピエール・マルタンス ★オリヴィエ・ダ
| 銀の森のゴブリン | 2008/04/28 21:16 |
2007年 フランス・チェコ・イギリス 2007年9月公開 評価:★★★★☆ 監
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/05/15 07:01 |
エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)東宝このアイテムの詳細を見る 1915年パリの貧しい家庭に生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガション。母は路上で歌を歌い、 日銭を稼ぐ毎日。その後、祖母が経営する娼館に預けられ、娼婦ティティーヌ(エマニュエル・ セニエ)
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/27 20:44 |
 コチラの「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、シャンソン歌手エディット・ピアフの波瀾万丈な47年間の人生を描いた伝記映画です。  主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞で主演女優賞を獲得したことでも話題になりましたね〜。なワケでやっとレンタル出来
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/05/30 22:35 |
あらすじ歌手を目指す母アネッタ(クロチルド・クロー)の娘エディット(マリオン・コティヤール)は、祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セニエ)らに育てられる。やがて母のように道で歌い始めたエディットは、名門キャバレーのオーナー、ルイ・
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2010/01/18 20:33 |
愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語