B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『あるスキャンダルの覚え書き』
JUGEMテーマ:映画
あるスキャンダルの覚え書き 制作年:2006年
 制作国:イギリス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:92分
 原題:NOTES ON A SCANDAL
 配給:20世紀フォックス
 監督:リチャード・エアー
 主演:ジョディ・デンチ
     ケイト・ブランシェット
     アンドリュー・シンプソン
     ビル・ナイ

中等学校で教える厳格な教師・バーバラは、赴任してきた美貌の教師・シ
ーバと親しくなる。ところがある日、シーバと男子生徒との情事を目撃し


「ヘンダーソン夫人の贈り物」の記事でブログ友達の方がこの作品で
デンチさんの違う一面が見れますよと教えて頂き鑑賞しました。
実はレンタル時から興味を持っていて見る気満々だったのですが映画
サイトさんでレズの作品みたいなことをかかれてるのみて見る気がそ
がれてたんですが思い切って借りました。
いや〜なんか最初の方から引くんですけど・・・最後まで何とも言え
ない不愉快さと「怖さ」がにじみ出てましたね、ジョディ・デンチさ
ん確かにヘンダーソン夫人を演じたときと全く違いました。
同じ人に見えないんだから凄いです。笑い顔ひとつとっても全然別人
だしこれが本当に演じるということなんだと感心しました。っが役の
方はめちゃ怖いです。正直こんな人には関わり合いたくありません
ラストでも分かるようにこの人今回の事件をしても全然理解していな
いし反省もしていないし・・・彼女は自分が誰なのか分かっていない
のではないだろうかと思った。
女性教師が男子生徒に手を出して問題になった事件はアメリカでも日
本でも起こってます。
男性教師が女子生徒をまたは男性教師が男子生徒をという異常者も大
勢居ます。
この作品はもちろん実話をベースにしていてアメリカで実際にあった
教師と生徒の不倫事件を映画化した作品なんです。
もちろんデンチさんフンするベテラン教師など映画用に脚色はしてい
るようですが、あの事件は日本のメディアでも流れましたからね
私もニュース見ましたがショッキングな事件でした。
女性教師は逆ギレしてカメラに向かってわめいてたし、そういえば
この作品でも後半でごった返すカメラマンにほえてましたね、結構リ
アルに描写してるのかも・・・
しかし私的にはお二人ともモラルが無くどっちもどっちだって感じで
すね、作品中でのシーバの言い訳を聞くとこの女どういうんだ!とむ
かっ腹立ちました。っでそこで不倫をやめていればいいのにあっさり
継続しちゃう当たりが節操が無いというか考えが足りないと言うか
クリスマスパーティーのシーンでお母さんが自分の娘の悪口を言って
るシーンが印象に残りました。
シーバのような女性を作ったのは彼女だって確信したシーンですね
男子生徒の狡猾さもうまかった。隙だらけのシーバも悪いが彼女を見
て物にできると思ったのなら・・・それでも作品中の彼は本当にシー
バのことが好きだったみたいだね、それだけは純粋な気持ちだったの
かもって気がする、もちろん悪いことなんだけど、でも彼が一番まと
もに見えてしまう当たりが異常な作品だったのかもしれないな〜
最後にこんなジョディ・デンチさんはもう見たくないです・・・(;;)


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:19 | 【MOVIE】 | comments(22) | trackbacks(27) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんにちは♪

この映画のキャッチコピー「彼女の恋のお相手は15歳だった」だったので、そっちがメインなのかと思ったけれど、私はどちらかというとおばあちゃん先生バーバラの方がインパクトありました。
ホント、どっちもどっちですよね。
生徒に手を出すほうもアホだし、バーバラは同じことの繰り返し。。。
怖いなー。
| AnneMarie | 2008/02/03 15:25 |
せつらさん、こんばんは!
ジュディ・デンチ、嫌な女役を普通にこなしてるところがすごいです。
シーバのぶち切れは真にせまっていてケイトの演技も見事でした。
不愉快になるお話ですが、いつのまにかひきこまれてました。
二人とも立場はちがっても自分の世界にひきこもっていて似た者同士かもね。。
| アイマック | 2008/02/03 17:22 |
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました。

『ヘンダーソン夫人・・』のジュディ・デンチは又全然違うのですね。
是非見てみたいと思います(^^)

ほんとに、この作品の主演2人は、2人ともどっちもどっちなほど
モラルに反してましたね。
しかし、怖いお話でした・・・(^^;)
| non | 2008/02/03 18:43 |
せつらさん★こんばんわ。
この作品確かに強烈でしたね。J・デンチの演技力も凄かったですね。
見てる人をここまで不快にできるなんてなかなか出来ませんもんね。この役のオファーを承諾したことも驚きですけどね。

人間のみじめな部分が露骨に出てる作品でした。
後味わるい作品でしたね。でもそこが狙いかもしれませんけどね。
| うさこ | 2008/02/03 19:24 |
アンマリーさん今晩は!

そうですね私も最初はシーバの話がメインかと思ってましたが
見ているバーバラのほうがメインでしたね
まあドチラドッチでしたね、しかしバーバラあんな状態になっても
まだ同じことを続けるなんてやはり彼女はおかしいのでは
| せつら | 2008/02/03 19:51 |
アイマックさんこんばんは!

ジョディさんはこの作品で2作目ですがヘンダーソン夫人役の時と
正反対な物でビックリです。
いろいろな作品に出てるようだしいろいろな演技を見せてくれるんでしょうね
シーバを演じたケイトさんもシーバになりきってましたね、実際に事件を
起こした女性教師に見えました。
| せつら | 2008/02/03 19:56 |
nonさんこんばんは!コメントありがとう

デンチさんはこの作品で2回目なんですが今までこういう役は
演じたことがなかったんですか?
いずれにしても凄い演技力なんですが・・・不愉快を通り越して
怖かったですよ
二人の人物のモラルのなさが逆にこの作品を怖くまた面白くし
てましたね
| せつら | 2008/02/03 20:05 |
うさこさんこんばんは!

ディンチさん怖かったです。ヘンダーソン夫人とはまったく
正反対の役だったので余計に強烈な印象を持ちました
それに彼女の女優魂を感じさせられましたね〜
| せつら | 2008/02/03 20:20 |
せつらさん こんばんは
ほんとうに,愚かな人間の集まりのようなストーリーでしたが
実話ベースだから,やはり「こんな人いるんだなー」と
複雑な思いしきりです。あの少年もいやなコだったよね。

バーバラも,シーバも,お知り合いにはなりたくないなぁ。
バーバラ相手には,とにかく「逃げるが勝ち!」ですね。

ところで話題が変わりますが,先日「ウイッカーマン」借りて観ました。
せつらさん,ご覧になりました?
ラストで悶絶しそうになりましたわ。
ケイジさん,なんでこんな作品に・・・でも彼がオリジナルを気に入って
申し出た作品だそうですね。
ラストにジェームス・フランコがちょっと出てたのも・・・うううう・・・。
もし,ご覧になったのなら,また感想を聞かせてくださいませ。
| なな | 2008/02/03 23:39 |
ほんとそうですね、これはシーバの方もかなり・・・なので
どっちもどっち・・っていう感じがしました。

ヘンダーソン夫人 今日明日中には見る予定なので
すごく楽しみです♪この映画はまた全然違った感じなんですね♪
彼女は「ラヴェンダーの咲く庭で」の彼女、「アイリス」でのアルツハイマーの役、「007」シリーズの彼女、etc,etc,どれもこれもさすがと
思わせる彼女はこう言う人を役者さんというんだな、と思います。

私はシーバの夫だったビル・ナイが好きなので、彼に(といっても役に、ですが)同情しちゃいました(^^ゞ
| メル | 2008/02/04 08:21 |
TB&コメありがとうございました。

私は公開当時見たので記憶が薄れつつあるのですが、ふたりの女優対決、見どころが多かった気がしました。
ジュディ・デンチ、怖かったですね。
「ラベンターの咲く庭で」では、あんなにかわいかったのに…。
| マダムよう | 2008/02/04 10:25 |
こんにちは♪
どちらにも共感はできませんね。
バーバラみたいな人とは係わりたくないものです。
お二人の演技力は素晴らしかったです。
| ゆかりん | 2008/02/04 12:46 |
ななさん今晩は!
実話をベースにしているわけでこんな人たちが実際に居る
と思うとなんかね〜実際には13歳の少年だったわけで
映画の少年よりも年下なんですよね、やな世の中だ〜
バーバラは絶対知り合いたくないね、同情も禁物だよね
「ウィッカーマン」見てますよ、オリジナルを見ていないので
たぶんレビューは甘めだと思うんです。
原作のファンの方はかなり厳しい意見をしてるようです。
ジェームズ・フランコは次のターゲットだったりします。
| せつら | 2008/02/04 20:45 |
メルさん今晩は!

シーバもバーバラも人格的に崩壊してるよね、シーバは
少年に欲情した時点で終わってた。
ヘンダーソン夫人ご覧になるんですね、この作品はお薦
めですよ、バーバラとは正反対のキャラクターでした。
今日DVD返しに行ったので「アイリス」を探しに行ったん
だけど見つからなかったです・・・DVDになっていないのか
な?
| せつら | 2008/02/04 20:50 |
マダムようさん今晩は

ジョディさんめちゃ怖かった・・・後半はシーバ共々いかれてたね
彼女の他の作品見たいんだけど見つからないんだよね・・・
| せつら | 2008/02/04 20:57 |
ゆかりんさん今晩は!

そうそうどちらにも共感はできませんね、だってどちらにも
モラルがないんだもの・・・アメリカで起こった実際の事件
をモチーフにしてるんだけど実際の少年は当時13歳です
からね完全に子供ですよ、でも二人の女優の演技は
凄かったですね
| せつら | 2008/02/04 21:00 |
こんにちは♪
TBありがとうございました!
女性と男性では見方が違うかな〜とも思います。
男性はただただ怖いと思うだけではないかな?
私は二人に共感はできないものの、どちらの女性の中にも「自分もああなる可能性がゼロとはいえない」と思ってしまいました(汗)
ジュディはいろんな作品に出ていて、ちょっと登場するだけでもインパクトがありますよね。
「ラベンダーの咲く庭で」ではとてもキュートでした〜。
| ミチ | 2008/02/05 18:24 |
ミチさん今晩は、コメントありがとう!

そうですね男性と女性では見方というか感性が違うかもしれないですね
実は同僚にバーバラみたいな男性がいたのでそういう意味でもちょっと
怖かったですね〜今はやめて何しているのやら・・・ってところですが
シーバに関しては一種の小児愛者と考えてます。
「ラベンダーの咲く庭で」は皆さんお薦めしてくれますね、この間さがしたんだけど
見つからなくて・・・
| せつら | 2008/02/05 21:54 |
確かにどっちもどっちですかね。
2人の女優の迫真の演技がやっぱり観るモノを
嫌な気分にさせてくれたんでしょうね〜(;・∀・)
| miyu | 2008/02/19 22:00 |
miyuさん今晩は!

二人のオスカー女優さんの演技が素晴らしかったですね
彼女たちのおかげでずいぶんと嫌な気分にさせられました
それはそれでも素晴らしい作品だったけど
| せつら | 2008/02/21 19:48 |
こんばんは。TBありがとうございました。

観ていて怖い映画だなーと思いました。
女優さんの演技が良かったですね。
あまり後味の良い作品ではないですが...

またうかがいますね!
| kumi | 2008/07/21 22:45 |
kumiさん初めまして、エコーありがとうございました。
実際にあった事件をモチーフにしているだけあってなんか
嫌な雰囲気の作品でしたが2大女優の演技が素晴らしかったから
でしょうね、バーバラが次の犠牲者を獲得してのラストは
確かに後味が悪いですね(^^;
| せつら | 2008/07/22 10:25 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1541
| Sweet*Days** | 2008/02/02 20:55 |
あるスキャンダルの覚え書き(2007/11/02)ジュディ・デンチ商品詳細を見る 監督:リチャード・エアー CAST:ジュディ・デンチ、ケイト・ブラ...
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/02/02 22:00 |
レンタルで鑑賞―【story】ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバ
| -bluescreenlife- | 2008/02/03 10:17 |
原題:NOTESONASCANDAL『アイリス』のリチャード・エアー監督がゾーイ・へラーのベストセラーを映画化。ジュディ・デンチとケイト・ブランシェット、2人のオスカー女優が共演しています。15歳の教え子と関係を持ってしまった若く美しい女性教師と、その秘密を利用し
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/02/03 11:30 |
あるスキャンダルの覚え書き20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンこのアイテムの詳細を見る おもに労働者階級の子供たちが通うロンドン郊外セントジョージ総合中等学校。ここで歴史を 教えるベテラン教師のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、厳格すぎ
| 映画でココロの筋トレ | 2008/02/03 14:48 |
女教師が生徒に手を出しちゃった! という事件あったよね。 「あるスキャンダルの覚え書き」を観てきました〜! ( → 公式HP  ) 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン 上映時間:92分
| 小部屋日記 | 2008/02/03 17:18 |
Notes on a Scandal (2006/イギリス)【DVD】 監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ/ケイト・ブランシェット/ビル・ナイ/アンドリュー・シンプソン/マイケル・マロニー/トム・ジョージソン 彼女の恋の相手は15歳だった 原作はアメリカで実際に
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2008/02/03 23:30 |
思い切りネタバレしてます。ジュディ・デンチの演じる女教師バーバラから発せられる異様な雰囲気と,彼女が毎日綴る日記の独白に、冒頭から釘づけ。「いったいどんな人物なんだろう?」と、彼女の一挙一動から目が離せない。相手の心を見透かすような冷たいまなざしと、
| マダムようの映画日記 | 2008/02/04 10:29 |
ーあるスキャンダルの覚え書きー 2006年 イギリス リチャード・エアー監督 ジュディ・デンチ 、ケイト・ブランシェット 、ビル・ナイ 、アンドリュー・シンプソン 、トム・ジョージソン 、マイケル・マロニー 、ジョアンナ・スキャンラン 、ショーン・パークス 、エ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/02/04 12:42 |
【NOTES ON A SCANDAL】R-152007/06/02公開製作国:イギリス 監督:リチャード・エアー原作:ゾーイ・ヘラー     『あるスキャンダルについての覚え書き』(ランダムハウス講談社)出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・
| 日々のつぶやき | 2008/02/04 17:31 |
監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット 「労働者階級の子供たちが通う学校に美術の新任教師がやってきた。シーバは若く美しく学校中で目立っていた。ある日ベテラン教師のバーバラが生徒同士の揉め事を仲裁したことから、シー
| ミチの雑記帳 | 2008/02/05 18:18 |
映画館にて「あるスキャンダルの覚え書き」 アメリカで実際に起こった女教師の事件を基に作られた小説を、『アイリス』のリチャード・エアー監督が映像化。 ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/02/17 20:06 |
 『彼女の恋の相手は15歳だった』  コチラの「あるスキャンダルの覚え書き」は、ゾーイ・へラーの同名ベストセラー小説の映画化で、6/2公開になったR-15指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  2006年アカデミー賞で主演のジュディ・デンチが主
| SSKS* | 2008/02/23 23:38 |
オフィシャルサイト 2006 アメリカ 監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ/ケイト・ブランシェット/アンドリュー・シンプソン/ビル・ナイ ストーリー:ロンドン郊外にあるセントジョージ総合中等学校。ここで歴史を教えるベテラン教師のバーバラは、厳
| 映画、言いたい放題! | 2008/03/06 21:40 |
ジュディ・デンチ女史は結構好きな女優です。 脚本ゼミ仲間で作ってる映画を観る会で この映画を押したら 「えーっ?…」と言われ、却下。 というわけで、DVDで観賞也。(T^T) ロンドン郊外。 労働者階級の子供が通う中学校で歴史を教える 初老の教師・バーバ
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2008/03/31 08:57 |
JUGEMテーマ:映画 2007年6月9日 公開 2007年11月1日 DVDリリース 他人の秘密は蜜の味 こっれは面白い!!! ひっさびさに面白いと実感できた作品でした! まずもって、この主演の名女優二人が完璧です。 どちらかが違う女優であった
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/04/02 00:18 |
監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン、トム・ジョージソン、マイケル・マロニー 評価:90点 緊張感溢れまくりの大女優の競演。火花散る演技がなんとも素晴らしく、時を忘れて見入
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2008/04/22 22:10 |
たった今“ヤッターマン”のリメイクを観終えたピロEKです。 ナレーションが富山敬じゃないのは残念です{/face_z/} 今日{/kaeru_fine/}で三連休も終わり{/down/} 暇があっても、お金とやる気の無い私(&我が家){/face_hekomu/}は、ついダラダラだけで時間を浪費し
| ひめの映画おぼえがき | 2008/07/21 15:08 |
あるスキャンダルの覚え書き 監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シン...
| さくらの映画スイッチ | 2008/07/21 19:01 |
幾層にも重なった人間関係と時間 ・・・日常に潜むスキャンダルの種
| dianyingmi[電影迷]映画のレビュー | 2008/07/21 22:46 |
ロンドン郊外の中学で歴史を教えるバーバラは、厳格で辛辣な性格から教え子だけでなく同僚からも疎まれ、孤立していた。そんなある日、若く美しい美術教師シーバが赴任してくる。「彼女こそ、私が待ち望んだ女性」と直感したバーバラは、彼女をこっそりと観察しては毎夜
| to Heart | 2008/07/25 21:45 |
彼女の恋の相手は15歳だった 原題: NOTES ON A SCANDAL 製作年度: 2006年 上映時間: 92分 原作 ゾーイ・ヘラー 脚本 パトリック・マーバー 監督 リチャード・エアー 音楽 フィリップ・グラス 出演 ジュディ・デンチ/ ケイト・ブランシェット/ビル・ナイ/アンドリ
| *amidama*雑記 | 2008/07/28 22:55 |
Notes on a Scandal 2006年 イギリス 人はどれだけ孤独であっても、その孤独に慣れ親しむことはできない。どこか心の片隅では誰かと繋がっていたいと切望するものだろう。ただ性格とか話題性とか、あるいはルックスとか身のこなしなどなど…、個人が持つキャラクタ
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/15 11:11 |
2006 アメリカ 洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:怖い 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、アンドリュー・シンプソン、ビル・ナイ あまり深く考えずに行動する若く魅力的な女教師シーバ(ケイト・ブランシェット)と人間関係に餓
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/07/23 00:19 |
彼女の恋の相手は15歳だった
| いやいやえん | 2011/08/24 09:19 |
ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェットさん共演。グイグイと一方的に好意を寄せられ自分のスペースが侵されていく…そんな恐怖感。バーバラのシーバへの好意は、羨望と嫉妬もあわせ持っていると思う。屈折した感情が恐ろしいですね。 ジュディ・デンチさん扮する
| はらやんの映画徒然草 | 2011/08/28 10:23 |
バーバラもシーバも、エゴが強いという点では同じに見えました。 自分がかわいらしく
| oguoguの日々映画見っ放し! | 2012/03/25 23:56 |
2007年6月上映 監督:リチャード・エアー 主演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット  彼女の恋の相手は15歳だった・・・・ジュディ・デンチの存在感はスゲェ...