B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』
JUGEMテーマ:映画
ボラット 制作年:2007年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:84分
 原題:BORAT
 配給:20世紀フォックス
 監督:ラリー・チャールズ
 主演:サシャ・バロン・コーエン
     ケン・デヴィティアン
     ルネル

人気コメディアン、サシャ・バロン・コーエン扮するボラットが、祖国
カザフスタンの発展のためと称して善良なアメリカ市民に突撃インタビ
ューを敢行し、大騒動を巻き起こす


これ酷いな・・・ココまで酷い映画とは思わなかったよ、モラルもへった
くれもないよね、アメリカのコメディは下品なだけだけどこの作品の場合
それ以前の問題じゃないの?笑えるところなんて全くなかった。
ドキュメンタリーコメディとなってるけど実際に素人さんに突撃したのは
数カットだけだそうです。故郷に関してはカザフスタンでさえなくルーマ
ニアで撮影されているようです。
英国でコーエンさんが「カザフスタン国営テレビ」リポーターを演じる英
国番組をやっていてカザフスタン政府は不快感を持っていたようでがアメ
リカで大ヒットしちゃった物だから手のひらを返して知名度を上げてくれ
たと大讃辞を送ったそうですが・・・私はソウは思わないんだけどむしろ
カザフスタンってこんな国かよ!カザフサタン人ってこんなに常識ないの
って間違った認識を植え付けたと思うんだけどね、アメリカ映画史史上一
番の訴訟の数なのもうなずける、だがアメリカという国はおかしな物で
こういうげすな作品が大好きなんだよね数々の賞が物語ってるし興行収入
もよかったし、訴訟は起こすけどそれはそれって感じだよね、まあ完全に
見る人選ぶけど不愉快に思う人のほうが多いんじゃないの?
吹き替えが山寺さんでなければ開始20分で見るのやめてただろうな・・・


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:44 | 【MOVIE】 | comments(10) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
多少の下品さは我慢できますけど、これは私にはダメでした。
さすがにカザフスタンの方たちはこんなんだとは思いませんけど、そう思ってしまう人も・・・
面白いと聞いてたので残念でした。
| ゆかりん | 2008/01/31 12:55 |
ゆかりんさん今晩は!

そうですねいつものハリウッドコメディぐらいの下品さだったら許容範囲
なんだけどこの作品はどをこえてますね、下品なのはかまわないけど
モラルの崩壊は・・・人種差別などお構いなしだしそういう部分で笑いを撮るのは
人道的に問題だと思うんだよね・・・
| せつら | 2008/01/31 20:02 |
こんばんは。
熱でずっと寝込んでたのですが、今日はDVDを返す日だったので、なんとかレンタルショップまで行って来ました。
そこで気になったのがこのDVD。一瞬このパッケージを見ただけだとおもしろそうに見えたけど、そういう映画だったんですねぇ。
私もきっと好みじゃないだろうなぁ。
| あにあ | 2008/02/02 17:46 |
あにあさんこんにちは!

風邪を引かれたんですね、私も年末に風邪を引いて大変でした。
この作品はかなり下品で人種差別しまくりなのでこの作品を面白い
と思う
人はよほどの変人ですよ、個人的にはお薦めしないです。
| せつら | 2008/02/03 11:15 |
日本で上映されたってのにビックリですよね。
私は試写会だったんですが、大爆笑されていた方がいたんですけど、
笑っていいのかどうなのかすごく気になる映画でした。
こういうのは、映画館で笑いを共有して楽しめる映画ではないなー。
| AnneMarie | 2008/02/03 15:31 |
そうそう、DVD鑑賞してから思ったけどこんな作品よく
上映したなって思いました。
そしてアンマリーさんのコメント試写会で大爆笑していた
人がいたことに軽くショックです。
| せつら | 2008/02/03 20:26 |
まぁ感性は人それぞれですし、
ジョークが通じるかどうか、
どこまでをジョークとして許容できるかは人それぞれですからね。
不快に思われる方も多いでしょうし、
せつらさんのご意見もごもっともだと思いますよ。
あたしは笑いましたけどね。
| miyu | 2008/02/17 18:42 |
miyuさん今晩は!

この作品はレベルの低い笑いのとりかたでお笑い好きの私からしたら
こんなことしないと笑いをとれないの?って感じです。
まあmiyuさんのおしゃるとおりなので賛否分かれますね
| せつら | 2008/02/17 20:47 |
皮肉の文化だし映画ってわかってるから笑えるんですよ

確かにやりすぎ感はあったけど、言ってるそのこと自信よりもそれによって皮肉られてることが面白いんだと思います
| ゆり | 2009/01/17 02:51 |
ゆりさんコメントありがとう

ゆりさんの言われてることはよく分かりますよ、「映画だから」
といっても限度があります。
そしてそれは人それぞれ違うわけで私やこの作品を批判的な方は
映画と分かっていてもこの作品はドが過ぎると感じてるわけです
許せる範囲は人それぞれなので私のような意見の人もいるしゆりさんの
ような人もいるんですよ、私は全く受け付けないばかりか凄く不愉快な
気持ちにさせられたのでこういう感想しか書けなかったと言うことです
| せつら | 2009/01/17 09:01 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/01/31 12:53 |
【BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE】 R-152007/05/26年公開製作国:アメリカ 監督:ラリー・チャールズ製作・原案・脚本:サシャ・バロン・コーエン 他出演:サシャ・バロン・コーエン、ケン・ダヴィティアン、ルネルカザフスタン人はみんなこんな感
| 映画でココロの筋トレ | 2008/02/03 15:27 |
久々の試写会でウッキウキー! 諸外国で話題になったみたいね。って、かる〜い気持ちで 「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」を観に行きました〜。 ( → 公式HP  ) 出演:サシャ・バロン・コーエン 、ケン・ダヴィテ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/02/16 16:59 |
 『バカには 理解不能な バカです。』  コチラの「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」( ´ー`)フゥー...は、5/26公開になったカザフスタンを激怒させちゃった似非カザフスタン人が登場すると〜っても過激なコメディなのですが、観
| 泉獺のどうでも映画批評 | 2008/02/25 10:48 |
 この映画は、レンタルビデオで観ました。 監督:ラリー・チャールズ出演:サシャ・
| 映画、言いたい放題! | 2008/04/02 20:22 |
いろいろなDVDの予告編に入っていて気になってました。 DVDで観賞。 カザフスタンの国営テレビのレポーターのボラットは、 アメリカ文化をリポートする番組を作るため、 プロデューサーのアザマートと共にニューヨークにやってきた。 宿泊したホテルで『ベイウォ
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/10/16 23:53 |
あらすじカザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは国家情報省の命令で、ニューヨークにやってきた。目的は母国の発展のために、アメリカ文化を学ぶこと。早速、ユーモア指導の先生を訪れ、アメリカンジョークを習うが、どうもしっくりこない様子。更に、フェミニス