B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『主人公は僕だった』
JUGEMテーマ:映画
主人公は僕だった 制作年:2006年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:113分
 原題:STRANGER THAN FICTION
 配給:ソニーピクチャーズ
 監督:マーク・フォスター
 主演:ウィル・フェレル
     マギー・ギレンホール
     ダスティン・ホフマン
     エマ・トンプソン

毎日が変わり映えしない生活を送っていたハロルドに、ある日突然
‘声’がどこからともなく聴こえてくる!?ハロルドの行動を同時
進行で描写するその声は、どうやら彼の人生を書いているらしい。
そして、その奇妙な声が「ハロルドは時期に死ぬ」と告げる。


本の中の主人公が突然自我をもち物語の世界で文法通り行動する登
場人物たちに不振を持ちという作品だと思っていたら違っていた。
確かに主人公はナレーションがついてその声に気がつき不信感を
抱くんですが結局のところ彼が住んでる世界は現実の世界であり彼
自身実在する人物だったわけで、では何故小説家のカレン・アイフ
ルが書いたとおりに物事が起こりまたハロルドはその通りに考え行
動するのか、しかもカレンが想像する服装に顔立ち髪型名前まで
ぴったり小説の主人公と同じなのかの説明は最後まで無かった。
しかし彼の登場でもしかして今まで書いた小説で消していった主人
公たちも実在し小説のとおりなくなっていたのではという思いが
カレンに恐怖心をあたえ主人公を消すことができなかったんじゃな
いかな・・・たぶんこの出来事でカレンは今後の作風が大きく変わ
るのではないでしょうか、主人公のハロルドも途中からこの出来事
をすんなり受け入れているところがもう「それ」が大前提で話が
進んでるという感じでその辺はちょっとコメディとはいえもう少し
そんなことあるはず無いじゃない的な演出がもっとあっていいと思
った。
こうしてみるとカレンの小説家としての能力は恐ろしいものがある
よね、ちょっと演出を変えたらホラーになるよ、そういえばそうい
うB級ホラー見たことあるし、カレンは知らずのうちに実在する人
物を想像することが出来それが小説の登場人物として描かれまた彼
女が想像したことを文章にすることで現実に起こってしまうという
能力があるのだとすれば・・・
さて主人公ハロルドを演じたウィル・ファレルさんは初見ですが今
回はあまりに普通すぎて彼の魅力は分かりませんでした。
もともとコメディアンらしいけど作品自体コミカルじゃないし、コ
メディアン出身の俳優は多くロビン・ウィリアムズにジム・キャリ
ーにブルース・ウィリスやジェイミー・フォックスと名のとおった
方が多いです。彼もそうなることができるでしょうか・・・
また恋人役を演板マギー・ギレンホールさん(ジェイク・ギレンホ
ールのお姉さん)がたれ目がキュートで凄く魅力的でした。
ただ方の大きな入れ墨が本物かどうか気になるところです。あの入
れ墨はいただけません、彼女の魅力が台無しです。
カレンを演じたエマ・トンプソンさんも表情や行動がなんか可愛ら
しかったですよ、ダスティンさんも相変わらずだしこの作品は登場
人物達が魅力的でした。
何故?どういうこと?というのが曖昧に物語が強引に進んでいき結
局何故そうなるのと言うことが分からないときがすまない方には向
かない作品でもあるので気をつけてください


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 09:35 | 【MOVIE】 | comments(14) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
発想とか、すごく面白いと思ったんだけど、インパクトが少なかった気がします。

私はウィルの映画も鑑賞作品が増えてきました。
最初はニコール・キッドマン主演の「奥様は魔女」でした。
いま上映中の「俺たちフィギュアスケーター」はDVD鑑賞になりそうです。
| マダムよう | 2008/01/05 20:47 |
いつもコメント&TBをありがとうございます(^^)

カレンの能力は凄いですよね!
でも、その凄さがいまいちピンとこないんですよね。。。
何故?に答えてくれないまま終わり、印象もイマイチでした。
脇を固める、ダスティン・ホフマンやマギー・ギレンホールが良かっただけに、主人公が凡庸すぎて埋もれているのが勿体無く感じました。
| 双葉 | 2008/01/06 01:34 |
こちらにも〜。本作、スルーして観なかったのですが、昨年のマイベスト10などに挙げられるブロガーさんも多いですよね〜。そして、せつらさんのあらすじと文を少し拝読して、観たくなりました。観るまでは、こちらの記事ぜんぶ読むのはガマンしますね〜!
| JoJo | 2008/01/06 01:52 |
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
『何故そうなるのと言うことが分からないときがすまない』性質なので、イマイチ入り込めませんでしたぁ(笑)
ファンタジー物って、スンナリ受け入れて心に響く場合もありますが、最後まで釈然としない作品も沢山あります。
先日ガエル君の『恋愛睡眠のすすめ』という映画を観たのですが、これがダメでした(汗)
可愛らしい映画なのですが、『この現象は何なの?』っていう思いが付き纏い・・・って感じでした。
| 由香 | 2008/01/06 09:34 |
そうですね、おっしゃる通り、何故そうなるのかと
完全にスッキリしないと気がすまないって言う人には不向きかも・・ですね(^^ゞ
でも、せつらさん同様、私もこれはこれで楽しめました♪
俳優さんたちがみんな良かったですよね〜。
私はエマ・トンプソンのあの鬱ぶり(?)が
かなり気に入ってしまったし(^^ゞ相変わらず
うまいなぁ、と感心しちゃいました。
ウィル・フェレルは、今回はほんとにおとなしめだったので、いつもの彼と大違いでしたが、こういう役もできるんだな、と思いました。
彼が出てるので、もっとひっちゃかめっちゃか
大笑いでどたばたもあって・・と思ってたのに
そういう意味では違ってました。
が、ラストも好きでしたし、楽しめました♪

TB&コメント、どうもありがとうございました♪
| メル | 2008/01/06 09:35 |
>ようさんこんにちは!
確かに設定は面白いんですよね、本当に小説の世界の話だったら
もっと楽しめたかな?
もうちょっとインパクトがほしかったですね
| せつら | 2008/01/06 10:33 |
>双葉さん
こんにちは!コメントありがとう、カレンの能力凄いよね
下手したら世界も動かせるよ(笑)
ファンタジー作品ではあるけどやはりどこか説明があれば
最初から小説の中の世界と現実とのリンクを描いているの
であればこれでも良かったんだけどな〜
周りが凄すぎて主人公が凡庸でしたね、ウィルさんの個性がコロされ
てたような感じですね
| | 2008/01/06 11:17 |
JoJoさんこんにちは!
そうなんですか他のブロガーさんベスト10に入れてるかた
が多いんですね、私はそこまで楽しめませんでしたが(^^;
ひねりがほしい作品でした。
| せつら | 2008/01/06 11:21 |
由香さんも釈然としない作品は苦手ですか、私も気になって
仕方なかったですよ、ファンタジーだからとはいえっやっぱり
釈然としないのはあまり好きじゃないな〜
こういう作品の評価は見る人の性格によって変わるよね
| せつら | 2008/01/06 11:33 |
>メルさん
こんんちは!コメントありがとう
ちょっと設定が賛否分かれるかなってところですね、全くの説明なし
という部分も釈然としない思いを持たされます。
内容的には楽しめたんだけどもうひとひねりほしかったし
思ったよりべたな終わり方だったのが残念です。
ウィルさんは初見なんだけど今回は役所のせいもあるのかな
周りの個性的な俳優さんに完全に打ち消されてたって感
じがしました。
彼に関しては他の作品も見てみない取って感じです。
| せつら | 2008/01/06 11:36 |
こんにちは♪
あれこれ考えてしまうクチですが、思ってたよりも地味なお話でした。
やはりすっきり終わる方が好きですねぇ。
| ゆかりん | 2008/01/08 12:58 |
ゆかりんさん今晩は!
そうですね、思ってたより地味だし思ってたような作品でも
なかったですね、小説の中の世界と現実の世界を描いてると思っ
てただけに残念でした。
これはこれで楽しめるんだけど構成は以外と平凡だったです。
| せつら | 2008/01/08 19:41 |
せつらさん、こんばんは。

マギー・ギレンホールよかったですよねー。
今度、バットマンシリーズの最新作に出るようなので楽しみです。
ヒース・レジャーの遺作になってしまいましたが・・。
「セクレタリー」、未見でしたら、彼女の魅力満載なので是非。
| さむこ | 2008/01/28 00:12 |
さむこさんコメントありがとう!

私はひねくれているのかいつも本人よりも兄弟のほうが魅力的に見えちゃう
んですよね、マギーさんもしかりだけど、マーク・ウォルバーグよりもお兄さんの
ドニーさんのほうが好きだしジョン・キューザックさんよりもジョーン・キューザックさん
のほうが好きだし(^^;
どうやら彼女は今後は話題作に連続出演のようですね凄く楽しみです。
| せつら | 2008/01/28 11:26 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| 不機嫌なハウスワイフ 〜日常、映画ときどきアメリカ〜 | 2008/01/05 13:04 |
白い歯っていいな〜ホワイタンホワイト この映画の主人公を演じたウィル・フェレルは、 第二のトム・ハンクス候補であるような気がする。 顔はぶちゃいくな犬みたいだけど、なんともかわいい。 そしてこの映画・・・おもしろかったなあ〜〜 主人公ハロルド
| the borderland  | 2008/01/05 20:29 |
「チョコレート」や「ネバーランド」のマーク・フォースター監督作品。残念ながら前作の「ステイ」は観れなかったのですが、主人公たちの内面の感情を自然に描きだすという印象があって、この監督の作品は見逃したくないと思い鑑賞してきました。 【ネタバレです】
| 映画でココロの筋トレ | 2008/01/05 22:06 |
大人のおとぎばなしだよね。 ってことで、「主人公は僕だった」を観たよ! ( → 公式HP  ) 出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ 上映時間:112分  毎日同じ時間に起床、同じ回数の歯
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/01/06 09:28 |
予告を観て面白そうだったので鑑賞してみた―【story】国税庁の会計検査官ハロルド(ウィル・フェレル)は、ある日突然聞こえてきた女性の声に驚いた。その声は彼の行動を同時進行で描写している。そして、事もあろうにハロルドはもうすぐ死ぬ・・・と語ったのだ!不安
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/01/06 09:29 |
主人公は僕だった コレクターズ・エディションソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 国税庁の会計検査官ハロルド・クリック(ウィル・フェレル)は、規則正しく単調な毎日を送る 平凡な男。ある朝、彼の頭にナレーションのような女性の声が
| 素敵な映画と美味しいワイン | 2008/01/06 09:54 |
 奇想天外!なんで声が聞こえてくるの?  子供の頃弾いてみたかったギターを買ったり、  好きな人に声をかけてみたり…  そんなことか...
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/01/08 12:55 |
【STRANGER THAN FICTION】2007/05/19公開製作国:アメリカ監督:マーク・フォースター出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、マギー・ギレンホール 私のナレーションは池田秀一さんか井上和彦さんでお願いします
| Cheerful Days! | 2008/01/10 11:34 |
昨日は映画の日。 何を観ようかずーっと考えて決めたのが おすぎさんがテレビで勧めていた「主人公は僕だった」にしました。 そんなにチェックしていない映画だったんだけど とてもいい映画でした{/face_en/} 一言では言えないけど大人でとてもお洒落な映画{/heratss
| kaoritalyたる所以 | 2008/01/22 08:17 |
5/27(日)の二本目の映画は、『主人公は僕だった』です。予告からすると、淡々とした中に笑いがあるライトなヒューマンタッチのドラマと思っていたのですが、まぁその淡々とした感じに解説のようなナレーションと映像に惹き付けられますね。主人公の、毎日同じよう
| ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2008/01/23 16:56 |
主人公は僕だった   公式HP   詳細@yahoo映画 ちょっと設定が面白そうだなと思って観た作品 最初の数字が現れるデジタルな感じは好きだし面白いなぁ …と思いながら観てたんだけど、途中からちょっと退屈に… 脚本は素晴らしいと思うけど期待した
| さむこの部屋 | 2008/01/28 00:13 |
几帳面すぎる毎日を送るハロルド。 ある日、自分が小説の主人公だと気づいて・・。 ウィル・フェレル、マギー・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン。 予告を裏切らなかった映画は久し振り〜。面白かった。 ゲームのシムズみたい。 爆笑
| いけこのDVD鑑賞記 | 2008/02/03 20:39 |
主人公は僕だった コレクターズ・エディションマギー・ギレンホール、エマ・トンプソン 他 (2007/12/19)ソニー・ピクチャーズエンタテインメントこの商品の詳細を見る 2006年 / アメリカ / 172 minutes 出演 : ウィ
| サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画 | 2008/03/02 22:06 |
[[attached(1,center)]] 毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、同じ歩数でバス停まで歩いて、毎晩同じ時間に眠る会計検査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。 そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、ハロルドの行動を正確に描写する「女性の声」
| 『映画な日々』 cinema-days | 2008/10/01 03:15 |
主人公は僕だった 原題「STRANGER THAN FICTION」 「事実は小説より奇なり」 悲劇の主人公が実在。 完結を前に作家を訪ねて来た... 個人評価 ★...
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/10/19 22:39 |
『主人公は僕だった』を観ましたもうすぐ自分の人生が終わってしまうと知った男が、死を阻止するために奔走するファンタジードラマです>>『主人公は僕だった』関連原題: STRANGERTHANFICTIONジャンル: コメディ/ドラマ/ファンタジー製作年・製作国: 2006年・ア
| シネマ・ワンダーランド | 2009/06/15 20:55 |
自分自身の人生が女流作家の執筆中の小説に左右されていることを知った男が、人生を取り戻すための孤軍奮闘ぶりを描いたヒューマン・ファンタジー「主人公は僕だった」(原題=小説より奇なり、2006年、米、マーク・フォースター監督、112分、コロンビア映画配給