B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『敬愛なるベートーヴェン』
JUGEMテーマ:映画
敬愛なるベートーヴェン 制作年:2006年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:104分
 原題:COPYING BEETHOVEN
 配給:東北新社
 監督:アニエアスカ・ホランド
 主演:エド・ハリス
     ダイアン・クルーガー
     マシュー・グード
     ラルフ・ライアック

1824年、“第九”の初演を4日後に控えたベートーヴェンの前に美しい女アンナが
コピストとしてやって来る。当初は彼女が女性であることを理由に認めようとし
ないベートーヴェンだったが…。



歴史に名を残し数々の名曲を残す偉大なる作曲家ベートヴェン
音楽室に飾られている肖像画のなかでもとてもわかりやすいあ
の方が耳を悪くしてから「交響曲第九番ニ短調」を完成させた
秘話を架空の女性を交えて描く作品です。
とにかく感動しました。
この作品の見所は「交響曲第九番ニ短調」の初演のシーンです。
本来なら初演でベートーヴェンは指揮していないらしいのです
が・・・とにかくこのシーンは圧巻でした。
耳の聞こえないベートーヴェンはあんなの助力で(カンニング)
で指揮を成功させますがアンナの教える姿が美しくまた実際に
最後まで演奏される「交響曲第九番ニ短調」がとても美しく素
晴らしいんです。
このシーンは胸一杯でした。シーン終了後はベートーヴェンと
同じく自分も達成感を感じ取れた気がします。不遜な甥もその
シーンを袖で見ていて感極まって泣いていたのも印象的です。
彼がその後真っ当になったのかどう生きたのかも気になるとこ
ろです。
序盤で早い内にあんなの実力を認めるのが演出的に早すぎるか
な?と思ったけど詳しく描いてしまう2時間超えちゃうのでち
ょうど良かったのかもその後アンナが恋人の建築士が出品した
橋の模型を見に行ったシーンではアンナを追ってベートーヴェ
ンもやって来ましたが、恋人の橋を壊すシーンは面白い演出だ
と思った。
彼の橋には心がこもっていない、彼のがそういって壊すシーン
は胸がすっとしたよ、私もあの橋を一目見てこれはだめだなと
すぐに感じた。
凄い無機質なんですよ何も伝わってこない、ふと見るとアンナ
も困った顔してました。
あ〜彼女も同じように感じたなと思った矢先にベートーヴェン
登場だもんね、あのシーンはベートーヴェンの嫉妬?ととらえ
られそうだけど確かに嫉妬もあったと思う、でも大半は才能あ
る彼女が才能のかけらもない男と一緒にいうることが気に入ら
なかったんじゃないかと思うあの橋の模型がベートーヴェンを
唸らされるだけのものであれば違ったんじゃないかと思うんだ
よね、アンナは彼を芸術家だと称していたわけだしあの橋を見
た彼が激情に駆られるのも無理はないと思う、だからアンナは
自分のような才能のある男のもとにこそふさわしいと思ってい
たのか・・・思ってたかもね(^^;でもそれは恋愛感情とし
てなのか?違う気がするな〜自分を継げるのは彼女だけだとい
う師弟としての愛情ではないかとふと思いました。
それにしてもエド・ハリスのベートーヴェンは素晴らしかった
な、ベートーヴェンだと思ったもの性格付けは歴史に残った文
献とうで解釈してるんだろうけど、アンナを演じていたダイア
ン・クルーガーさんも凄い綺麗な方で細身だけどスタイルがよ
いので当時のドレスを着るととても映えました。
注目の女優さんですね〜アンナが作曲した曲ってどれも聞いた
ことがある・・・また「交響曲第九番ニ短調」公演後作曲した
「大フーガ」はみんな次々とたって部屋を出たけど私は素晴ら
しい曲だと思ったので私の耳が感性がおかしいのかと思ったら
エンドロールで「大フーガ」は後世の作曲家達に大きな影響を
与えたとあったので安心しました(^^;


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:42 | 【MOVIE】 | comments(18) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは〜
この作品観ようと思ってました。
耳の聞こえないベートーベンの話は有名ですが、
優秀な助手がいたのですね。ますます観たくなりました。
| ワトソン | 2007/11/27 20:30 |
こちらもいらっしゃいませ!この作品はよかったですよ〜とにかく
サウンドは5.1サラウンドで聞きたかったです。
劇場公開時に見ればよかったと強く公開してますよ(^^;
お薦めなので是非ご覧くださいね!
| せつら | 2007/11/27 22:16 |
感動の作品でしたね。
45型TV購入したのでDVDで観ましたが、やはりこれは映画館で観るベキでした。
あの第九の演奏シーンは大画面で観たかったです。
| lovecinema | 2007/11/28 13:52 |
この作品、ただいまレンタル予約中なんです!
最近「アマデウス」を見たので
そのつながり?で借りようかと思ってます。
せつらさんが好評価なら安心して見れそうです(*´∀`*)

あとひとつ質問なんですけど
もし気が乗らないようならお答えいただかなくても
結構なんで気にしないでください!!
せつらさんって
映画もものすごくたくさん鑑賞されているし
本もすごくたくさん読まれてるように思うんですが
映画関係か書籍関係のお仕事されてるんですか??
せつらさんのことをすごくいいなーって思います!
私ももっともっと映画も本も楽しみたいんですが
なにしろ時間が足りなくて。。。
時間の使い方が下手なんだとは思うのですが(。。*)
| プー子 | 2007/11/28 15:04 |
>lovecinemaさん
この作品は素晴らしかったですね〜「交響曲第九番ニ短調」初演のシーン
なんて劇場で聞きたかったですよ、こういう音楽作品は劇場ですね!
| せつら | 2007/11/28 21:42 |
>プー子さん

ちょっと照れくさいですけど残念ながら映画関係でも書籍関係の仕事でも
ないです(^^;
技術職なんですよ、ほとんど外仕事なので晴れ以外は困ります。
そうですね、私自身今の時間でも全然足りないですよ仕事から帰っての時間は
ブログの更新をしつつ映画鑑賞ですね、大量に借りてるときは一日2本見たりします。
本は寝る前に100ページ読んで後は職場で休憩時間を使って読んでますよ
今はゲームも止まってる状態なのでやりたいゲームが出てきたら
いろいろと時間を削らないといけないんですよ・・・休日は映画も見るけど
大体遊びに出ます。
レンタルに関しては各レンタル日に大人借りをします・・・そして期間内に見れる
本数以外はDVD-RWにコピーして持っておいて見た作品は消去してるんです
一気に20本ぐらい借りるときが多いので店員さんにすぐ覚えられましたよ
処理が大変そうで気の毒ですが待つのは嫌いなので一気に借りちゃいます
本もコレクター気質でして読もうと思った作家さんの作品を集めない
ときがすまないんです。
積み本として集めまくってますよ、趣味を満喫してるけど今の生活は
独身だからできるんだよね、できればこの生活習慣を壊したくないのだけど
どうなることやら、同じ趣味の人を見つけないとですね〜
| せつら | 2007/11/28 21:57 |
お返事ありがとうございます!
なぞめいた?せつらさんの裏側?が知れて
すごいうれしいです(*´∀`*)

お仕事とかではなく、純粋に趣味で
これだけの映画や本を見たり読んだりしてるんですね。
すごい!!の一言です。
>一気に20本ぐらい借りるときが多いので
一気に20本というのにはおどろきました!
たしかにそれだけ大量に借りる人って
なかなかいないですよね。。
店員さんが覚えちゃうのもわかります!
それだけ見ていたら、
そのうち見る映画がなくなってしまうのでは?!
なんて思ってしまいましたー。
>今はゲームも止まってる状態なので
わかるっ!!
私も以前は毎晩のように映画を見てたんですが、
最近なぜか急にみんゴルにハマってしまって
そのせいでよけい映画を見る時間が減ってしまったのです( iдi )
>本は寝る前に100ページ読んで
私夜は10時になったらねむくなるのでちょっと無理かも(*´з`)
やっぱり気合いがたりないということですねo(`o´)
私は主に通勤時間と休日に読書してます。
でもそれでもとてもとても間に合わないんだよなぁ。

たしかに結婚したら趣味の時間が減るかも?
少なくとも、好きなジャンルなんかは多少違っても
映画好きで本好きな人がいいなーって思います。

あらあら、コメントが長くなってしまったのでこのへんでおわりにします。
お返事いただいてありがとうございました(人´ω`*)

| プー子 | 2007/11/29 13:54 |
プー子さん今晩は!

毎年100本以上映画見てますけどまだまだ過去の作品を考えると
そう簡単には見尽くせないなと思いましたよ!過去の作品でも
見たい作品はたくさんあるんですけどね〜
| せつら | 2007/12/01 19:06 |
せつらさん、こんばんは!
第九の初演のシーンは感動的で涙がでました!
エド・ハリス、ベートーヴェンそのものでしたねえ。

演出的にクライマックスを真ん中にもってきたところは
異色でしたね。
私はアンナを中心にみてしまいましたが、女性の自立物語でもあったなあって思いました。

せつらさん、仕事のあいまにも本読んますか!
パワーあるなあ。
趣味は大事にしたいですね。

| アイマック | 2007/12/04 23:08 |
アイマックさん今晩は!
第九の初演は見事な演出でしたね、アンナも美しかったし指揮する
ベートーヴェンも迫力ありましたね、ラストはラストで私はいい感
じでした。ベートーヴェンがアンナに語った散歩コースを最後に彼
女が歩き始めるというものでしたね
| せつら | 2007/12/05 21:06 |
こんばんは♪
クライマックスに第九をもってくるものだとばかり思っていたので予想が外れました。
冒頭に現れていた大フーガの方をメインに持ってきたのもすごい目の付け所だと思いました。
天才は傍から見ていると何か痛々しく哀しいものだな、なんて思ってしまいました。
| ミチ | 2007/12/06 21:14 |
ミチさん今晩はコメントありがとう!
そうですね第九の初演をラストに持ってくるかと思うよね、でも派手さはないけど
ベートーヴェンが教えてくれた散歩コースに足を踏み出した彼女で終わるラストも
私は好きですよ、天才肌のモーツアルトより音楽にも人物的にも個性的なベートーヴェン
のほうが好きですね
| せつら | 2007/12/07 21:01 |
確かにベートーヴェンとアンナの関係って
言うか互いに抱いていた感情って愛情って
よりも認め合っていたモン同士の絆みたいな
感じかなぁ?2人だけに見える世界があった
ような、なんかそんな印象を受けましたね。
男女の師弟を描いた映画って多いんだけど、
恋愛感情に持っていかなかったのは凄く
良かったと思いましたね。
| miyu | 2007/12/26 22:17 |
miyuさん今晩は!

そうなんですよ二人の会話を聞くと男女の会話ではなく
お互いの才能を認め合った者の会話ですよね、miyuさんのおっしゃるとおり男女の師弟関係で
恋愛感情に持っていかなかった構成は見事だと思いました。
| せつら | 2007/12/27 19:53 |
明けましておめでとうございます♪
今年もまたどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

TB、どうもありがとうございました♪
この映画、大好きなエド様も見れたし
第九の初演のシーンは震えるほど素敵だったし、あ〜このままずっと見ていたい、と思いました^^
おっしゃる通り、ダイアン・クルーガーも
素敵でしたよね〜♪ スタイルも雰囲気も顔もみんな良かった!この映画にピッタリだなぁ、って思いました。
実在の人物じゃ無かったってことが
すごく残念だったけど。

そうそう、ラストの「大フーガ」のテロップも嬉しかったですね♪
| メル | 2008/01/02 09:22 |
メルさん明けましておめでとうございます!
昨年はいろいろとお話しできて楽しかったです
今年もどうぞよろしくお願いしますね
この作品は一番の見せ場第九の初演が中盤過ぎぐらいに
きてる点が面白いなとお思いました。
そのぶんラストが抽象的だったのでその辺を指摘
してる方が多いのが残念ですが、二人の主演がとにかく
素敵でしたね魅力あるキャラクターを作り上げた
エドさんとダイアンさんは素晴らしいと思いました。
| せつら | 2008/01/02 09:59 |
こんばんは!
第九の演奏シーンは
素晴らしかったですね。
音響の良い劇場で観たかったです
| wv040262 | 2008/06/02 00:59 |
第九の演奏シーンは素晴らしい演出だったよね、エドさんも
かっこよかったけどダイアンさんも綺麗だったしね
これDVDでみたんですよね、スピーカーには力入れてるけど
この作品は劇場で見たかったですね
| せつら | 2008/06/02 18:40 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1461
| 小部屋日記 | 2007/12/04 23:00 |
Copying Beethoven(2006/イギリス・ハンガリー)【劇場公開】 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス/ダイアン・クルーガー/マシュー・グード クラシックファンでなくても見応えあり!! 特に第9の初演シーンは感動しない人はいないかも。 音楽家ベートー
| ミチの雑記帳 | 2007/12/06 21:10 |
映画館にて「敬愛なるベートーヴェン」 天才音楽家ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となったアンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。 ベートーベンを描いた作品は『不滅の恋/ベートーヴェン』が記憶に新しいが、この作品は“第九”を生み出すまでの彼の晩年にス
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/24 21:07 |
 『“第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを 支えた女性がいた。』  コチラの「敬愛なるベートーヴェン」は、年末になると必ず1度は耳にする「第九」、その誕生と彼の晩年を支えた1人の女性にスポットを当てたヒストリカル音楽ムービーです。  主
| 【徒然なるままに・・・】 | 2007/12/29 11:01 |
交響曲第9番の初演を、四日後に控えたベートーヴェン。しかしながら、未だに終楽章の合唱パートが完成していなかった。そこで音楽学校の優秀な生徒を写譜師として雇おうとしたのだが、そこに現れたのは作曲家を志す女性アンナ・ホルツ。最初は彼女を拒絶するベートーヴ
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/01/02 09:17 |
敬愛なるベートーヴェンvideo maker(VC/DAS)(D)このアイテムの詳細を見る 1824年のウィーン。“第九”の初演を4日後に控え、未だ合唱パートが完成していないベートーヴェン (エド・ハリス)のもとに、作曲家を志す若き女性アンナ(ダイアン・クルーガー)がコピスト(
| 映画大好き | 2008/06/02 00:53 |
2006年 イギリス、ハンガリー 出演 エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ラルフ・ライアック、ジョー・アンダーソン、ビル・スチュワート ★アニエスカ・ホランド監督がベートーヴェンを描くドラマ。 1824年、第九の初演を4日後に控えたベート
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/06/30 08:24 |
あらすじ“第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師としてアンナが派遣されてくる。ベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが彼女の才能を知り、仕事を任せることに・・・。感想詩人ランボーを描いた『太
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/18 09:04 |
2006 イギリス,ハンガリー 洋画 ドラマ 作品のイメージ:感動、切ない、スゴイ 出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ラルフ・ライアック 「アマデウス」のような感じを想像していたのだが、ベートーヴェン(エド・ハリス)と彼の曲を写譜
| mama | 2010/02/18 13:13 |
Copying Beethoven 2006年:イギリス・ハンガリー 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス、フィリーダ・ロウ、マシュー・グッド、ダイアン・クルーガー、ラルフ・ライアック、ニコラス・ジョーンズ 1824年のウィーン。「第九」の初演を4日後に控え、い
| Yuhiの読書日記+α | 2011/01/24 23:14 |
孤高の天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となった作曲家志望の女性アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。監督はアニエスカ・ホランド、キャストはエド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード他。 <あらすじ> 音楽