B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ハサミを持って突っ走る』
JUGEMテーマ:映画
ハサミを持って突っ走る 制作年:2006年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:122分
 原題:RUNNING WITH SCISSORS
 配給:ソニーピクチャーズ
 監督:ライアン・マーフィー
 主演:ジョセフ・クロス
     アネット・ベニング
     アレック・ボールドウィン
     グウィネス・パルトロウ

アル中の父、躁うつ病の母と共に暮らしていたオーガスティンは両親
の離婚をきっかけに、母を担当していた風変わりな精神分析医、ドク
ター・フィンチの家族と生活することになり…。


オーガスティン君の自伝を映画化した作品だそうです。嫌な子供時代を
過ごしましたね〜2時間の作品だけど凄く長く感じました。
と言うのも不愉快きわまりないんですよね馬鹿な親がそして頭のいかれ
た母親が、夫役はボールドウィン家の長男アレックさんですが彼の家庭
での無関心ぶりというのも奥さんがいかれてるから何だけどそれを放置
していたのも責任ですがいかれた母親に育てられたオーガスティン君も
ゲイになってしまったこと以外は真っ当に育って奇跡だなと思った。
いかれた奥さんをいかれた詐欺師の精神科医に預けてしまったら直るも
のも直るはずがないわけでオーガスティン君をせしめて奥さんは直さず
に放置自我をもてない状態にして夫から養育費を巻き上げるこの手口で
お金をむしり取っていたようです。
その割に家がものすごいのはいったい何にむしり取ったお金を使ってい
たんだろう?オーガスティン君の前にはニールというやはりゲイの青年
を子供時代から同じ手法で手に入れ親からお金を取っていたようだし
このいかれた精神科医フィンチに預けられてしまったオーガスティン君
も災難だけど一見いかれた家族に見えるフィンチ家だけど実はフィンチ
一人がいかれていただけだったように見えた。
奥さんと娘達は真っ当に生活したかったはず特に妹さんは大学に行って
精神学を学びたいという夢があるんです。でも向こうでは大学に入る際
に家族がどうなのかとか結構調べられるらしいですね、父親の基地外ぶ
りと荒れた家のせいで大学はあきらめていたようです。
奥さんも何とか家を家族らしくしようとは努力しているみたい・・・
夫から離れられないのも精神的にって部分があるようです。ラストで
オーガスティン君が自立することを決めてニューヨークに旅発つ際に残
した言葉と彼が去ってから彼女も家を出て自立したようです。
長女のホールだけは家に残りお父さんの助手を務めてたようですね・・・
個人的にはグウィネスさんのホール役が魅力的な女性に見えちゃって
家族の中では好きだったんだけど・・・まあグウィネスさんが演じてい
なければ魅力的には見えなかったろうけど(^^;
しかし演出的にはこれまでの流れをグダグダ2時間もかけて撮ってるので
凄い間延びしてたぶん本当の面白さが描かれていなかったと思う原作の
自伝を読んでみないと面白さは分からないかも、たぶん90分ぐらいで
絞り込めばよい作品になってたんじゃないかな、前半の子供時代は無く
ても十分伝わったと思う


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 10:17 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1456
| ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 | 2007/12/25 01:35 |
今回紹介する作品は、グウィネス・パルトロウが出演している「ハサミを持って突っ走る」です。 ハサミを持って突っ走るのストーリーオーガスティンはアルコール依存症の父親と、有名な詩人になることを願っている、不安定な心を持つ母親と暮らしていた。ある日、母親
| サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画 | 2008/05/06 15:09 |
[[attached(1,center)]] アルコール依存症の父ノーマン(アレック・ボールドウィン)と、詩人になることを夢見る情緒不安定な母ディアドラ(アネット・ベニング)のもとで育った、一人息子のオーガステン(ジョセフ・クロス)。 彼は幼い頃から同性愛に目覚め、将
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/11/14 07:20 |
あらすじ詩人を夢見る情緒不安定な母と酒びたりの父という問題多き家庭に育った少年オーガステン。両親の離婚で母に引き取られた彼は、12歳のある日突然母のかかりつけの精神科医、フィンチの家庭に預けられることになる。両親に捨てられたことを苦悩するオーガステン
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/08/27 20:11 |
 コチラの「ハサミを持って突っ走る」は、オーガステン・バロウズのベストセラー小説を、本作が監督デビューとなったライアン・マーフィーが監督&脚本&製作を務め、映画化したヒューマン・コメディです。主人公の名前が原作者のオーガステン・バロウズ(ジョセフ・