B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ホテル・ルワンダ』
JUGEMテーマ:映画
ホテル・ルワンダ 制作年:2004年
 制作国:イギリス・イタリア・南アフリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:122分
 原題:HOTEL RWANDA
 配給:インターフィルム
 監督:テリー・ジョージ
 主演:ドン・チードル
     ソフィー・オコネドー
     ホアキン・フェニックス
     ニック・ノルティ

悲劇的な状況下のルワンダで、ホテルマン・ポールは避難民たちをホテ
ルにかくまい始める。国連の平和維持軍も頼りにならない中、彼は自分
の力で家族、避難民たちを守る決意をする。


「ルワンダの涙」を見たときにこの作品んも手元にあったんだけど流石
に二本続けてみるのはきついと思い何本か間に挟んで昨日鑑賞しました
時は全く同じだけど場所が違うこの物語、涙では白人からの視点で描か
れてましたがこの作品はルワンダ人の視点で描かれていて現状にままな
らない思いが涙よりも伝わってきました。
主人公はフツ族であるにもかかわらずツチ族を守りました。彼には同族
同士の殺し合いがいかに不条理で無意味なことであるか最初から分かっ
ていたように思います。
ホテルのスタッフもツチ族もいればフツ族もいる中で彼らもがんばって
ホテルを守ったと思います。
一人「屑やろう」がいましたが、ラストでやつがあのまま撃たれれば良
かったのにと思った人が大勢いることと思います。
ホアキン演じたTVカメラマンの主人公がTVで虐殺を世界に流せばきっと
・・・」という台詞に対する答えは真実であると皆さん思ってるはずで
す。私も含めて皆さんも彼のあの台詞のことをしていたはず、他の国の
出来事は所詮他人事、この安全な日本に棲んでる限り自分たちは関係な
いと思ってる日本人達が大半だろう、それでもこういう作品は撮られる
べきだし世界中で公開されるべきだと思う、たとえこういう作品を見て
無関心でいられてたとしてもこういう事実が合ったと言うことは世界中
の人たちが知るべきだと思う、そうじゃないと犠牲になった人たちが報
われない・・・どちらが悪いなんてことはすでにもう分からないと思う
同族でありながらお互いを憎しみ合うなんて・・・ルワンダだけではな
くサラエボなどでも同じことは起こってるわけだし民族戦争ほどなんの
得にもならないことはないですよ、たぶんみんなそれは分かっているん
だと思う、フツ族でありながら必死にホテルと彼に助けを求めた人たち
を救った主人公は凄いと思った。彼の頭の良さ機転のすごさ実行力かれ
が支配人でなければどうなっていたことか・・・
逃げるのに必死な白人達に出来る範囲でルワンダ人達を守ろうとした
国連のベルギー兵達この作品でもホテルにやってきたフランス兵たちは
白人達しか救おうとしなかった。ずっと守ってきたベルギー兵達の憤り
も感じられる、ニック・ノルティー演じるベルギー兵の隊長が命をかけ
て助けられる人たちを助けようとしたのに、そんなに自分の国の兵達が
大切なのだろうか死ぬのが怖いなら軍隊になんて入らなければいい、彼
らは何のために軍隊に入ったんだろう?自国以外はどうなってもいいと
いう考え方は嫌な感じだよ、民間人達が犠牲にならないように手段を選
ばない姿勢を見せてほしかった。現実には無理なのかもしれないけど
「ルワンダの涙」「ホテル・ルワンダ」を見ていろいろ考えさせられた


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 13:08 | 【MOVIE】 | comments(18) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
今晩は。はじめてお邪魔します。(コメントからこちらに伺いました)
この映画を見たのはずいぶん前でうろ覚えなのですが、私もこの映画を見たときは色々考えさせられました。せつらさんの記事を読んで、ふと昔知り合ったボスニア出身の女性を思い出しました。私は紛争していた国出身よって微笑んで自己紹介されたとき、言葉を返せなかったことを覚えています。今日改めてまた、考えることとなりました。考えて、考えたその先が最も難しいですが・・・・。
| うさ | 2007/11/25 01:31 |
いろんな意味で人間の力の限界を感じた映画でたが
それでも、おっしゃる通りこういう映画は作られ続け
報道でも流され続け、訴え続けて、少しづつでも
良い方へ、良い世界へと向かって行くべきですよね。
空しさも漂う映画でしたが、反面力強さも
もしかして、という希望もあった映画だったと思います。

ルワンダの涙 未見なので見て思っています。
が、こういうアフリカの紛争もの(?)のような映画が
最近立て続けに出てますよね。で、南ア物も含め
3〜4本この1年以内くらいに見たので、ちょっと間を
空けようかな、ということで、多分来月あたりには
見ようかな、と思っています。

TBどうもありがとうございました〜♪
| メル | 2007/11/25 08:33 |
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
私は『ルワンダの涙』は未見なんですよ。
観ようと思いながら、なかなかレンタルに手が出せなかったりします。
『ルワンダ紛争』について全くの無知で、何も考えずに鑑賞したので、虐殺が始まった時はショックでした。
同じ民族同士であんな出来事が起こったなんて・・・何度思い起こしても遣る瀬無いです。
この映画は、作品としても良く出来ているなぁ〜と思います。
実はwowowで2回観ましたが、2回目の方がより胸に迫りました。「ああ〜これは人間のした事なんだ」と思うと涙が止まりませんでした。
| 由香 | 2007/11/25 11:42 |
うささんこんにちは!
ボスニアの女性はもう吹っ切れてそういう自己紹介をされたんで
しょうね、でも平和な国で過ごして言う私たちには簡単に返事でき
ないですよね、この作品を見たら悲しくなってきます。
| せつら | 2007/11/25 13:12 |
>メルさん

そうですね、人間の限界そして無力さ人間が起こしていること
なのに人間が何もできないなんて皮肉ですね、国が違っていても
同じ人間なのに助けることもままならないのは悲しいですね
個人ではどうすることもできないけど国家レベルならどうにかできたと
思うんですが、ルワンダの涙はまだ未見なんですね、私もそうだったんだけど
続けてはきつい現実です。
| せつら | 2007/11/25 13:22 |
>由香さん
由香さんも「ルワンダの涙」は未見なんですね、先にこの作品を
見ていたら確かに手を出しにくいですよね、「涙」の方では
白人宣教師が教会に助けを求めてきたツチ族をかくまうお話です
こちらの作品も白人からの視点と言うこともあり考えさせられます
| せつら | 2007/11/25 13:30 |
こちらにも・・・。
映画としての評価というよりも、もう、たくさんの人に「見てください!」ってお願いしたくなるような作品でした。
自分が知らないことがあまりに多いし、無力感にも捕らわれますが、知って良かったというのが本音です。
自分も「ニュースを見ながら食事を続ける」ひとりなので、この言葉がグサっと胸に突き刺さりました。
| ミチ | 2007/12/02 16:49 |
ミチさん今晩は!

「ニュースを見ながら食事を続ける」この台詞ほど胸に突き刺さる台詞はない
ですよね、作品自体何故同じ国民同士なのにこれほどのことができるんだろう
って悲しくなります。
彼らツチ族フツ族もう本当の遺恨の原因は分からないほどになってると
思います。
| せつら | 2007/12/02 19:54 |
せつらさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました。

この作品はショッキングでしたね〜
十数年前に、100日で100万人ものフツ族が虐殺されていたなんて...
昨日まで普通に会話していた隣人が、翌日には斧で襲い掛かってくる。
その恐怖は想像を絶することでしょう。
せつらさんの記事に書かれているように
こういう事実が合ったことを世界中の人たちが知るべきだと私も思います。
「ルワンダの涙」もずっと気にはなっているのですが観る覚悟がなかなか...
アフリカを題材とした作品では「ツォツィ」も心を揺さぶられました。
無力ではあるけれど、まずはアフリカの過去・現状を知ることから始めたいと思います。

| Any | 2007/12/04 23:27 |
こんにちは♪
コメントありがとうございます(*^_^*)
ホアキンが好きで観た映画でしたが、心に響く良い映画でいろんなことを考えるきっかけをくれた作品でした。
こういう映画は、もっと多くの人に観てもらえるといいですよね♪
| piyo | 2007/12/05 12:01 |
Anyさん今晩は!
虐殺が起こってからは酷かったですね、描写的には「ルワンダの涙」
のほうが激しかったけどこの作品も夜に食料を買い出しに行った帰りに
川の畔を走っていたときのシーンは見ている私も声が出ませんでした
どうして同じ国民同士でこれほどのことができるんだって、他国に
められたわけじゃなく同じ国に同じ町に同じ村にすんでる人なのにって
「ツォツィ」南アフリカで生きる少年達の実情が悲しかったですね
| せつら | 2007/12/05 21:23 |
piyoさん今晩は!

ホアキン演じるカメラマンの台詞が重かったですね・・・しかし安全な
国に住む私たち先進国の人たちはまさにその通りなんですよね、何もできない
というのも悲しいです。せめてこういう作品を広めてこういうことが実際に
起こってるんだとみんなに知ってもらいたいですよね
| せつら | 2007/12/05 21:27 |
せつらさん★こんばんわ。
良い作品というのはどれだけ時間が経っても
やはり心に残ります。これもそのひとつですね。
最後に流れる歌が心に響きました。

ドン・チードルはどんな気持ちで演じたのでしょうね。
| うさこ | 2008/01/07 22:20 |
うさこさん今晩は、この作品はずっと手元に置いてあったんだけど
見てなかったんですよ、去年ようやく見て衝撃を受けました
もっと早く見てれば良かったよ、とにかくこんなことが
現実に起こっていたっていうのが悲しいですね、ドン・チードルは
本当にどういう思いだったでしょうね、できればこの年の
オスカー
彼に取らせたかったよね
| せつら | 2008/01/08 19:23 |
せつらさん、コメントとTBありがとうございました。
思い作品だと思って、なかなか手が出せませんでしたが思い切って見て本当に良かったと思います。
こういう出来事は知っておかないと人としてダメなような気がします・・・。
「ルワンダの涙」もまた重そうですね。少し時間を置いてから観ようと思います。
| shake | 2008/08/08 23:36 |
shakeさん今晩はエコーありがとうございました。
ルワンダ紛争を描いた作品と分かっていたのだけど
思った以上に重くてハードな内容でした。
ルワンダの涙も同様の事件を白人の視点から描かれ
てますよ
| | 2008/08/09 20:02 |
ニック・ノルティ演じる大佐、
声も渋いけど役どころも渋くって素敵でしたね。
でも、残念ながらあんな人ばかりじゃないんだろうね。
って言うか、あんな人そうそういないんだよね。
なんか自分に置き換えて観てしまうから、
こうゆう映画は観るべきだけど、観ていて辛いですね。
| miyu | 2008/08/25 23:09 |
miyuさん今晩は!

ニック・ノルティー演じる大佐さん良かったですね、自分の力
意志ではままならない現実に対する苦悩が見て取れました
おなじ国民なのに部族間で赤ちゃんを巻き込んで殺しあいをする
なんて考えられないよね、日本が平和すぎるのかな・・・
| せつら | 2008/08/27 20:01 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1453
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2007/11/25 08:27 |
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1994年、ルワンダの首都キガリ。多数派のフツ族と少数派のツチ族の 内戦はようやく終息したものの街は依然不穏な空気に包まれていた。 ベルギー系の高級ホテル“ミル
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/11/25 11:30 |
WOWOWで鑑賞【story】1994年、アフリカ中部にあるルワンダで、ツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突『ルワンダ紛争』が勃発した。フツ族過激派が、ツチ族やフツ族の穏健派を100万人以上虐殺するという状況の中、1268人を自分が働いていたホテルで匿ったポール・ルセ
| みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2007/11/28 11:55 |
「愛する家族を守りたい」 ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った。 ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション 難しいことは書けないので、ちょっとした感想で失礼します m(_ _ )m 主役のドン・チードルも脇のニック・ノルティも 今までのイメ
| ミチの雑記帳 | 2007/12/02 16:44 |
映画館にて「ホテル・ルワンダ」★★★★★ 1994年、アフリカのルワンダで内紛が大虐殺に発展し100日で100万もの人々が惨殺された。たった十数年前のことだけれどどれだけの人がこの事件を覚えているだろうか。 この映画を見ることによって「アフリカのシンドラー」と
| +++ Candy Cinema +++ | 2007/12/04 23:29 |
【英題: HOTEL RWANDA 】 ◆監 督   ・・・ テリー・ジョージ ◆脚 本   ・・・ ケア・ピアソン / テリー・ジョージ ◆CAST   ・・・ ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・ヘ
| the borderland  | 2008/01/05 20:35 |
朝10時からの上映に間に合うように40分ほど前に行ったのに既に満席!立ち見はあったけど、これは腰をすえて観たい作品だったので、12時20分のチケット購入。すぐ観るつもりだから本もなく、3時間待ちは辛かったです。(近くに何もないとこなんで) しかも次の
| シェイクで乾杯! | 2008/08/08 23:38 |
こういう重たい作品は年に数本しか観ないのだけれど、一度は観ておくべき作品ではないかと思う。
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/25 20:13 |
 コチラの「ホテル・ルワンダ」は、1994年アフリカのルワンダで起こったツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突”ルワンダ紛争”、フツ族がツチ族を120万人以上虐殺したこの紛争の最中、1200人以上のツチ族を危険を顧みずに自分のホテルに匿った実在のホテルマンの