B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『リトル・ヴォイス』
JUGEMテーマ:映画
リトル・ヴォイス 制作年:1998年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:99分
 原題:LITTLE VOICE
 配給:角川エンターテイメント
 監督:マーク・ハーマン
 主演:ユアン・マクレガー
     ジェイン・ホロックス
     ブレンダ・ブレシン
     マイケル・ケイン

自閉的で話しもできない少女が、愛と音楽により成長する姿を感動
的に描く。亡き父が残したレコードを聴くうちに、エルヴィは歌手
の歌声そのままに歌えるようになっていた


主人公リトル・ヴォイス(以後LV)がとても魅力的でした。この役は
ジェーン・ホロクスという女優さんなんですが、実は全然知らない女
優さんでした。
ミュージカルの方でも主演をはっているそうでさすが舞台女優さん、
とっても表情の作り方がうまくて見入ってしまいました。
すっごいかわいらしいですよ、前半はとにかく口数が少なくて、しゃ
べってもぼそぼそっと何せ電話にでても恥ずかしくてしゃべれなかっ
たりします。そのぶん表情がとっても豊かで台詞が少なくおとなしい
主人公なのに存在感がありました。
また。鳩が大好きな青年の役がユアン・マクレガーで、やはり口数の
少ない役でしたが彼もまた見事な演技でした。この二人が出会いだん
だん近づいていくんだけど大丈夫なのだろうか・・・っって心配でし
たがしかし、LVがしゃべらないぶん母親がうるさいうるさい、ずっと
しゃべりっぱなし口を閉じたら死んじゃうんじゃないか?って思った
よ、この母親がこにくたらしいんですよだからよけいにLVに感情移入
しちゃったのかもね、物語もなんだかファンタジックでよかったです
大人の汚い部分もでてたけど、人前では恥ずかしくて歌えないLVがス
テージに立ったとき大好きだった父親の幻影が見えました。
彼女は父親に自分の姿を歌につづって歌っていました。
その姿がすっごくかがやいてたな〜
あと脇役ですが、向かいにすんでいいるオデブの女性がすっごい魅力
的だった。動きが可笑しい〜〜、それに何下に優しいんですよね、LV
に対しても親切で彼女が舞台に上がり歌ったとき本当にうれしそうで
した。台詞は二三回ほどしかないんだけど動きだけで存在感があった
よ、何下に彼女に注目していると面白いですよ
ラストでの今まで黙っていた鬱憤というか、母親に対してのわだかま
り思いのたけをぶちまいたLVがとても気持ちよかった。彼女はずっと
ため込んでいたんだろうね 


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 09:16 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんわ。コメント&TBありがとうございました。

口数が少ない主人公なのに、あんなにも感情が伝わってきたのはやはりこの映画が素敵なんだからでしょうね。
言葉だけでは伝わらない想いが歌となって観客の心に響く。

本当にいい映画ですよね。ユアン・マクレガーが出演しているのに、未だに知名度が低いのが悔しいかぎりです。
| にゃむばなな | 2007/11/23 21:13 |
にゃむばななさん今晩はエコーありがとうございます

話さなくても思いは伝わるそんな作品でしたね、歌のメッセージせい
は素敵ですね
そうですねユアンさんはいい役者さんなのにいまいち知名度が低いですよね
| せつら | 2007/11/24 19:31 |
そうそう!
この映画の母親ってイヤだった〜。
しかも、最後までやだったから、
それがなんか映画の印象を悪くしてしまう程でした。
映画自体はとてもステキな作品で、
おっしゃるようにその分LVに感情移入出来るんだけどね〜。
| miyu | 2007/11/24 21:45 |
miyuさんいらっしゃいませ

ほんと嫌な母親でしたね、最後まで嫌なままだったけど最後には
LVも思いの丈をぶちまけてくれたので見ているこちらも気分が
すっきりしました。
| せつら | 2007/11/25 12:55 |
こんにちわ♪
TBとコメントありがとうございました☆
ステキな映画ですよね。
何といってもLVの歌真似は素晴らしかったです。
それから、向かいに住んでいる太ったおばさん、
そういえば台詞はあまりありませんでしたけれど、
可笑しくて妙にインパクトがありましたね♪

これからもどうぞよろしくお願いします♪
| tess | 2007/11/27 05:12 |
tessさん今晩は、コメントありがとう!

無口な少女LVですけど歌うことによって彼女の感情が伝わってくる
気がしました。
彼女だけではなく彼女の周りにいる人たちが素敵でしたね〜
母親も最後まで嫌な感じではあるんだけどあれはあれでLVを愛してる
って分かります。
素晴らしい作品でした。
| せつら | 2007/11/27 22:06 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1449
| めでぃあみっくす | 2007/11/23 21:10 |
『ブラス!』のマーク・ハーマン監督作品というだけあって、地味なんですが心が温かくなる良質なイギリス映画。個人的にはユアン・マクレガー出演作の中で一番好きな映画なんですが、世間の認知度は極めて低いんですよね〜。 確かにこの映画が公開された当時は、のち
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/24 20:52 |
 LV(ホロックス)は、母親のマリー(ブレシン)と二人暮らしなのですが、内気でいつも父親の形見のレコードを聴いていました。  鳩の飼育が趣味でこちらも内気なビル(マクレガー)は、LVの家に電話の工事に来ます。LVとビルは互いに惹かれあいます。  母親のボー
| 映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記 | 2007/11/25 12:35 |
「ブラス!」のマーク・ハーマン監督によるミュージカルを映画化した感動作、「リトル・ヴォイス 」の感想です。ジム・カートライトの戯曲『The Rise avd Fall of Little Voice』を基にマー...
| かなやす日記 | 2008/04/16 17:29 |
14日にBSフジで放送していた映画、「リトル・ヴォイス」を見ました。 内容はひきこもりがちで声が小さいレコード好きの少女がいまして、その少女がレコードを聞いてる途中で停電になった際に、突然歌いだし、その歌声に母親の恋人が聞きほれて、キャバレーに出演し