B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『レナードの朝』
JUGEMテーマ:映画
レナードの朝 制作年:1990年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:120分
 原題:AWAKENINGS
 配給:ソニーピクチャーズ
 監督:ペニー・マーシャル
 主演:ロビン・ウィリアムズ
     ロバート・デ・ニーロ
     ジュリー・カヴナー
     ルース・ネルソン

1920年代に流行した嗜眠性脳炎によって、30年もの間、半昏睡状態の
レナードは、意識はあっても話すことも身動きもできない。彼に強い
関心を抱いた新任ドクターのセイヤーは、レナードに試験的な新薬を
投与し、機能回復を試みる。そしてある朝、レナードは奇跡的な“目
覚め”を迎えた…。


だいぶん昔に見ていてレビューも書いてるはずだったんだけど調べて
みたらレビューがなかったのでまた借りて再見しました。
やはり素晴らしい作品は何度見ても素晴らしいですね、改めてデ・ニ
ーロとロビンの演技に脱帽です。
特にデ・ニーロの演技には鬼気迫るものがあるんだけどこのころのロ
ビンが物怖じもせず自分の演技をしっかり披露したことが素晴らしい
ですよよく圧倒されずに自分を貫いたなと感心します。
2人の演技がよりストーリーに厚みを増してくれましたし彼らだけで
はなく他の患者を演じた方々も嗜眠性脳炎にかかった姿を見事演じて
ましたね、彼らが目覚めた後突如個性が宿りそれぞれがそれぞれの個
性を披露する様は目を見張りました。
悲しいのは薬の効き目はそんなに長くは持たなかったこと最初に再発
し始めたレナードは見てられなかったですね、本の短い時間で自我を
もち好きな女性まで出来たのにあんまりです。
30年間の眠りのうちまた永い眠りにつかなければならない、ではセイ
ヤー医師とそのスタッフ達の努力は無駄なのか、彼らが再び眠りにつ
いた後彼らをまた起こす努力は無駄なのだろうか?そうは思いたくな
いですね、患者は彼らだけではないわけだし彼らを起こそうとした努
力はきっと他の人たちを起こす糧になると思う、医療の発達した今で
もそれは無理なのでしょうか?今どういう状況なのか知りたいです。
一つの難病に立ち向かった医師達の実話を元にしたドラマでした。
キャッチコピー「実話には本物の感動がある」まさにその通りだと思
った。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 18:22 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
レビューを拝見して、あたしも同じような気持ちで
記事を書いたので、わぁ〜同じだわぁ〜と
嬉しくなりました。
この映画を観るとそんな思いが湧いてきますよね。
うんうん、ステキな映画でしたね。
| miyu | 2007/11/20 22:21 |
タイトルは有名で知っていたのですが
見たことがない作品なので借りることにしました♪
キャストを拝見しただけで、
いい作品にならないわけがない、って感じがします。

ところでコメントありがとうございましたm(_ _"m)
同じような内容のコメントを
こちらにも、私のブログにも書いちゃいました(´∀`;A
| プー子 | 2007/11/21 10:13 |
>miyuさん
エコーありがとうございます。同じ感想だったのは
嬉しいです。
彼らの努力は否定できないですよね、いつかきっと報われることを
祈ってます。
短期間でもあれだけはっきりと目が覚めたんですから、その短期間
の思い出を無駄にはできないですよ
| せつら | 2007/11/21 21:51 |
>プー子さん
今晩は!コメントありがとう、借りることにされましたかそれは
嬉しいですよ、この作品は本当に素晴らしい作品なのでたくさんの人に
見てもらいと思ってます。
この記事で輪が広がれば素晴らしいな
コメントのことは気にしてないですよ、女性と間違われるのも
頻繁なことだし(^^;
| せつら | 2007/11/21 21:55 |
おはようございます。
この映画にかなり泣かされてしまいました。
デ・ニーロ、凄かったですよね。
あっという間に引き込まれてしまいました。
役になりきったデ・ニーロとは対照的に
静かな演技のロビンにも感動しました。
デ・ニーロが窓から見つめるシーンは
何度も見てしまいます。
| ろびん | 2007/11/22 07:35 |
ろびんさん今晩は!コメントありがとう!
この作品は泣かされましたね〜前半そして中盤みんなが目覚めて
そして後半再発してそれぞれで見せ場がありましたね、なんと言っても
役者さん達それぞれが素晴らしい演技を魅せてくれていました
実話の重みが凝縮された作品ですね
| せつら | 2007/11/22 19:59 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1443
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/20 21:09 |
 コチラの「レナードの朝」は、精神科医のオリヴァー・サックスさんの実体験をモトにしたノンフィクション著作の映画化で、2人の素晴らしい俳優ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズの夢の共演が見られるちょっと贅沢なヒューマン・ドラマです。  静と動、
| Watch IT! | 2008/09/15 14:13 |
長い間半昏睡状態が続いていたレナードが 目覚める。 人間とはなんのために生きているのか 考えさせられます。 ~・~・~・~・~・~・~・~ もし俺が植物状態に陥ったら 生きていたいと思うのだろうか?? それとも・・・・ 人間とは弱い生き物です。 評価 : 5/10
| pure's movie review | 2010/02/15 00:56 |
1990年 アメリカ作品 120分 COLTRI配給 原題:AWAKENINGS STAFF 監督:ペニー・マーシャル 脚本:スティーヴン・ザイリアン CAST ロバート・デ・ニーロ ロビン・ウィリアムズ ジュリー・カヴナー ルース・ネルソン ジョン・ハード 死別が最も辛い別れだと思って