B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ツォツィ』
JUGEMテーマ:映画
ツォツィ 制作年:2005年
 制作国:南アフリカ・イギリス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:95分
 原題:TSOTSI
 配給:アルバトロス
 監督:ギャビン・フッド
 主演:プレスリー・チャイニエハエ
     テリー・ベート
     ケネス・ンコースィ
     モツスィ・マッハーノ

人種差別の意識が根強く残る南アフリカのスラム街を舞台に、ツォツィ
(=不良)と呼ばれるギャングの少年が、ある出来事をきっかけにどん
底から生きる希望を見出していく姿を描く。


南アフリカの作品は初めて見たけど素晴らしいですね、この作品もまた
南アフリカの実情を描いているわけでハーレムに棲む人たちそして孤児
達の生きていく力というものが描かれていると思う、貧富の差も感じさ
せられました。
一人の青年不良という名を持つツォツィを中心に生きること子供の大切
さなど描かれてますね、はっきり言って安全な日本でゆくゆくと育って
きた私たちなんて彼らから見たら甘いんだろうな、どんな苦労をして育
ても・・・そんな私たちがこの作品を見て南アフリカで生きることがど
んなに凄いことなのか幼い子供の頃から自立心がなければ生きていけな
いと言うのがどういうことなのかこの作品を見て学ぶべきだと思う
ましてや日本で「赤ちゃんポスト」なぞ設置しなければいけないってど
ういうことって思うよ、この日本で子供小育てられない、育てる自信が
ない自分が可愛いから子供は足かせだなどと言う理由がちゃんちゃら笑
わせる、この恵まれた安全な日本でだよ愚かだよな〜
脱線しましたが家族から逃げてハレー無で自分一人で生きてきた悪のツ
ォツィが車を奪った中にいた子供を連れて返ったことで自分の子供時代
をフラッシュバックさせ「母親の愛情」を思い出す。
子供を育てることで彼は次々と憑き物が落ちていき家を飛び出す前の
あのころを強く求めるようになる姿が良く描き出されていたと思います
主演を演じた子が素晴らしかったですね、序盤でのあの険しい顔つき
何も信じないとう顔つきが次第に和んでいきラストのあの涙顔になるわ
けで素晴らしい役者さんだと感心しました。
ラストは全員が理性ある行動をとったのは以外でしたが、子供の両親は
涙で顔をくしゃくしゃにした彼をよく許したと思います。
特に奥さんは彼のせいで子供を奪われ下半身不随にされたわけですから
最後はあっけない終わり方でしたがこれでも未来のあるラストだと思い
ました。ツォツィの今後の償いが気になるところですが・・・
ハリウッド映画だったら「その後」なんて出てくるんだろうけどね


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 17:41 | 【MOVIE】 | comments(20) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんにちわ。

アフリカを舞台にした作品は結構たくさん観ている方
なんですが・・・やっぱりそのたびに考えさせられること
は非常に多いです。

同じ人間として生まれてきているのに、
環境によってこんなにも生き方が変わってきてしまう
という不公平感にはいつも胸が痛くなります。
そして、日本に生まれてホントに良かったと
感謝しますね。

こういう作品は日本の腐った若者や親に観て欲しい
なあとつくづく思いますです。
| 睦月 | 2007/11/19 10:04 |
TB&コメありがとうございました。

主役の少年の演技力が光っていましたね。
目が良かった。

この映画ではいろんなことを考えさせられました。
単純なストーリーをストーレートに表現していて、かえって新鮮でした。

赤ちゃんポスト、利用した人がいるみたいですね。
日本の悲しい現実ですね。
| マダムよう | 2007/11/19 11:09 |
>睦月さん
そうですね生まれる環境でこうも違うなんてやりきれないですよね
まだ南アフリカよりも悲惨な地域は山ほどあります。
この状況は実は南アフリカだけではないんですよね、国の考え方
世界の考え方が変わらないとこの実情は変わらないんだと思う
私たち一人一人の気持ちを変えるのがまず第一歩かもしれないですね
| せつら | 2007/11/19 20:21 |
>マダムようさん
主役の人の鋭い眼光が素晴らしかったですね、次第に
顔から険しさが無くなりラストではあの涙顔です
彼の行いははっきり言えば非道ですでもラストでは
厚生の兆しがすっかり見えてましたね
| せつら | 2007/11/19 20:28 |
近々レンタル予定です。
せつらさんの評価が高くてよかった!
この作品がより楽しみになりました(*´∀`*)

映画とは関係ありませんが、
せつらさんのことをずっと女性だと思っていました!
文章の感じとか、雰囲気とかで
勝手に判断してしまっていたんです。。。
お詫び申し上げます~(m´Д`)m
あと大分はうちの母の実家でよく行きます♪
せつらさんが大分と知って
なんだかうれしくなってしまいました♪
| プー子 | 2007/11/20 15:04 |
せつらさん、はじめまして♪
TB&コメントありがとうございました。

アフリカを題材とした作品が続く中、
これは私にとってかなり衝撃的でした。
あの街にはアパルトヘイトの爪痕があそこまで残っていたとは。
日本で暮らす我々に幾つものメッセージを投げかけられた気がします。
重たいながらも、希望を感じるラストには泣けて泣けて仕方なかったです。
個人的には、R-15にせず日本の沢山の若者にも観て欲しかったですね。
| Any | 2007/11/20 16:37 |
>プー子さん
コメントありがとうございます。プー子さんも鑑賞予定なんですね
貧困に苦しむ南アフリカの子供達の実情が描かれていて凄く
考えさせられる作品ですよ、プー子さんの感想が楽しみです。
女性に間違われるのはかなり多いのでもう慣れちゃってます
なので全然気にしなくてOKですよ、プロフィールに性別載せてるんだけど
誰も見ないようです・・・
たぶん言葉使いと一人称が私なので間違われやすいのかな?
| せつら | 2007/11/20 21:15 |
>Anyさん
初めまして、エコーありがとう!
アフリカを題材にした作品近年多くなりましたね、でもそれだけ
南アフリカの実情が世界に発信されるのはいいことかも知れませんね
この作品も貧困に苦しむ子供達がリアルに描かれてました
考えさせられる作品です・・・ツォツィの涙は私たちの涙でもあ
るんですね、私もR-15指定にするよりもむしろ彼らにみせるべき
作品だと思います。
大人達はまだこの作品の本質を理解していないと思わされますね
| せつら | 2007/11/20 21:19 |
こんにちは☆
主役の男の子が良い演技してましたねー。
ラストは前向きな感じで終わって良かったです。
いくつかのラストがあったみたいですが公開版で良かったかなと。
最近はなんでもR-15指定されてますが、その世代の子に観て欲しいと思うんですけどね。
| ゆかりん | 2007/11/22 12:57 |
ゆかりんさん今晩は、コメントありがとう!
そうそう、主演の子の表情が素晴らしかったですね、行った犯罪は
絶対に許せることではないけど彼はそのあとで自分を見つめ直し
構成していきましたよね、最後のあふれる涙は最後に希望がもてるものでした。
このような作品こそみんなに見られるべきだと思う
| せつら | 2007/11/22 20:32 |
そういえば、コレあたしは劇場で観たのですが、
アナザーエンディングがDVDにはあるそうですね。
確かに、ハリウッドだったらその後をご丁寧に見せて
くれちゃうのでしょうね(^-^;
でも、この監督次回作はあの「ウルヴァリン」ですよね。
思いっきりハリウッドに飛び込んでどうなるのかも
気になるところです〜。
| miyu | 2007/11/27 22:48 |
miyuさん今晩は!コメントありがとう
私はレンタルで借りたんですけど特典映像にてアナザーエンディング
確かに収録されてましたよ、でもあえてみませんでした。
こちらのエンディングのほうが気に入ってるので、しかしハリウッドは
どうなってるの?って感じですね、この監督さんで「ウルヴァリン」
はないんじゃない?って感じです。
| せつら | 2007/11/28 21:35 |
TB&コメント、どうもありがとうございました♪

ツォツィがフラッシュバックして、自分の
幼かった頃を思い出すシーンが一番印象的でした。
赤ちゃんに母乳をあげてる彼女を見る目も
こんな目も出来るんだ、と感動したし。

南アの現実も厳しいんですね〜・・・
貧富の差もかなりありそうだったし。

他のエンディングをご覧にならなかったんですね。
それが正解!です^^
見なきゃ良かった〜、と思いましたもん。
原作と同じにしたというエンディングも、
さらにそこから考えられた別のエンディングも
どちらも本編のよりも良くなかったです。
監督のその部分に関するコメントも聞かなきゃよかったな、と思いました。
そこでスーッと冷めちゃったので(^^;;)
| メル | 2008/01/23 07:33 |
メルさん今晩は!

ツォツィの涙とフラッシュバックが涙を誘いますよね
南アフリカの貧困の差が悲しい現実として身にしみます
別バージョンのエンディングは最初から見ませんでしたよ
なんか噂で良いエンディングじゃないと聞いていたので
折角感動したのに・・・って感じで
| せつら | 2008/01/23 20:49 |
こんにちは!
ストレートな物語でしたが、主役の男の子の演技が素晴らしく、メッセージも素直で、凄く心に沁み入りました。
南アの貧しい地区の子どもたちを観るのは辛かったですね〜
高級住宅街で暮らす人々との貧富の差も凄まじくて・・・分かってはいても改めて愕然としました。
| 由香 | 2008/02/06 11:38 |
ストーリーは思ってたよりハードでメッセージ生の強い作品でしたね
南アフリカのスラムで生きていくと言うことがどれだけ凄いことか
安全な国で生まれ育った私たちにはなかなかわかりにくいですね
主人公を演じた子の演技に胸を打たれました。
| せつら | 2008/02/06 21:38 |
せつらさん こんばんは

確かに、治安がよくて豊かなもので溢れてるわが国に住んでて
あれこれ不満を言ったり 育児放棄したり
学校サボったりするのは なんて罰当たりなんだろうと
この映画を観て思いましたね。
これは性善説の観点にたった物語で
とても癒されるものを感じました。
| なな | 2008/02/17 22:26 |
ななさん今晩は!

南アフリカの実情を考えると日本は凄く恵まれてるよねなのに
犯罪が多いというのは甘えてるって思う、この作品はどん底の
生活を少年が赤ちゃんを手に入れることで自分を取り戻す
というななさんがおっしゃるような性善説の観点で描かれてましたね
まさに少年達に見てもらいたい作品なのにR-18というのが気に入らないよね
| せつら | 2008/02/19 20:37 |
せつらさん、こんにちは(^^)
素晴らしい作品でしたね〜。
本当にツォツィを演じた役者さんが
見事で、彼の表情の変化は本当に秀逸でしたね。
| りら | 2008/07/20 12:17 |
りらさんこんにちはエコーありがとう!
ストーリーもさることながらやはりツォツィを演じた
方が素晴らしかったですね、彼のあの演技がなければまた
違ったかもしれませんそれほど彼の演技がリアルに思えました。
| せつら | 2008/07/21 09:09 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1440
| マダムようの映画日記 | 2007/11/19 11:25 |
ーツォツィー 2005年 南アフリカ/イギリス ギャヴィン・フッド監督  プレスリー・チュエニヤハエ(ツォツィ)テリー・フェト(ミリアム)ケネス・ンコースィ(アープ)モツスィ・マッハーノ(ボストン)ゼンゾ・ンゴーベ(ブッチャー)ZOLA(フェラ)ジェリー・モフ
| +++ Candy Cinema +++ | 2007/11/19 18:17 |
【英題:TSOTSI】 監督/脚本 ≪ ギャヴィン・フッド 原作    ≪ アソル・フガード 製作年度 ≪ 2005年 日本公開 ≪ 2007年4月14日 上映時間 ≪ 1時間35分 製作国   ≪ イギリス/南アフリカ 配給    ≪ 日活 /イン
| amapola | 2007/11/19 20:52 |
製作年:2005年 製作国:南アフリカ UK 監督:ギャヴィン・フッド 出演:プレスリー・チュエニヤハエ テリー・フェト 六本木TOHO Story南アフリカ、ヨハネスブルクの旧黒人居住区ソウェトのスラム街。アパルトヘイトの爪痕が今も残るこの街に、誰にも本名を明
| 藍空放浪記 | 2007/11/19 23:05 |
シンプルすぎるほどのストーリーなのだがそれだけに強い印象を与える、そんな映画だった。 主人公は仲間から「ツォツィ」=ごろつき、不良と呼ばれている。太っちょのアープが「今夜どうする?」とツォツィに聞く。彼らは4人一組になり毎晩窃盗などを繰り返している
| カリスマ映画論 | 2007/11/20 20:32 |
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ その小さき存在に生への希望をみた・・・  
| 小枕草子 | 2007/11/21 07:26 |
今年鑑賞第12作目、「ツォツィ」。 僕の住んでるところでは、上映期間が短く、急いで観てきました。 でも、この映画、いろんな人に観てもらいたいな。 R-15指定だけど、中学生にもホントはぜひ!
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/11/22 12:54 |
【TSOTSI】R-152007/04/14公開 ツォツィ・・・日本人には発音しにくい名前。発音はトッツィーに聞こえたので、ふと女装のおっさんを思い出してしまった、、、
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/27 21:19 |
 『拳銃を持つその手で、小さな命を拾った。』  コチラの「ツォツィ」は、2006年アカデミー賞外国語映画賞をアフリカ映画としては初めて受賞した作品で、4/14公開となったパワフルなヒューマン・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ツォツィ<不良>と
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2007/12/27 23:49 |
あらすじツォツィ=不良と呼ばれるその少年は、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返し、怒りと憎しみだけを胸にその日を生き延びていた。ある日、ツォツィは、奪った車の中にいた生後数ヶ月の赤ん坊と出逢う・・・。感想不良の品格南アフリカでツォツィ(不良)と名
| 映画大好き☆ | 2007/12/28 00:10 |
ツォツィ監督:ギャヴィン・フッド出演者:プレスリー・チュエニヤハエ、 テリー・ペート、 ケネス・ンコースィ、 モツスィ・マッハーノ収録時間:95分レンタル開始日:2007-10-05Story2006年アカデミー賞外国語映画賞ほか数々の賞を受賞した感動作。人種差別の意識が根
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/01/23 07:25 |
ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組)Happinet(SB)(D)このアイテムの詳細を見る 南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街。この街に、誰にも本名を明かさず、不良を意味する “ツォツィ”(プレスリー・チュエニヤハエ)を名乗る一人の青年がいた。彼とその仲間たち
| いけこのDVD鑑賞記 | 2008/02/03 21:48 |
ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組)プレスリー・チュエニヤハエ.テリー・ベート (2007/10/19)Happinet(SB)(D)この商品の詳細を見る 2005年 / イギリス・南アフリカ / 95 minutes 出演 : プレスリー・チュエニヤ
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/02/06 11:31 |
レンタルで鑑賞―【story】南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街に暮らすツォツィ(プレスリー・チュウェンヤガエー)は、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返していた。ある日、高級住宅街にやってきた彼は車を運転していた女性を撃って逃走。やがて、強奪した
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2008/02/17 22:20 |
2006年度アフリカ映画としては初のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した,南アフリカのヨハネスブルグが舞台の 究極の不良少年更正物語。予告編で,そのストーリーのシンプルさは予想できたので,「退屈しないかな」とやや危惧しながらの鑑賞だったが,冒頭,スラ
| りらの感想日記♪ | 2008/07/20 12:18 |
【ツォツィ】 ★★★★ DVD(74)ストーリー 南アフリカ、ヨハネスブルクの旧黒人居住区ソウェトのスラム街。アパルトヘイトの爪痕が今も残る
| さむこの部屋 | 2008/08/17 22:52 |
南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街に暮らすツォツィ。 ある日、高級住宅街にやってきた彼は車を奪って逃走。 しかし、車の後部座席には生後間もない赤ん坊が・・。 「善き人のためのソナタ」に続いて、アカデミー賞外国語映画賞受賞作品の鑑賞です。
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/10/24 23:12 |
『ツォツィ』を観ましたアパルトヘイト後も続く南アフリカの過酷な現状と、未来への希望を見つめ、2006年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した感動作です>>『ツォツィ』関連原題:TSOTSIジャンル:ドラマ/犯罪上映時間:95分製作国:2005年・南アフリカ/イギリス監督・
| mama | 2008/10/29 21:01 |
TSOTSI 2005年:イギリス・南アフリカ 原作:アソル フガード 監督:ギャヴィン・フッド 出演:プレスリー・チュエニヤハエ、ケネス・ンコースィ、テリー・ベート、モツスィ・マッハーノ、ジェリー・モフォケン、ゼンゾ・ンゴーベ 南アフリカ、ヨハネスブルグ