B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『善き人のためのソナタ』
JUGEMテーマ:映画
善き人たちへのソナタ 制作年:2006年
 制作国:ドイツ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:138分
 原題:DAS LEBEN DER ANDEREN
 配給:アルバトロス
 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
 主演:ウルリッヒ・ミューエ
     セバスチャン・コッホ
     マルティナ・ゲディック
     ウルリッヒ・トゥークル

84年、東ドイツの国家保安局のヴィースラー大尉は、劇作家・ドライマ
ンとその恋人で舞台女優のクリスタが反体制的であるという証拠を掴む
ため監視を始めるが、次第に彼らの世界に魅入られ…。


素晴らしい作品でした。とにかく脚本も構成も演出も俳優さん達も総て
最高水準でしたね上映時間は2時間半という長い作品なのに本当にあっ
という間でした。
もう終わり?って時計を見てみるとやはり2時間半すぎてるんだよね本
当に素晴らしい作品は時間を忘れさせるものなんだとつくづく感じまし
た。
まだドイツが東と西に分かれていた時代東ドイツでは国が市民を監視盗
聴をすることが公然とされていました。
主人公のヴィースラーは国に忠誠を誓う石頭で融通の利かない典型的
なドイツ軍人でしたが彼がターゲットにした劇作家のドライマンを徹底
的に監視盗聴するうちに彼の劇への情熱と恋人との本気の愛に次第に心
を溶かしていきます。
そんな中ドライマンの弾くピアノから流れてきた「善き人たちへのソナ
タ」ソナタを聴いて彼はドライマント恋人を救おうとします。
一人の男を監視し国への裏切りの証拠を見つけて陥れるはずの彼が国
から目をつけられた劇作家を救おうとするわけです。
面白いのは盗聴記録をつけているんだけど決して嘘を書いてるわけで
はない点ですね、ありのままを書いてはあるんだけどそれはあくまで
も耳に聞こえてくる言葉を素直に書いてるだけと言うところがうまい
なと思った。
彼らを守っていく上で姿を見せられないもどかしさを抱えつつ自分が
不利になるのを覚悟の上で2人を見守っていくヴィースラーでも彼は
盗聴監視そして取り調べのエキスパートではあるけど工作員としては
だめでしたね、シュタージより先周りして証拠を盗み出したはいいけ
どバレバレでした。でもあの段階ではばれることを承知での行動だっ
たのかもしれません、あの段階でクリスタに自分の本意を語っていた
らまた違う展開だったかもしれないと思うとやりきれないですね
彼は2人とも救いたかったのに・・・ラストは素晴らしかった。
こんな素晴らしいラストはそうないですね、ドライマンは彼を救って
くれたのが誰なのか知りましたそして彼に近づくことも出来た。
合ってお礼を述べたいという気持ちをぐっとこらえて彼はヴィースラ
ーに感謝を込めた本を執筆そしてその本がベストセラーになった・・
・しがない郵便配達をするヴィースラーは本屋の店頭でドライマン
のポスターと本が目につく店に入りページをめくると・・・店員に
プレゼント用に包装するかと聞かれて誇らしげに「これは私への本だ」
と語ったその姿に涙しました。
またドライマンが当時彼を監視するよう命じていた男に何故私にだ
けは監視がつかなかったんだと聞いて「いや監視していたそれも徹底
的にね、君の総てをこちらは把握していた」と言う言葉にそんな馬鹿
なと愕然とする姿に「では何故?」という疑問が彼の顔に浮かんでい
たのが印象的でした。そのとき彼は第三者に守られていたんだと言う
ことに気がつくんですね、彼の誠実さと愛情がきまじめで愛国心の
固まりのヴィースラーの心を溶かし救ったのです。
素晴らしい作品でした。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 09:28 | 【MOVIE】 | comments(8) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは〜
この作品は泣けましたね。
ドイツ映画は「Uボート」以来でしたが、
なんといってもLASTが秀逸でした。ハリウッドだとこういう事にはならない気がします。
時間に正確な主人公が延長を断られるシーンは印象的でした(^^;
ということでTBお願いします。
| ワトソン | 2007/11/18 20:25 |
ドイツ作品は未公開でも結構面白くて楽しい作品も
レンタルされてますよ、ハリウッド作品よりも面白いです
ラストのシーンは印象的でした。あの優しい笑顔と台詞は
忘れられませんね
| せつら | 2007/11/18 21:35 |
そうですよねぇ〜。
あのラストのヴィースラーの誇らしげな表情が何ともいえない
そして、余韻が残る映画でしたよねぇ〜。
こうゆう余韻に浸れる作品っていいですよね(・ω・)bグッ
| miyu | 2007/12/01 23:17 |
miyuさん今晩は!

ラストのあの表情とあの台詞は素晴らしい演出でしたね、まさに彼の苦労が
報われた瞬間でした。
主人公も彼を見つけたときにそばに行かずに黙って帰ったときは
合わなくても自分の心を贈る手段があることを悟ったんじゃないですかね
| せつら | 2007/12/02 19:27 |
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
ラストシーンが素晴らしかったですね。
あの時見せたヴィースラーの笑顔は最高でした!
全体的に重苦しい感じがありましたが、最後まで適度な緊張感のある良い作品でした。
それにしてもたった20年程前を描いた映画なんですよね〜
それが何だか不思議な気がしました。
起こっていることはもっともっと昔のことのようでした。
| 由香 | 2007/12/09 09:54 |
由香さんこんにちは、エコーありがとう!
ラストシーンのあの笑顔そしてあの台詞は最高でしたね
主人公も実際にそばまで行っていてその場でお礼を言えたのに
あえてあの演出を選んだのも分かる気がします
きっとあの本にはヴィースラーさんに対する感謝の気持ちが
たくさん込められてることでしょうね
| せつら | 2007/12/09 11:55 |
せつらさん、こんばんは(^^)
素晴らしい作品でしたよね〜。
ラストシーンで、なんで、ヴィースラーに会ってかないの?
って、一瞬呆気にとられたんですが、その後の本屋のシーンを見て納得。
本当にとっても感動しました〜(^^)
| りら | 2008/06/17 20:07 |
りらさん今晩は!

そうそう、私もあのシーンでドライマンが車に引き返したときに
あれ?って思いましたよ、結局出会うことをよしとせず
本という形で感謝を表しましたね、それはシュタージの人から
自分は助けられたと言うことをドイツ国民に知ってもらうと言う
意味合いもあるよね
| せつら | 2008/06/18 19:25 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1436
| カリスマ映画論 | 2007/11/20 20:31 |
【映画的カリスマ指数】★★★★★  芸術と良心が打ち破った支配の壁  
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/29 21:15 |
 『1984年、壁崩壊直前の東ベルリン。 盗聴器から聞こえてきたのは、 自由な思想、愛の言葉、そして美しいソナタ・・・。 それを聴いたとき彼は、生きる歓びにうち震えた――。』  コチラの「善き人のためのソナタ」は、2/10公開になったアカデミー外国語映画賞
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/12/09 09:47 |
WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう
| シネマ・ワンダーランド | 2008/02/04 01:37 |
旧東ドイツの監視社会を描いた映画「善き人のためのソナタ」(原題:他者の人生、2006年、独、138分)。2006年のアカデミー外国語映画賞やNY批評家協会賞などを受賞。監督は弱冠33歳の新鋭フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。本作では、ファ
| 映画、言いたい放題! | 2008/02/12 10:11 |
とても話題になったので 是非観たかった作品です。 しかもアカデミー賞外国語映画賞受賞作品。 外国語映画賞部門は「海を飛ぶ夢 」私の趣味の作品が多いのです。 DVDで鑑賞。 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。 国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラー
| クマの巣 | 2008/02/25 05:39 |
「善き人のためのソナタ」、DVDで観ました。 正直あまりにアカデミー外国語映画賞を取った作品で好きなのがないのですが観ました。……まあまあでした。 崩壊前の東ドイツの政府が反逆者を見つけようとすることで起
| とんとん・にっき | 2008/04/08 22:49 |
「盗聴」とは、他人の会話や通信などを、知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為です。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられます。旧ソ連時代、在モスクワの外国公館すべてに盗聴器が仕掛けられていると
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/05/11 17:53 |
『善き人のためのソナタ』を観ました一党独裁の非人間的な監視国家であった旧東ドイツの実情、そのシステムの中で生きる人々の苦悩を、哀しくそして美しく描いたヒューマン・ドラマです>>『善き人のためのソナタ』関連原題:DASLEBENDERANDEREN   THELIVESOFOTHERSジ
| りらの感想日記♪ | 2008/06/17 20:07 |
【善き人のためのソナタ】 ★★★★☆ DVD(67) ストーリー 1984年、壁崩壊前の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラ
| さむこの部屋 | 2008/08/16 21:12 |
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツが舞台。 シュタージ(国家保安省)のヴィースラーは、劇作家のドライマンが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられ、盗聴器を通して彼らの監視を始めるが・・。 あちこちで評価が高く、気になっていた作品。 旧ドイ
| Yuhiの読書日記+α | 2009/04/21 23:40 |
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
| ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 | 2009/11/19 23:02 |
「善き人のためのソナタ」  人間不信からの解放   【原題】DAS LEBEN DER ANDEREN 【公開年】2006年  【制作国】独  【時間】138...