B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『レッスン!』
レッスン 制作年:2006年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:117分
 原題:TAKE THE LEAD
 配給:ギャガ・コミュニケーションズ
 監督:リズ・フリードランダー
 主演:アントニオ・ヴァンデラス
     ロブ・ブラウン
     ヤヤ・ダコスタ
     アルフレ・ウッダード

ニューヨークのスラム街。社交ダンス教室を運営するピエール・デュレ
インは、地元高校生の荒廃ぶりを目の当たりにして、生徒たちの更正に
社交ダンスで一役買いたいと自ら高校に乗り込んでくる。はじめはHIP
HOPしか知らない生徒たちに相手にされなかったピエールだったが、彼
の辛抱強い呼びかけに、次第に生徒たちも心を開き、いつしか社交ダン
スの魅力に惹かれていく。


社交ダンスと聞いただけで「Shall we ダンス?」を思いだし高校生版
「Shall we ダンス?」だろうとたかをくくっていたら違った・・・
社交ダンスを教えることで荒れた高校生たちに相手に対する敬意と礼
節そして思いやる気持ちを植え付けようと考えます。
社交ダンスというのは相手を信頼することで成り立つスポーツでどち
らかが高慢では成り立たない競技なのです。
踊ることの楽しさ相手を信じる気持ちよさ主人公は荒れる彼らに信じ
る心を植え込みます。
もちろん生徒たちは社交ダンスみたいな退屈なダンスを受け入れるわ
けがない、彼らに興味を持ってもろうとするのに苦労します。
ダンスを教えるよりまず興味を持たせるということが一番難しいわけ
ですね、まあ映画なので受け入れの早さダンスの上達の早さが早いの
は仕方ないです大目に見てあげてください時間が限られてるもので(笑)
今日本でも子供が危ないです。ロリコン教師にショタコン教師の魔の
手に幼児愛者による犯罪と変態たちがあの手この手で子供たちを狙っ
てます。
アメリカも子供たちが危険ですがこちらは「拳銃」「麻薬」と直接
死に繋がります。現に最近でも学校内で銃を乱射して自殺するという
事件もありました。構内にはいるのに金属探知器を使わないと入れな
いのが実情です。
そんな彼らを救おうという取り組みは数多く取られてます。
この作品も実はその一環なのです。実話であり実在の人物を映画化し
ている主人公ピエールのこの最初の取り組みがいまは全米で実施され
ているんです。
スポーツを通して子供たちに自我を教えるほかにも映画化されている
ので知ってるんじゃないかな「アメフト」であり「バスケット」であ
りダンスであり・・・彼らも自ら望んで荒れてるわけではない家庭環
境が大きな原因でありまた周囲の環境も影響があるそんな彼らが学校
だけは安心していられる場所として認識してほしいと気持ちもありま
すね、ダンスシーンも見応えあるし社交ダンスを踊ることで自分たち
は変われるんだと言うことを知った彼らもきっとこれからの人生も
楽しめるんじゃないだろうか


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 10:31 | 【MOVIE】 | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
私もあらすじ読んでて「Shall we ダンス?」連想しました。
>スポーツを通して子供たちに自我を教えるほかにも映画化
最近こんなのよく見てます!
アメフトもバスケも見ました!!
さっそくレンタルします(*´∀`*)
| プー子 | 2007/10/29 11:52 |
こちらもいらっしゃいませ!
私も最初は高校生版「Shall we ダンス?」だと
思ったんだけど・・・しかしこのピエールさん
実在する人物で実際のお話だというのだから
凄いです。
スペイン系だけどお父さんがフランス人だから
あだ名がピエールというのも面白いですよね
社交ダンスも立派なスポーツですからね〜
あ〜プー子さんまだレンタルされてないと思うよ
| せつら | 2007/10/30 20:38 |
確かにこのテの映画って結構多いですよね。
でも、やっぱりバンデラス先生のダンスシーンが
観たくて映画館に行ってしまいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
でも、その甲斐あってとても楽しめました。
ダンスを通じて友情や希望を紡いでいくってのは
ダンスに限らず本当いいもんですね。
| miyu | 2007/12/15 00:31 |
miyuさんこんにちは!

こういう作品は非常に多いけどどの作品も実話なんですよね
共通しているのは勉強以外の何かに打ち込めれば
子供達も自分を取り戻すことができるってことです
スポーツを通して子供達に結束力が生まれチームが
仲間になりいづれ家族に兄妹になるもちろん勉強も大事だけど
それだけでは子供達は更正しないってことですね
この作品でも社交ダンスを通じて礼儀作法を学んでいく
わけだけどひいてはそれが友情と希望を生んでいく
んだと思います。
| せつら | 2007/12/15 11:26 |
ほんとこの手の映画は多いですが
またまた面白く見ることができました♪

ピエールが(いくらあの車破壊行為を見たからといっても)なぜあそこまでやるようになったか、とか、奥さんを亡くしたって事は
わかりましたが、もうちょっと彼のバックグラウンドが知りたかったなぁ、などと思いました。
でも、それ描いてたら長々とだらだらした
映画になったのかな〜?!(^^ゞ

とにもかくにも、バンデラスがこれほど
かっこよく素敵に見えたのは初めてでした(^ー^* )フフ♪

TBさせていただきましたm(_ _)m
| メル | 2007/12/28 08:02 |
メルさんこんにちは
そうですね、素晴らしい内容で最後まで楽しめたん
だけど主人公の人物像がもうちょっと書き込んでも良かった
ような気がするね、実在する人物だけにもったいないです。
| せつら | 2007/12/29 13:28 |
TB&コメント、ありがとうございました。

実話がベースということで、少し地味な感じがしましたが、バンデラスのダンスがかっこいいし、ヒップホップとのコラボも新鮮でした。
| マダムよう | 2008/01/11 12:20 |
ようさん今晩は!

しかし少年達の更正に社交ダンスを用いるというのは面白い
ですね、社交ダンスというのはいろいろなことを学べるスポーツ
なんですね、実在する人物をモチーフに制作されてるわけだし
説得力は十分でしたね
| せつら | 2008/01/11 19:36 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1395
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/13 22:00 |
 『先生、世界一の社交ダンサー。 生徒、誰もが見放す落ちこぼれ マンハッタンに起きた、真実の物語。』  コチラの「レッスン!」は、今日7/14公開になったアントニオ・バンデラスが実在の社交ダンス教師を熱演した青春学園ダンス・ムービーなのですが、早速観
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2007/12/28 07:59 |
レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉)松竹このアイテムの詳細を見る ニューヨークのスラム街。社交ダンス教室を運営するピエール・デュレイン(アントニオ・バンデラス)は、 地元高校生の荒廃ぶりを目の当たりにして、生徒たちの更正に社交ダンスで一役買い
| マダムようの映画日記 | 2008/01/11 12:21 |
ーレッスン!ー 2006年 アメリカ リズ・フリードランダー監督 アントニオ・バンデラス(ピエール・デュレイン)ロブ・ブラウン(ロック)ヤヤ・ダコスタ(ラレッタ)アルフレ・ウッダード(校長先生)カティア・ヴァーシラス(モーガン)ローラ・ベナンティ(ティナ)
| りらの感想日記♪ | 2008/07/22 21:21 |
【レッスン!】 ★★★ DVD(75)ストーリー ニューヨークのスラム街。社交ダンス教室を運営するピエール・デュレイン(アントニオ・バンデラ
| 『映画な日々』 cinema-days | 2008/08/01 00:43 |
レッスン! 原題:「TAKE THE LEAD」 社交ダンス講師が落ちこぼれ高校生を更正 個人評価 ★★☆ (自宅鑑賞)
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/01/04 20:18 |
あらすじ社交ダンスの講師、ピエール・デュレインは路地裏に停められていた車を破壊し逃げ去る少年に遭遇する。車の持ち主はその少年の高校の校長だった。翌日、ピエールは、車を壊された校長を尋ね「社交ダンスで生徒を更正したい」と申し出る。はじめは、「社交ダンス