B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ライフ・イズ・ベースボール』
ライフ・イズ・ベースボール 制作年:2005年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:83分
 原題:GAME6
 配給:スタイル・ジャム
 監督:マイケル・ホフマン
 主演:マイケル・キートン
     ロバート・ダウニーJr
     グリフィン・ダン
     ベベ・ニューワース

アメリカの球団、レッド・ソックスを愛する中年劇作家のニック。負
け犬人生を歩む彼だったが、レッド・ソックスが68年ぶりの優勝に王
手を掛けると同時に運命が変わり始め…。


負け犬人生をおくってきた劇作家のニック、人生も劇作家としての仕
事もうまくかない、しかし彼は生粋のレッドソックスファンだった。
その年レッドソックスは68年ぶりの優勝を目前にしており、彼自身負
け犬を返上するために自分と父とのことを描いた新作劇の発表を控え
てました。
レッドソックスが優勝すればきっと新作も評価されると思うが・・・
渋滞に捕まったタクシーの中で見変えた友人の劇作家とであったこと
で不安がのしあがってくるがってくる、彼はNYのファントムという
有名辛口評論家に酷評されどん底にいた・・・自分の新作も彼に酷評
されると思いこむ主人公・・・台詞を覚えられない老俳優を前にして
ますます負の感情に支配される・・・果たして新作の結果はいかに
スポーツドラマだと思いこんで借りていたので内容の差に愕然としま
した。
マイケル・キートンにスポーツドラマしかもレッドソックスこれは借
りるしかないと思ったのに、実際に見てみると非常に退屈で開始15分
で見るのやめようと思うほど単調でストーリーに魅力がない出会いう
人々に感情を振り回される哀れな主人公にも魅力がない・・・
新作劇の公開後レッドソックスが無様な姿でメッツに逆転優勝されて
しまい精神を崩壊した彼はもう新作も酷評されるに決まっている!
と思いこみファントムを殺害しに彼の自宅に向かう始末、それ元々
友人のつぶされた劇作家に自分の恨みを主人公に変わって晴らさせよ
うとそそのかされていたわけで、しかしファントムに襲いかかり
銃を乱射すると意外なことが・・・なんと彼も生粋のレッドソックス
ファンだった。あ〜どうしだったのか!これで意気投合・・・しかも
エンディング・・・最後までつまらん作品だった。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 08:49 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1356