B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ペイフォワード 可能性の王国』
ペイフォワード 制作年:2000年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:124分
 原題:PAYITFORWARD
 配給:ワーナー・ホーム・ビデオ
 監督:ミミ・レダー
 主演:ハーレイ・ジョエル・オスメント
     ケヴィン・スペイシー
     ヘレン・ハント
     ジェームズ・カヴィーゼル
     ショーン・パイフロム

中学1年生になった最初の日、社会科のシモネット先生が出した課題
は「この世の中を良くするためには何をしたらいいか」というものだ
った。そして、トレバー少年が思いついた方法は「ペイ・フォワード
」人から受けた好意を別の人へ回す、というものだった。


この映画の面白いところは、登場人物たちにあると思います。
まず主演のケビン・スペーシーが演じる「ユージーン・シモネット」
彼には顔から全身にかけてやけどの跡がありかなり醜いです。
そして、オスメント君の母親役の「ヘレンハント扮するアーリーン・
マッキーニ彼女はアル中なのです。
何だこの設定は!って思ったんですが、やっぱりオスカー俳優ですね
両者ともにやっぱり演技がうまいです。オスメント君もまったく気後
れしてない様子だし、この映画は親切の先送り「ペイフォワード」を
主に話が進みますが日本ではおよそ考えられないような発想ですね一
人が三人に親切をしてあげどんどん増やしていくという発想だけど果
たして今の日本人に親切心なんてあるのかな?それはさておき、人間
関係を美しく絡めて練られたストーリーは魅力的でしたね、館内でも
所々で泣く人もいました。
私はシモネット先生が自分のやけどを告白するシーンに思わずほろっ
としましたね、ちょっと無理があるかなという感じだけど、お勧めの
作品です。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 09:21 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1310