B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『チャーリーはスーパーカー』
チャーリーはスーパーカー 制作年:2006年
 制作国:ドイツ
 上映メディア:TVM
 上映時間:109分
 原題:DAS TOTAL VERRUCKTE WUNDERAUTO
 配給:クリエイティヴアクザ
 監督:ミヒャエル・カレン
 主演:ニキータ・ヴォクルカ
     ヘニー・リーンツ
     バルナビー・メユラット
     クリストフ・マリア・ヘルプスト

老科学者からパソコンをもらったフェリックスは、ひょんなことから
人工知能がダウンロードされてしまった車“チャーリー”に乗って、
行方不明の兄を捜しに出掛けるが…。


ドイツ版「カービー」といったところかな車の名前もチャーリーだし
あきらかにって感じだけどこちらの方がおもしろかったしより子供向
けだった。
こちらのチャーリーは人工知能を搭載していて自我もある上に・・・
手もあります・・・もともとふつうの廃車で主人公の部屋だったんだ
けど誕生日プレゼントにもらったノートパソコンで兄を検索してたら
ネズミがキーボードを走り回りなんと・・・自我を得た車は自分で自
分を改造してしまいます。
主人公の少年と友達になり迎えにくるはずの兄を捜して家を出るそし
てAIのソフトウェアを盗まれたソフト会社は暗殺者を差し向ける
実はその会社は表向きとは裏腹に軍事ロボットの開発をしていたので
したという話ですね、主人公の少年がすごくかわいいしチャーリー
うるさいほどよくしゃべり動き回るのでみていて楽しかった。
ソフトの開発者の女性もおもしろい性格をしていて自分の作ったソフ
トで変貌したチャーリーに興味津々しだいに主人公の境遇にも感情移
入してしまい少年について回る、お兄さんは自堕落でとてもほめた
ものではなく東京でスパイ活動をしているといっておきながら実は
隣町に住んでおり借金まみれだったりします。
弟を里親に出しいつか迎えに行くといっておきながら5年間会いにも
行かなかったかれも実は・・・里親親子のひどさもあって少年が
かわいそうでした〜それだけに兄を信じて耐え待っていた姿を見て
この兄はゆるせんな!という気持ちになりましたよ、でも後半で彼の
真意もわかりラストですっきりしたので終わりよければってやつだろ
うね、お子さんと一緒にみるのによい作品です。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 18:13 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。