B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『宇宙人の解剖』
宇宙人の解剖 制作年:2006年
 制作国:イギリス
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:95分
 原題:ALIEN AUTOPSY
 配給:ワーナー・ホーム・ビデオ
 監督:ジョニー・キャンベル
 主演:デクラン・ドネリー
    アント・マクパートリン
    ビル・プルマン
    ハリー・ディン・スタント

世間を大いに騒がせることになった解剖映像を撮影した張本人・レイ
とゲイリー。だがふたりには誰にも言えない秘密があり…。


95年に発表されて話題になったロズウェルの宇宙人解剖シーンフィルム
を皮肉ったコメディで本物を入手した主人公だったけどみんなに見せよ
うとしたらフィルムが劣化していてフィルムが写さなくなっていた。
仲間たちは信じようとせず主人公は落ち込む、そこで町の権力者にある
ことで脅された主人公はつい宇宙人解剖のフィルムのことを話してしま
う、それと引き替えに命を助けてやるといわれ焦る主人公は記憶を元に
偽物を作ることに、仲間たちと協力してできた偽フィルムをみた権力者
はなんと信じてしまう、気をよくした主人公はこのフィルムを本物とい
って売り込んで大金をせしめようと計画する・・・
まあオリジナルのフィルムも当時は話題になったけど明らかに嘘くさい
あの映像いとも簡単に信じてしまう人間心理っておもしろいなと思った
そういう部分をコメディーとして皮肉ってると感じました。
アメリカ政府の思うつぼだよね〜そういう部分で笑える作品でした。
ギャクとしてはおもしろいシーンは全くないので注意してください
しかしうまく作ったものだね〜作品中でもオリジナルは土の中という
ことですんでるのでこれはこれでいいのかも


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 12:48 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんにちは☆
ばかばかしいけど面白かったです。
解剖シーンは特に笑いました。
宇宙人絡みの番組はうそっぽいけどつい見てしまいます(笑)
| ゆかりん | 2007/08/20 12:53 |
こうして宇宙人の存在をうやむやにしていくのであった!って感じだよね
ビル・プルマンもっとメインででるのかと思ったら最初と最後だけだったし
ちょっと残念でした。
宇宙人解剖のシーンを撮影しているところはおかしかったよね、アンナう
さんくさい見るからに偽物映像にだまされるあたりが凄い
| せつら | 2007/08/21 13:03 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。