B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ニューシネマ・パラダイス』
ニューシネマ・パラダイス 制作年:1989年
 制作国:イタリア・フランス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:175分
 原題:NUOVO CINEMA PARADISO
 配給:角川エンターテイメント
 監督:ジョゼッペ・トルナトーレ
 主演:フィリップ・ノワレ
     ジャック・ペラン
     アニェーゼ・ナーノ
     サルバトーレ・カシオ

慕っていた映画技師の訃報を聞きつけ、故郷であるシチリアの村に戻っ
てきた映画監督の思い出を軸に、フィルムに込められた悲喜こもごもの
人生模様を描く。


やっと見ました。評判は良く耳にしていたのでいつか見ようと思ってた
んだけどこんなに遅くなるとは、映画が大好きな少年トトが凄く可愛か
ったし、彼の気持ちがよく現れてたと思う、お使いのお金を使っても映
画を見てお母さんに怒られる、彼と親しくなった映写技師のアルフレー
ドはそのときから彼の人生を危惧していたのかもしれないアルフレード
がトトを映写室にかたくなに入れなかった理由はきっと彼の人生を自分
のように映画に投影したものにしたくはなかったのかもしれない、トト
は映画を見ることによって現実からどんどん離れていくのではないかそ
んな危惧を抱いてたのかもしれないですね青年になった彼に対してアル
フレードはことあるごとにそれらしいことを話します。
トトは映画のような人生歩みたかった。現実と映画の世界は違うと諭し
たかったアルフレード彼のトトに対する愛情がよく現れていたと思う、
エレナとの恋はまさしくトトの映画の世界へのあこがれがもたらしたエ
ピソードではないかまた監督もわざとそういう風な撮り方をしたように
あのエピソードは感じました。
「人生は、お前が見た映画とは違う。人生はもっと困難なものだ。
行け・・・・ローマに戻れ」このアルフレードの台詞こそがこの映画を
表した言葉ではないかと思います。
中年になり映画監督として成功したトト、現実に疲れた彼が昔を思い出
すことによってアルフレードのメッセージの意味を思い出したのではな
いでしょうかラストの子供時代にトトがほしがったキスシーンだけのネ
ガ、それをつなげたフイルムを見た時トトはアルフレードの自分への思
いを知って涙したのではないだろうか


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 18:50 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん。こんにちわ♪
毎日暑いですが元気ですか?私は猫と共に引きこもってます。

こちらの作品大好きです。3回ほど見ましたがやっぱり泣けます。
モリコーネのあの音楽もいいんですよね〜♪
大人になったトトが静かに泣くシーンがとても好きです。
映画史に残る作品だと思いますね。
| うさこ | 2007/08/11 15:40 |
うさこさん今晩は!

毎日暑いですね〜大分は37度超えてるところもあるから大変です
タル吉君と一緒に引きこもってるんですか?
クーラー病には気をつけてくださいね、こないだTVでみたけど症状は
凄くつらそうだった。

この作品はホンと映画の良さが存分に描かれてるよね、映画好きなら
必ず見ていないと!って作品です。
ラストは胸を打つよね
| せつら | 2007/08/14 21:37 |
そうでした。
ラストのあれでもう溜まらなかったです。
あと白壁に映すシーンが何とも印象的なんだよね〜。
他にも名シーン盛りだくさんの名作でしたね。
| miyu | 2008/05/10 19:17 |
miyuさん今晩は、コメントありがとう!

ラストのキスシーンを集めたフィルムはたまりませんでしたね
白壁に上映するシーンも素晴らしい演出でした。
単純な感動演出が多い今もっと考えてほしいですよね
| せつら | 2008/05/11 18:17 |
せつらさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

最後のキスシーンの映写を観るシーンに、トトやアルフレード、そしてエレナの気持ちが重なり凝縮されていました。
この感情の収束感がとても素晴らしく、あの音楽とともにいつ観ても泣かされてしまいます。
| はらやん | 2010/01/02 23:13 |
はらやんさ
明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします

ラストのキスシーンをつなげあわせたフィルムは感動でしたね
あれはフィルムだからこそだと思います。
いまだとデジタル加工でDVDとかになっちゃうだろうけど
それだとなんか違うよね、フィルムの良さが実感できました。
本当にすばらしい作品ですね〜
| せつら | 2010/01/04 11:17 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1185
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/08 19:44 |
 『映画から 夢が広がった 大切なぼくの宝箱』  コチラの「ニュー・シネマ・パラダイス」は、アカデミー賞最優秀外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリを始めとする数々の賞レースで受賞し、日本では単館興行成績No.1を誇る不朽の名作として知られる感
| Yuhiの読書日記+α | 2008/05/13 00:00 |
評判が高い作品だと聞いていたので、以前から興味はあったのですが、ようやく見ることができました。噂に違わずすごくいい映画で、観て良かったです!特に音楽が郷愁を誘うというか、ノスタルジックでストーリーと見事にマッチしてたように思います。(今じゃ、色んなド
| mama | 2009/10/30 14:43 |
NUOVO CINEMA PARADISO / CINEMA PARADISO 1989年:イタリア・フランス 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽:エンニオ・モリコーネ、アンドレア・モリコーネ 出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、アニェーゼ・ナーノ、アントネラ・アッティーリ、イサ
| こんな映画見ました〜 | 2009/11/22 15:39 |
『ニュー・シネマ・パラダイス』 ---NUOVO CINEMA PARADISO   CINEMA PARADISO [仏]--- 1989年(イタリア/フランス) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演: フィリップ・ノワレ 、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ 、マルコ・レオナルディ、アニェー
| はらやんの映画徒然草 | 2009/12/31 06:39 |
大学生になってから本格的に映画に夢中になりました。 学生時代は東京には住んでなか
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2010/04/13 22:27 |
映画から 夢が広がった 大切なぼくの宝箱