B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ディープエンド・オブ・オーシャン』
ディープエンド・オブ・オーシャン 制作年:1998年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:108分
 原題:THE DEEP END OF THE OCEAN
 配給:ソニーピクチャーズ
 監督:ウール・グロスバード
 主演:ミシェル・ファイファー
     トリート・ウィリアムズ
     ウーピー・ゴールド・バーグ
     ジョナサン・ジャクソン

1988年、ウィスコンシン州マディソン。カッパドーラ家の3歳の次男ベン
が行方不明になってしまう。即座に、大がかりな捜索が行われるが、事件
に巻き込まれたという以外手がかりは得られなかった。それから9年、ふ
とした偶然から事件は解決、ベンと家族は突然に再会を果たす。しかし
空白の9年を埋めることはあまりにも困難な道のりだった。


この映画なにより題材が良かったと思う、誘拐された息子との9年間の溝を
埋めるのはが容易ではないというのが悲しかった。
演技的にミシェル・ファイファーがとても子供を失った母親の憔悴感をだ
していて好感が持てました。
でも私はこの物語で一番お兄さんがかわいそうでならなかった彼の気持ち
が痛いほど伝わってきました。
ずっと誘拐されたのは自分のせいだと自分を責め続けまた自分に振り返っ
てくれない親たちへの不満と寂しさ、それらが実に彼の行動で表現されて
いた子供時代から彼の行動は何とかお母さん夜父親を自分に振り向かせよ
うとしていた。
弟を失って気落ちする父と母を自分が居るじゃないかと必死なすがったが
感動的だったです。

帰ってきた弟君は実に良くできたしっかりした子供に育ってた。
育ての親がいかにしっかりしていたかがわかります。
そしていかに彼を愛していたかもさらった育ての母は亡くなっていたけど
男でひとつで彼を育てた育ての親は立派です。
母親の過ちを知らずに育ててきた彼にはこの事実は大変なショックだった
でしょう今後の彼が心配です。

それにしてもアメリカの警察はこんなに無能なのか?ちょっとあんまりだ
ね、犯人が9年後に判明したのも偶然だし、犯人がわかってみるとなぜ最
初の段階で割り出せない?ってかんじだウーピー・ゴルドバーグが主任刑
事やくだったけど、彼女がいったとおり彼女の捜査ミスでしょう

ラストのシーンは思わず涙が出てしまった。今までためていた弟への思い
を兄がぶちまけるシーンは感動せずには居られない


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 18:44 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんにちは。(*^-^*)
私もこの作品、好きです。
育ての親、お父さんがとっても良い人で本当に良かった。
でも、産みの親のことを考えると切ないですよね。
ミシェル・ファイファー、とても感情移入して観ていました。
お兄ちゃんのこともっと大切にして欲しかったです。
今後は皆が幸せになってほしいです。
| ろびん | 2007/07/23 09:31 |
今晩はコメントありがとう!

ベンにとっての家族は紛れもなく誘拐した側の家族ですよね、9年とい
う月日を取り戻そうというのは並大抵の努力では無理かもしれない
ベンが帰ってきてベン自身もとまどうしお母さんやお父さんもどう接
すれば一番よいのか悩むことだし、それにより長男に対して愛情が
おざなりになってしまう、長男もベンが連れ去られたのは自分のせい
だったという負い目もあり彼らが本当の家族として暮らせるようにな
るのはずいぶん遠い話になると思うのでとても見ていて切なくなりま
すよね
| せつら | 2007/07/23 19:01 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1143