B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『白いカラス』
白いカラス 制作年:2003年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:108分
 原題:THE HUMAN STAIN
 配給:ポニーキャニオン
 監督:ロバート・ベントン
 主演:アンンソニー・ホプキンス
     ニコール・キッドマン
     エド・ハリス
     ゲイリー・シニーズ

ふたりの男女の人生を通して、アメリカの人種差別の複雑さを提起する。
人生最後の恋をした大学教授・コールマンは、掃除婦のフォーニアに50
年間胸に秘めた告白をするが…。


豪華キャスティングだけどフォーニアの夫の役をエド・ハリスが演じるのは
もったいない、第三者的に物語を語っているゲイリー・シーズはやはり
良い味を出してます。それにしても題材としては面白いのに中盤からの
コールマンとフォーニアの体を使ったロマンスはしらけた。はっきり言って
中盤はただのエロ親父になっているどんなこと言ってもいいわけにしかなら
ない若い女の体におぼれているのは明らかだ、あの年でバイアグラのお
世話になってまでフォーニアを抱くコールマンは哀れ以外の何者でも
ない、また彼に肉体を求めるフォーニアの気が知れない、お互いの感情
を表現する方法が肉体関係しかないのだとしたらやはり哀れだ
それ以外はとても面白かったんだけどね、特にコールマンの回想は本編
より面白かった。そっちをメインにしてほしいぐらい、中盤を省いても
良かったと思う、私としては黒人なのに白い肌に生まれたコールマンの
人生をもっと掘り下げてほしかった。そこにフォーニアやネイサンを絡ませ
てもらいたかった。特にコールマンの過去がもっと知りたいと思った。
それだけにこの作品は評価できないです。フォーニアとコールマンの
男と女の情事なんかに時間を割いたのがそもそもの失敗であると断言
します。コールマンの昔を演じたウィントワース・ミラーの演技が印象に
残りました。いいところもあるのにもったいない


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
| 19:38 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
よく解り難いテーマですね。所謂カラードってやつですね。黒人なのに白人として生まれてしまったという内容で... 私は、その逆の話だったら映画館行って観てもいいなって想いますけどね。ニコール・キッドマンがカラードだったっていうなら面白い気もしますけど... なんかこの主役の男性は、白人っぽ過ぎて黒人だと感じませんよね。死んだ妻にさえ隠していた事を美しい女性には、ばらすって死んだ妻が安っぽい人間な気がして失礼だと想いますね。
| kekeke | 2012/02/17 06:15 |
これは私も全然意味が分かりません、黒人同士の子供なのに肌が白かった
ということでしょうか?
ホプキンスさんはどうしてもレクター博士のイメージがついてるので
こういう役やってもなんかしっくりこないところがあります。
| せつら | 2012/02/17 18:39 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1112
| pure's movie review | 2008/08/07 17:09 |
2003年度 アメリカ作品 108分 GAGA=HUMAX配給 原題:THE HUMAN STAIN STAFF 監督:ロバート・ベントン 脚本:ニコラス・メイヤー 原作:フィリップ・ロス『ヒューマン・ステイン』 CAST アンソニー・ホプキンス ニコール・キッドマン エド・ハリス ゲイリー・シニ