B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『ヒューマン・ネイチュア』
ヒューマン・ネイチュア 制作年:2000年
 制作国:アメリカ / フランス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:96分
 原題:HUMAN NATURE
 配給:角川エンターテイメント
 監督:ミシェル・ゴンドリー
 主演:パトリシア・アークエット
     リス・エヴァンス
     ミランダ・オットー

自分をサルだと思いこんでいる男と、毛深い女性、マナー重視の博士
の奇妙な関係を描くヒューマンコメディ


自分を猿だと思いこんでいる男パフ(リス・エバンス)と毛深い女ライラ
(パトリシア・アークエット)ネズミにテーブルマナーを教える博士ネイサン
(ティム・ロビンス)が織りなす変なコメディ
この時点でよくわからないよね、映画はもっとわかりません

ライラは生まれつき男性ホルモンが異常に多く毛深い体中剛毛に
覆われるほど毛深いという障害を持ち、異常にマナーに厳しい親に
育てられたネイサンと恋人になる、ある日森にピクニックに行った時
自分を類人猿だと思いこんでいる男パフと出会う、ネイサンは彼に
社交辞令を教えまっとうな人間に教育することを思いつく

キャラクターの個性概要に強い作品だと思った。だから好き嫌いが
分かれるかもしれない、私はどうもいまいちのめり込めなかったな
始まって早々ティム・ロビンスが真っ白な部屋で真っ白な服を着て
真っ白な顔をして額に銃痕を付けなにやら誰かに話してる
なんやそれ〜!
結局ライラの尋問とネイサンの独り言とパフの裁判での証言が
連動して物語になってる見たい
やりたいことはわかるんだけどな〜

リス・エバンスの猿の仕草はなかなか研究してるし鳴き声なども
よく似てた。

二匹の鼠がとっても可愛かったな、結構お気にいっちゃった。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 18:49 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。