B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『リトル・ミス・サンシャイン』
リトル・ミス・サンシャイン 制作年:2006年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:103分
 原題: Little Miss Sunshine
 配給:20世紀フォックス
 監督:ジョナサン・デイトン・ヴァレリー・ファリス
 主演:グレッグ・キニア
     トニー・コレット
     アビゲイル・ブレスリン
     ポール・ダノ / アラン・アーキン

全米美少女コンテストで地区代表に選ばれた9歳のオリーブとその落
ちこぼれ家族が、コンテスト決戦の地を目指してオンボロ車で旅す
る中で再生していく


6人の負け犬家族の再生へのロードムービー・・・ということらしい
けど家族としてはまだ負け犬ではないと思うけど、これで負け犬家
族だったら大変だよ、まだ酷い状況の人はいくらでもいるのにねこ
れはこれで一つの家庭じゃないまだ幸せだと思うがね〜
それはさておきまとまりのな家族達ですが末娘のオリーブが繰り上げ
でリトル・ミス・サンシャインの決勝戦に出場できることになり
みんなで応援に行くことになります。
そんな中でも一番奮闘してたのはお母さんかな、料理を作れないと
いうよりレパートリーがないという欠点はあるものの家族を支える
気丈な人です。
お父さんは自分の家族のことは棚に置いて負け犬にならないための
方法という持論を売り込んで一攫千金をねらっているし、ようは定
職を持ってないのかな、おじいちゃんは自由奔放で言いたいことを
いいやりたいことをする、おじさんは恋人(男)に振られて自殺未
遂をしたゲイで一人にはできないと今回一家と一緒に暮らすことに
長男は空軍に入るまでしゃべらないと誓うちょっと変わった子で
末娘はミスコンの女王になることを夢見る少女という構成でそんな
彼らが末娘のオリーブの夢を叶えるためにおんぼろバスで旅をしま
す。オリーブにタイしては言いたいことは山ほどあります・・・
ミスコンが好きなのは分かるんだけどとうていあの体型を見ると
・・・ラストの踊りにしてもそうだけどとても長いこと練習せいて
いるとは思えない、途中で立ち寄ったお店で脂肪の付くものばかり
食べてるし、ミスコンという物に足しての知識がなさすぎるわけで
家族もそれに対して何の助言もしない、現場に行くまでもなく彼女
では恥をかくだけというのが見え見えだった。
だったら何故彼女に自覚を与えなず肥満体型のまま放置していたの
か、そしてそんなオリーブが地区予選で2位になれるというのはどう
いうレベルなのか・・・そして最後のダンス・・・セクシーダンス
でもいいのだけどダンス自体がへたくそすぎで彼女のダンスにたい
する自身はどこから来てるんだろう?まあそこが笑うところなんだ
ろうけどね、家族一人一人個性があって楽しめた。
バスを押し掛けして一人づつ飛び乗るシーンなんかよかったな〜
ミスコンは失敗に終わったけど家族は一つにまとまったかんじだね
グレッグ・キニアはこういういっぱいいっぱいな役が面白いね
トニー・コレットはいい演技をしてます。やっぱりこの女優さん
好きだな〜、オリーブ役のアビゲイル・ブレスリンはお兄さんと顔
が似てるね、顔立ちも可愛いしこのれから伸びるんじゃないのかな


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 10:49 | 【MOVIE】 | comments(16) | trackbacks(19) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
いい映画でしたね〜ほのぼのして・・・
みんな一風変わった者ばかり揃った家族でしたが、最後はまとまって良かったなぁ〜と思いました♪

結構低予算で地味な作品でしたが、人気がありましたね。負け犬なんて嫌な言葉を吹き飛ばすパワーを持った映画だったんでしょうね。
| 由香 | 2007/06/18 22:40 |
トラバありがとうございました。
一見バラバラに見える家族がミスコンでひとつになって・・・
サクセスストーリーじゃないからこんな結末でいいのではと思いました。
| Tsugumi | 2007/06/19 00:27 |
せつらさん、こんばんわ★
同じようなタイミングでこの作品を観ちゃいました♪
家族全員が愛すべきキャラクター!
とっても面白い最高のロードムービーです。
| サクラナミン | 2007/06/19 20:13 |
>由香さん

結構低予算ですけどよい映画にはお金は関係ないですよね
よい脚本・よい監督・よい俳優がそろっていればお金なんて
関係ないですよ、ハリウッドの配給会社は勘違いしたままなんだよね
作風自体負け犬という言葉自体をブラックなユーモアに置き換え
てたよね、よい作品です!

>Tsugumiさん
バラバラな家族でしたがオーリヴちゃんをもとにつながっていたって感じだね、彼女の天真爛漫さが家族を救ってい
たように感じました。

>サクラナミンさん
そうだったんですか、同じタイミングで同じ作品を見るのって凄い
確率だよね、ほんと家族全員が愛すべき家族でしたね、最初から負け犬
なんてことはなかったんです。
ちょっとした自信ひとつで家族は再生していたんですよ、今回はオリーヴ
ちゃんのミスコンが一つのきっかけになったんだね
| せつら | 2007/06/19 21:06 |
こんにちは♪
とっても良い映画でした。
役者が揃ってて脚本がいいと、こんなにステキな映画ができるんですね〜。
あのお母さんは変人ばかりの家族をちゃんとまとめてて(?)偉いな〜と思いました。
晩御飯がケンタッキーだっていいじゃないか!文句言うな!って思いましたよ(笑)
あ、毎日だったらやっぱりイヤかも。
| ミチ | 2007/06/20 09:09 |
そうなんですよね、この作品も予算は少なかったようだけど
これだけの作品ができたわけだし、やっぱり作り手のセンスだよね
トニー・コレットのお母さんは最高だよね、ケンタッキーでも結構!
彼女がお母さんならそれだけで満足だね!
| せつら | 2007/06/21 20:54 |
せつらさんこんばんは

わたしもトニ・コレットは好きな女優さんです

この作品はミスコンに対する皮肉も盛り込んでたので、オリーヴちゃんはわざとああいうキャラ(体型と心構え)にしたんでしょうね

一番好きなシーンは、お兄ちゃんをオリーヴがハグするところかな
親も子供から学ぶ事がたくさんあるんですよね
| 雨里 | 2007/11/01 21:47 |
>雨里さん
雨里さんもトニー・コレットさんお好きなんですね
彼女のお母さん役好きなんですよ、アビゲイル
ちゃんのあの体型は特殊メイクだそうですよ
まあ顔と体型が合っていなかったらすぐに分かったけど
それでも凄く可愛かったですよね!
| せつら | 2007/11/04 14:40 |
せつらさん、こんにちは。

あの体型、特殊メイクだったんですか!?
いまさらびっくりしちゃいました。
あのおなかぽっこり、大好きだったんですが微妙な気持ちです(笑)

| さむこ | 2007/12/08 22:52 |
さむこさんこんにちは!
アビゲイルちゃん実際は太ってませんよ、少し
体重は増やしてたみたいだけどおなかに関しては
特殊メイクです。
あれあれで可愛らしいからいいと思うけどやはり
女の子だしね
| せつら | 2007/12/09 11:43 |
TB&コメントありがとうございました!!

本当に可愛い心温まる映画でした!!
バタバタしたり起こったり喧嘩したりと自分勝手な負け犬な家族が、おじいちゃんの死で一致団結まとまっていくのがちょっと切ないのだけれど、沁みるんですよね〜

| hito | 2007/12/10 11:24 |
hitoさん今晩は、エコーありがとう

この作品はほんと心温まる作品ですよね、オリーブちゃん
のために!って言うのが凄く出てましたね、バラバラだった
家族がひとつになる姿は良かったね、黄色いバス
が一家を一つにしたようにも思えました。
| せつら | 2007/12/10 20:35 |
せつらさん、またまたこんばんは!評判の本作、やっと観ました〜そして、ものすごくよかったです!モロに好みのタイプの物語でした。

一家の旅に、笑ったりジーンとしたり。いろいろと詰まった話でしたね〜。わたしもトニ・コレット好きです。彼女が出演する映画って、いい作品ばかりな気がします。この製作者とトニの次回作が楽しみですね〜!
| JoJo | 2008/02/29 00:20 |
JOJOさん今晩は!

ようやくご覧になったんですね、この作品は大好きです。
JOJOさんも気に入ったようで嬉しいですよ、家族愛を描いているんだけど
わざとらしさというかそういうのがないんですよね
黄色いバスが幸せのバスみたいでしたね〜JOJOさんもトニーさん
お好きなんですね!
彼女は作品選びがうまいですよね、彼女の出演作品にははずれがないです。

| せつら | 2008/03/01 19:46 |
せつらさん、こんばんは(^^)
いい作品でしたね〜♪
オリーブが可愛くて観てるだけで癒されました(笑)ただ、最後の踊りはとんでもなかったですが(笑)
| りら | 2008/06/29 20:09 |
りらさん今晩は!エコーありがとうございました。
家族の再生を描いたファミリーコメディですけど
登場人物達が個性的すぎるよね、お母さんが一番まともに見えてし
まうし、料理ができないというのもこうなると些細な問題に
思えるよね、オリーブちゃんの踊りはほんと可愛らしかったです。
| せつら | 2008/06/30 22:52 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1005
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/06/18 22:33 |
評判がいいので、今年最初の劇場鑑賞をこの作品に決めた【story】アリゾナ州郊外に住むフーヴァー家―家長のリチャード(グレック・キニア)は、「勝ち組・負け組」信奉者で、自分で考案した「9ステップ成功論」の持説を振りかざす。息子ドウェーン(ポール・ダノ)は、
| 小部屋日記 | 2007/06/18 23:13 |
Little Miss Sunshine (2006/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/アラン・アーキン/ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン 滑稽な家族の再生物語。 笑えて
| ひめの映画おぼえがき | 2007/06/19 01:15 |
リトル・ミス・サンシャイン 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン... 「夢
| 真紅のthinkingdays | 2007/06/19 06:25 |
 崩壊寸前の機能不全一家が、娘のミスコン出場のため、おんぼろのミニバスに 乗り込んだ。旅の途中で起こる様々な困難にぶつかりながら、家族が一つに再生 してゆく過程を描いたハートフルなロードムービー。  この映画
| 京の昼寝〜♪ | 2007/10/10 08:12 |
人間には2種類あるそれは勝ち組と負け組みだバラバラな家族が、家族再生の旅に出る   ■監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス■脚本 マイケル・アーント ■キャスト グレック・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビ
| 雨里部 | 2007/11/01 21:44 |
リトル・ミス・サンシャインアビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア 他 (2007/06/02)20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンこの商品の詳細を見る 2006 アメリカ 監督:ジョナサン・デイトン/
| さむこの部屋 | 2007/12/08 22:57 |
個性が強くてバラバラな家族が、小太りの眼鏡っ子のオリーヴを美少女コンテストに出場させるべく、黄色いワゴンで旅に出る。 「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル、「イン・ハー・シューズ」「シックス・センス」のトニ・コレット、この作品でアカデミー助演男
| ゆみしま日記 | 2007/12/08 23:29 |
 ブログを読んでくださっている方のおすすめで見てみました 「リトル・ミス・サンシャイン」。アカデミー助演男優賞と脚本賞を 取っているんですね。この映画は全く知りませんでした。 (以下、映画のネタバレです)
| 日々のつぶやき | 2007/12/10 11:14 |
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演:アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア、ポール・ダノ、トニ・コレット、アラン・アーキン 心温まる家族の再生ストーリーロードムービーです。 「カリフォルニアで開催される美少女コンテストへの
| きまぐれバロン | 2007/12/12 00:58 |
         リトル・ミス・サンシャイン フーヴァー一家は、家族それぞれが問題を抱えるヘンテコな一家。ある日、末っ子のオリーヴに美少女コンテスト 「リトル・ミス・サンシャイン」 出場のチャンスがが
| SSKS* | 2007/12/16 00:51 |
オフィシャルサイト 2006 アメリカ 監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 出演:アビゲイル・ブレスリン/グレッグ・キニア/ポール・ダノ/アラン・アーキン/トニ・コレット ストーリー:田舎町アリゾナに住む9歳のオリーブ。なんともブサイクでおデ
| JoJo気分で映画三昧!+α | 2008/02/29 00:13 |
'06年製作 監督ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア、 トニ・コレット、アラン・アーキン他 第79回アカデミー賞『最優秀脚本賞』・『最優秀助演男優賞受賞』作 厳しい現実に押し潰されそうになりながら.
| Yuhiの読書日記+α | 2008/03/06 00:08 |
 ちょっと小太りで大きなメガネをかけ、決して美少女とはいえないオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は、ミスコンで優勝するのが夢。ある日、地方予選で繰り上げ優勝し、カリフォルニアで行われる本選に出場できることになり、家族と一緒にオンボロの黄色いバスに乗っ
| りらの感想日記♪ | 2008/06/29 20:06 |
【リトル・ミス・サンシャイン】 ★★★★ DVDストーリー アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え、崩壊寸前。父親のリチ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/04 20:18 |
 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の"負け組家族"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品な
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/11/08 00:34 |
未鑑賞のDVDのデータがたまってきたので、自宅鑑賞をちょこっと久々に。 今回やっと観たのは、グレッグ・キニア主演の『リトル・ミス・サンシャイン』。 ******************** 崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロー
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/12/14 23:28 |
『リトル・ミス・サンシャイン』を観ました美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描くロード・ムービーです>>『リトル・ミス・サンシャイン』関連原題:LITTLEMISSSUNSHINEジャンル:ドラマ/
| シネマ・ワンダーランド | 2008/12/14 23:52 |
問題ある人らを抱えたアリゾナ州田舎町に住むフーバー一家が、娘のミスコン参加のため1000?以上も離れたカリフォルニアまでのミニバスによる道中を描いたロード・ムービー「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年、米、100分、ジョナサン・デイトン&バレリ
| むーびーふぁんたすてぃっく | 2010/03/27 23:05 |
リトル・ミス・サンシャイン [DVD] 「リトル・ミス・サンシャイン」 感想 ロードムービーってなんかいいよね 本作「リトル・ミス・サン...